階級別 バンタム

モンスターの季節/井上尚弥VSジェイソン・モロニー

投稿日:

8

ジャッジ次第では、WBSS準決勝はモロニーが出場してもおかしくなかったが、運命は代わりに、今、彼らを邂逅させた。

1422
井上尚弥VSジェイソン・モロニー

井上尚弥VSジェイソン・モロニー 勝つのはどっちだ?

ラスベガスは正式にモンスターの季節になった。

井上尚弥は日曜日の夜にシン・シティに到着した。
この試合は10月31日、ラスベガスのMGMグランドのザ・バブルからESPN+で生中継される。

日本の井上(19勝16KO)は、昨年11月に埼玉でノニト・ドネアに12ラウンドで勝利した後、すぐにラスベガスのトップランクとの契約を発表し、この試合が正式なデビュー戦となる。これまでに2つのタイトルを統一し、ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ・バンタム級トーナメントでもトップの座を獲得している井上だが、今回の試合はこれまでのキャリアで最も重要となる。

いよいよアメリカを制覇する時が来た。

井上
「ジェイソン・モロニーとのタイトル防衛戦のために完璧な準備をしてきました。初めてラスベガスで戦い、リング上で最高のパフォーマンスをすることにエキサイトしています。」

井上はキャリア2度目のアメリカでの試合となる。アメリカでのデビュー戦は2017年9月、アントニオ・ニエベスを6回ノックアウトでジュニアバンタム級王座防衛に成功した。

アメリカへの復帰は、もともとフィリピンのWBO王者ジョン・リエル・カシメロとの統一戦で行われる予定だったが、進行中のコロナウイルスのパンデミックのために、ラスベガスのマンダレイベイでの4月25日の衝突の計画は台無しになった。

代わりに、井上は今、2018年10月に当時バンタム級タイトリストのエマニュエル-ロドリゲスに僅差の12ラウンドの敗北以来、4連勝しているモロニーとのハロウィーンのスリラーに向かう。WBSSトーナメントの準々決勝では、井上はロドリゲスを2ラウンドで残忍にストップした。

ジャッジ次第では、準決勝はモロニーが出場してもおかしくなかったが、運命は代わりに、今、彼らを邂逅させた。

井上
「あとは残りの最終調整をするだけです。いつものようにこの試合に向けて準備をしていきます。」

WBSSの頃のようにモリモリ書く気がないのは、井上の勝利を確信しているからだ。

モロニーが弱いわけではない。王者クラスの実力者だ。しかし井上尚弥はスペシャルだ。
だから、あまり両者の過去試合を観たり、戦力分析をする気にもなれない。

最近は、ホセ・セペダVSイバン・バランチェクのような超絶にエキサイトする試合があったり、ロマチェンコが負けたり、エストラーダがダウンしたり、滅多にみれないシーンが続いているが、井上尚弥は大丈夫だろう。

井上尚弥は「問題なく勝つ」死闘演じたドネア語った - ボクシング : 日刊スポーツ
井上尚弥は「問題なく勝つ」死闘演じたドネア語った - ボクシング : 日刊スポーツ

「5階級王者」が、WBA、IBF世界バンタム級統一王者井上尚弥(27=大橋)の勝利に太鼓判だ。WBA同級2位モロニー(オーストラリア)との防衛戦(10月31日… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト ...

続きを見る

ノニト・ドネアの言葉に嘘、誇張、強がりは一切なく、いつも真摯で誠実だ。
だから余計に信頼できる。

いよいよアメリカを制覇する時が来た。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, バンタム

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2020 All Rights Reserved.