階級別 アンケート バンタム

折れないでくれ矢/井上尚弥VSジェイソン・モロニー

投稿日:

15

もし井上がキャリアの中で新たなスラッガーと戦うことになった場合、彼は遅かれ早かれバラバラにされてしまうだろうから、もっとディフェンスを鍛える必要があるだろう。井上はスラッガーと戦えるほど頑丈ではない。

1422
井上尚弥VSジェイソン・モロニー

井上尚弥VSジェイソン・モロニー 勝つのはどっちだ?

巨大なアンダードッグのジェイソン・モロニーは、今週土曜日の夜にESPN+で放送されるトップランクのカードで、無敗のIBF/WBAバンタム級王者 "モンスター "井上尚弥(19-0, 16 KOs)に勝利すると信じている。

自信に満ち溢れているとはいえ、オーストラリアのモロニー(21勝1敗、19KO)は、日本のスター井上の餌食と見られており、早い段階でノックアウトされる可能性が高い。

WBO1位、WBA2位、IBF4位、WBC5位のモロニーはまともなファイターだが、我々はすでに2018年に彼が負けたエマニュエル・ロドリゲスがファイターとしての限界を露呈したことで、彼がどのように定義されているかを見てきた。2019年に井上が2ラウンドで虐殺したのと同じロドリゲスだ。

井上vs.モロニーのアンダーカードは、トップランクのプロスペクトが多く出場する。彼らの将来性をアピールしたいと考えていることを責めることはできないが、それもまた、自分の目で見た通りに判断しなければならないだろう。アンダーカードには、あまり注目すべき点はない。

モロニーはロドリゲスにリベンジすることなく、それ以降の4試合は格下とばかり戦ってきたから、10月31日の井上戦で大きな問題を抱えることになるだろう。

トップランクは、多くのボクシングファンがESPN+に登録して、この試合を見ることを望んでいるが、課金の向こう側にあるアプリに載せるには間違った試合だ。望みが実現することはないだろう。 ESPN+を持っていないカジュアルなボクシングファンは、井上VSモロニーの試合を見ようとは思わないだろう。

試合がどれだけ競争力があるのかということではなく、おそらくすぐに終わりそうだからだ。昨年11月に日本で行われた元4階級世界王者ノニト・ドネアとの戦いの後、井上がかつての自分と同じファイターであるかどうかに注目だ。

井上はドネアのパンチでよろめき、鼻の骨折、眼窩底骨折を負った。井上は勝利を手にするもかなり痛めつけられた。ドネアも同様に罰を受けたが、相手にかなりの痛みを与えた。

井上の顔面が脆く、平均的なファイターよりも一発が出ないことを示したファイトだった。この試合でドネアの左フックが大振りだったのは、井上にとっては非常にラッキーだったと言えるだろう。もしドネアの左フックがヒットしていたら、井上の顔面の骨は粉々に崩れていただろう。ドネアが再戦を申し込んだとき、井上が再戦を織り交ぜずに、モロニーとのソフトな戦いを選んだのは興味深い。井上の動きは、彼がドネアをどれだけ警戒しているかを示している。二度目の対戦では、再び井上に有利な結果がもたらされるとは限らないことを日本勢は知っているのだ。

もし井上がキャリアの中で新たなスラッガーと戦うことになった場合、彼は遅かれ早かれバラバラにされてしまうだろうから、もっとディフェンスを鍛える必要があるだろう。井上はスラッガーと戦えるほど頑丈ではない。井上尚弥は顔面の骨が折れやすいから、ドネア戦のようなダメージを受けてはいられない。

モロニー
「ロドリゲスに喫したあの敗北以来、私がどれだけこの試合を望んでいるかを示してきた。私は自分自身を失わせない。土曜日の夜には、何も私を止めることはないだろうし、世界で最高のバンタム級になるだろう。この試合には勝てると思っている。勝てないと思う人がいても気にしない 私は信じているし、勝てることを知っている。」

どちらかと言えば、ロドリゲスに敗れたモロニーは、井上やジョン・リエル・カシメロと一緒にリングの中にいるべきではないことを示してきた。モロニーがやるべきことは、低いレベルの相手に4勝した後にタイトルショットを与えられるのではなく、エマニュエルにリベンジをすることなのだ。

ロドリゲスに敗れて以来、モロニーが戦ってきた対戦相手が弱いため、モロニーはランキングの上位に移動するのではなく、最下位に降ろされるべきだった。モロニーが最近の4連勝に基づいてタイトルショットを受ける価値があるかどうかを判断するのはあなただ。

モロニーの過去4戦の勝利

レオナルド・バエズ
ディクソン・フローレス (16-7)
グッドラック・ムレマ(23-5
クリス・パウリーノ (21-5)

去年の6月にモロニーに負けたバエズ以外は聞いたこともない。

モロニー
「井上は私のような容赦のないファイターと対峙したことがない。彼が行ったことのない場所に連れて行くつもりだ。ロープの中で何ができるか、待ちきれないよ。」

モロニー陣営が、ここ2年で質の高い相手を用意していれば、それほど悪いことではなかっただろう。井上を相手にタイトルショットを狙うために、これらのファイターと戦うべきだったのだ。

ゾラニ・テテ
ノニト・ドネア
ナワポーン・ポーチョークチャイ
ギジェルモ・リゴンドー
ジョシュア・グリア

モロニーは、井上の正確なパワーショットですぐに切りつけられてしまうので、井上の外側にいることはできない。モロニーにできる唯一のことは、接近戦で、井上の長距離パワーを潰すことである。

外側にいることは、モロニーにとって災いのもとである。とはいえ、井上のボディショットに食らいついてしまうのだから、井上に近づこうとすれば、モロニーも食われてしまう。

海外コメント

序盤で井上のKO勝利だ。

バンタム級の井上はさほど大きくないが、圧勝すれば認められる。

壊滅的KOで井上。僕にとって井上はトップ3に入るが、バンタムだから報道されないんだよね。

週末はモロニーのアップセットがあるかもよ。

モロニーには厳しいけどWBSSの頃に比べたら強くなったよ。オーストラリア人はタフだし。

海外記者の論評、鼻につく部分もあるが、提灯記事よりはよほど興味深い。

井上尚弥に対する懸念は、怪我、アクシデントだ。

いつも研ぎ澄まされているので、破壊力に骨の耐久力が追い付いていないかもしれない。試合中、足が吊ったり、痙攣することもあった気がする。

折れた矢/海老原博幸(本名 松田博幸) | 【忘れられた伝説】ボクシング不滅のレジェンドたち
折れた矢/海老原博幸(本名 松田博幸) | 【忘れられた伝説】ボクシング不滅のレジェンドたち

シェアしてくださるとうれしい 日本人として3人目の世界王者、私がボクシングに熱中していた頃に日本にやってきたユーリ・アルバチャコフに無理やりリングネームをつけさせた名前として記憶している。ユーリ海老原 ...

続きを見る

「カミソリパンチ」という異名で大変な強打者であったことは知ってはいても、ここまで骨折に泣かされた選手だったとはしりませんでした。世界戦以外は61勝(32KO)1敗、計7度の骨折、世界戦はほとんど全部骨折している。

もし井上がキャリアの中で新たなスラッガーと戦うことになった場合、彼は遅かれ早かれバラバラにされてしまうだろうから、もっとディフェンスを鍛える必要があるだろう。井上はスラッガーと戦えるほど頑丈ではない。

体格、年齢的には今がピーク、最適の階級なのかもしれないが、彼にはもっと多くの事が期待されている。だからこそ、汗をかく間もないほどの速攻決着、圧倒ができれば、

尚弥、尚良い。

モロニーが、ジェフ・フェネクばりのタフネスだったら少しヤバイ。

軽量級のリアルディール/(マリックビルの誘導弾)ジェフ・フェネック | 【忘れられた伝説】ボクシング不滅のレジェンドたち
軽量級のリアルディール/(マリックビルの誘導弾)ジェフ・フェネック | 【忘れられた伝説】ボクシング不滅のレジェンドたち

シェアしてくださるとうれしい 幻のIBF世界王者、新垣諭とは何だったのか、彼を踏み台に世界に飛躍したオージーは伝説の男だった。モノが違った。ジェフ・フェネック、アマチュアエリートではあってもこういう選 ...

続きを見る

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, アンケート, バンタム

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2020 All Rights Reserved.