階級別 ウェルター

ラストダンス/テレンス・クロフォードVSケル・ブルック

投稿日:

10

アメリカ人の将来の計画に関して、オッズをひっくり返すのはイギリス人の特権だ。

どんなファイターにも、偉大になるために、格別の勇気を持たなければならない時が来る。歴史的なイベント、キャリアを決定づけるような戦いを目指して、偉大な相手とのビッグファイトに挑むのだ。ケル・ブルックはこれまでも挑戦してきたが挫折した。しかし34歳にして最後のチャンスを見つけた。偉大なテレンス・クロフォードとのウエルター級タイトルマッチだ。

ブルックはトップを、レガシーを目指している。

ラストダンスといえば、NBA史上最高のチーム、シカゴ・ブルズが8年ぶり6度目のNBAタイトルを目指す姿を記録した見事なミニシリーズがあった。これは、チームの中心メンバーが翌年には解散するという事実に基づいていた。それは、栄光への最後の試みだったのだ。

ブルックは、長いキャリアを経て34歳にして世界最強のパウンド・フォー・パウンド・ファイターの一人であるクロフォードと対戦する。多くの人はこれがブルックの最後のチャンスだと考えている。

シェフィールドのファイターは、エロール・スペンスとゲナディ・ゴロフキンとの試合で深刻なダメージを受けた。ゴロフキン戦では右眼窩骨折、スペンス戦では左眼窩骨折。このため、3年間で3試合しかしていない。

同時期に、かつてライバルといわれたアミール・カーンが決着をつけるためにアピールしてきた。しかし、両者、特にカーンはピークを過ぎており、その戦いは、もはや競争力と娯楽に欠けている。

カーンは、クロフォードに物議を醸すローブローを打たれ、6回TKOで敗れた。ローブローがなくても、クロフォードの方が遥かに優れたファイターに見えた。ブルックはもっと良いパフォーマンスを見せてくれるはずだが、彼自身も深い淵に落ちてしまうのではないかと心配されている。

ブルックはエリートレベルでは失敗している。ゴロフキンとスペンスの2人のスーパーチャンピオン、ワールドクラスのファイターに敗れたことで、彼は自分の限界を見つけたのかもしれない。この2人はエリートレベルのファイターとしての地位を確固たるものにしたが、多くのファイターがそうであったように、ブルックはそこに届かなかった。

過去3年間でセルゲイ・ラブチェンコ、マイケル・ゼラファ、マーク・デルーカに勝利したことで、ブルックはまだ信頼できる能力を持っていることを示している。この3人を合わせた戦績は78勝5敗。しかし、彼のキャリアの中で最高の夜は、彼が世界タイトルを獲得した2014年のショーン・ポーターとの戦いだろう。それは遥か6年前のことで、悲しいかな、そのファイターはもういないかもしれない。

クロフォードはエリート、それについて異論はない。
パワー、スキル、獰猛さを備えた3階級世界チャンピオンで、キャリア36戦無敗という文句なしの記録を持っている。ライト級からウェルター級まで、パウンド・フォー・パウンドの上位に位置してきた。しかし、彼のキャリアの次の時間は、最大の衝突のいくつかを見ることができるかもしれない。

ブルックは新しいトレーナーであるカルロス・フォルメントに最高の自信を持っている。

ブルック
「初日から信じられないほど相性がいいと思った。彼は夢中になっている。彼は情熱的だ。この試合にはそれが必要だ。」

フォルメント
「ブルックの方が体が大きい。世界タイトルを獲るために4ヶ月間トレーニングしてきた。鍛え抜かれたスタイル、フィジカル、そして信念を持って、現WBOチャンプのスペシャルK(クロフォード)を倒すことができるだろう。」

結果はともかく、スペンスJrとゴロフキンとの2戦は、彼にこのレベルでの経験を与えていると考えるべきだろう。反省して前に進む時間があり、怪我もなく若返ったブルックは非常に危険なファイターだと言える。

クロフォードは将来的にはパッキャオかスペンスとの対戦を目指しており、この試合はブルックのキャリアを10倍に押し上げる可能性がある。アメリカ人の将来の計画に関して、オッズをひっくり返すのはイギリス人の特権だ。

ブルックは十分なハングリーさを示しているし、すべての疑惑が間違っていることを証明するために、リングでそれらの感情を投影することができる。クロフォードのような強豪を相手にする最後のチャンスかもしれない。

テレンス・クロフォードの試合、相手がなかなか決まらなかったが、素晴らしい相手に落ち着いた。井上戦の余韻に浸っていたら、あっという間だ。

ケル・ブルック
39勝27KO2敗

IBFウェルター級の元王者は、長期政権を築けなかったが、それは楽な相手を選ばず2階級上の怪物、ゴロフキンにチャレンジしたからであり、怪我を負いながらも次に若きエロール・スペンスの挑戦を受けたからである。

それ以外はウェルター級では頭ひとつ抜けた極上クラスの王者といえた。

この2試合での怪我の代償があまりに大きく、もうピークを過ぎた過去のファイターという扱いや引退話もよぎったが、直近の3試合の出来は悪くない。モノが違う。34歳とボクサーとしては最終章を迎えているが、今を謳歌しているP4Pの一角、テレンス・クロフォードも33歳、1歳しか年齢は変わらない。

クロフォードはディフェンスマスターぶりもあって、ブルックほどのダメージを残しているわけではなく、さらなる活躍や真のナンバーワンを目指す上昇気流にいるが、ケル・ブルックは過去最強の相手となるだろう。

ずっとウェルター級でやってきたブルックの方が大きいと言われるが、大差なく、リーチはクロフォードの方が長い。

個人的には、ブルックのスタイルの方が好みだ。
コンパクトで多動力、無駄なく機敏、華麗、速くて強い理想的なスタイルだ。

対するクロフォードは難解、曲者、当てるのがとにかく難しい変幻自在のスイッチヒッターだ。

ブルックは、当時強力な王者候補だったショーン・ポーターを下し、現在もう一人のP4Pの一角、エロール・スペンスに王座を明け渡した。目の負傷による敗北、ダメージの差はつけられたが、内容はかなり競っていた。

クロフォードにとり、ピークのポーターやスペンスとの違いを図る相手ともいえる。

相手にとって不足はない。

ラストダンスのブルックが躍動するのか
ブルックをしても、クロフォードが涼しく攻略してしまうのか

ゴロフキンやスペンスの凄さを肌で知っている男と知らない男

非常に興味深い対戦だ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, ウェルター

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2020 All Rights Reserved.