階級別 アンケート バンタム

エニグマ/ジョン・リエル・カシメロVSギジェルモ・リゴンドー

更新日:

リゴンドウの正体を知ることは難しい。彼を相手にするのはもっと難しい。彼の驚異的な記録は、2000年のシドニー・オリンピックにまで遡る。その時、彼は金メダルを獲得した。2004年にも金メダルを獲得しています。もし彼がキューバに残っていたら、東京でも優勝して6回の金メダリストになっていたかもしれません。

903
ジョンリエル・カシメロVSギジェルモ・リゴンドー

土曜日、WBOバンタム級タイトルホルダーのジョン・リエル・カシメロは、カリフォルニア州カーソンのディグニティ・ヘルス・スポーツパークで、最高の才能を持つキューバ人ギジェルモ・リゴンドーと対戦する。

カシメロは、初期の世界タイトル戦で当時のIBFフライ級王者モルティ・ムタラネに敗れたが(TKO 5)、その後、108と112の世界タイトルを獲得している。その後、ジュニアバンタム級に転向し、同胞のジョナス・サルタンに敗れた(UD12)。バンタム級に転向したカシメロは、劣勢の中、ゾラニ・テテをTKO3で下し、WBO118ポンド級のタイトルを獲得した。これまでに1度の防衛に成功している。

ランキング8位のリゴンドウは、2度のオリンピック金メダリストであり、史上最も成功したアマチュアの一人だ。WBA122ポンド王座を獲得し、ノニト・ドネアと統一戦を行い(UD12)、WBOのベルトをコレクションに加えた。超巧妙な左利きの彼はその後、ボクシング界の荒野で何年も過ごし、めったに試合をせず、最終的には2017年12月に当時のジュニアライト級タイトルホルダーであるワシル・ロマチェンコに6ラウンドで止められた。それ以来、彼は3試合しかしていないが、すべて勝利している。

攻撃重視の王者と防御の魔術師である挑戦者という、魅力的なスタイルのぶつかり合いだ。まもなく41歳のリゴンドー(20勝1敗13KO)には何が残っているのか?カシメロ(30勝4敗21KO)がリゴンドウを打ち合いに引きずり込むのか、キューバのマエストロがペースを作りカシメロを迎え撃つのか。

オンラインギャンブルグループのPaddypowerは、カシメロを4/9(-225)の人気、リゴンドーは13/8(+163)の価格としている。ドローは25/1(+2500)となっている。

トム・グレイ:カシメロ TKO

「カシメロにとっては完璧なタイミングだと思います。リゴンドーが偉大であったように、彼の年齢と運動神経の低下が彼を追いつめることになるだろう。カシメロはパワフルでタイミングを計るのが難しい。プロらしいファイターだ。」

アンソン・ウェインライト:カシメロ TKO 10

「カシメロは時速100マイルで戦うが、リゴンドーはショットを選んでファイターに代償を払わせることに長けている。どのような結果もあり得る試合の一つだ。カシメロは速いペースで試合を展開してくるだろう。リゴンドウは、より効率的に、ショットを選ぶだろう。カシメロのペースはリゴンドウの悩みの種であり、最終的には彼の敗北につながるだろう。私はカシメロが試合終盤にストップをかけると見ている。しかし、リゴンドウがカシメロを追い込んで勝利しても驚かない。」

リー・グローブス: リゴンドー判定

「カシメロの方が若く、アグレッシブで、ビッグヒッターで、より積極的であることは事実だが、リゴンドーは直近のリボリオ・ソリス戦で、いざとなれば相手をシャットダウンできる恐るべきテクニシャンであることを示した。
また、身長で3インチ、幅で3.5インチのアドバンテージがあるため、試合の主導権を握る力があり、フィリピン人が好む眠くなるようなボクシングマッチに誘うことができるだろう。ソリスやセハのように、カシメロと愚かな取引をしない限り、そしてシャットダウンモードでもラウンドを制するだけの十分な能力を発揮する限り、彼の技術力と別世界の知識はカシメロを失脚させるのに十分であるはずだ。」

マーティ・マルケイ:リゴンドー TKO 10

「ギジェルモ・リゴンドーは、バーナード・ホプキンスやドニー・ニエテスのように、普通の人間のように年を取らないような遺伝的なアドバンテージを持っているわけではない。彼はすべてのトリックを知っている素晴らしいボクサーである。
リゴのような選手を倒すには特別な才能が必要で、カシメロはその範疇に入らないと思います。私はリゴが最初は我慢して距離を取り、カシメロを苛立たせてどんどんパンチを繰り出すと見ている。5ラウンド目には、リゴは見るべきものを見て、距離を取り、より強いパンチを打ち始めるでしょう。10ラウンドには、レフェリーが十分に判断するか、リゴが勇敢だが劣勢のカシメロを2ノックダウンで止めるだろう。」

マイケル・モンテロ:カシメロ 判定

「前回、リボリオ・ソリスとの試合のほとんどを夢遊病者のように過ごしていた。一方、カシメロは6戦連続KO中。数年前にこの試合が契約されていたら、私はキューバ人を支持していただろうが、8月14日には青春が待っていると信じている。ジョン・リエル・カシメロの前に満場一致の判定でギブアップだ。」

ノーム・フラウエンハイム:カシメロ 判定

「ギジェルモ・リゴンドーのニックネームは「エル・チャカル(ジャッカル)」しかし、それは「エニグマ」と言ってもいいかもしれない。リゴンドウの正体を知ることは難しい。彼を相手にするのはもっと難しい。彼の驚異的な記録は、2000年のシドニー・オリンピックにまで遡る。その時、彼は金メダルを獲得した。2004年にも金メダルを獲得しています。もし彼がキューバに残っていたら、東京でも優勝して6回の金メダリストになっていたかもしれません。アマチュアではそれだけの実力を持っていました。
しかし、プロとしての彼を定義することは困難である。40歳になった今でも、若いカシメロに勝つことは可能だ。どのリゴンドウが現れるかにかかっている。鈍いのか、ダイナミックなのか。しかし、どちらのバージョンでもカシメロのパワーにぶつかるだろう。カシメロは早い段階で罰を与え、遅い段階で使い果たし、3つのカードすべてでフィリピン人の圧勝となるだろう。」

デューク・マッケンジー(元3階級タイトルホルダー/TVアナリスト) カシメロ TKO

「カシメロがこの試合に負けるにはあまりにも新鮮で野心的だと思う。リゴンドウは当時、優れたチャンピオンであり、ボクシング界の良きアンバサダーだった。中盤でカシメロに有利な物議を醸すようなストップが期待できる。」

ラウル・マルケス(元世界チャンピオン/コメンテーター)カシメロ TKO

「リゴンドーはボクシングをして、ベテランの経験を生かす必要がある。カシメロは非常に強く、コンビネーションもクリエイティブだ。彼はとても忍耐強いが、適切な距離を見つけたら、6ラウンドから8ラウンドの間にリゴンドーを捕まえるだろう。」

マーク・ラムゼイ(トレーナー)カシメロ TKO 9

「ここ数年、ジョン・リエル・カシメロは質の高いボクサーであることを証明しているので、いい試合ができるはずだ。しかし、本当の問題は、リゴンドーが何を残しているかということです。彼はもう40歳を超えており、彼の最後のパフォーマンスは納得のいくものではありませんでした。私は、試合が長引けば長引くほど、ベテランのリゴンドーにとっては難しくなると考えています。後半でのカシメロのストップ勝利を予想しています。」

ウェイン・マッカラー(トレーナー)カシメロKO7

「テクニックに優れたリゴンドウと、爆発的なハードパンチャーのカシメロの戦いだ。若手のカシメロの方が有利でしょうが、勝つためには万全の体調で臨まなければなりません。リゴンドウは技巧派で、カシメロを抑えるためには鋭い動きが必要だが、カシメロは前に出てくるので、それは難しいかもしれない。両者とも強打者であり、最初に強打を当てた選手が勝つ可能性がある。カシメロはノックアウトを狙ってくるだろうし、リゴンドーが彼の技術を封じない限り、中盤でノックアウトを奪えるかもしれない。私はカシメロが7回でKO勝ちすると思います」

トニー・トルジ(マネージャー)カシメロ UD

「カシメロは危険なパンチャーだが、リゴは非常に正確なクラフトマンシップを持った素晴らしい才能の持ち主だ。カシメロの若さと、リゴの傍観者としての時間を考えれば、この試合では若い方に軍配が上がるだろう。カシメロ満場一致の判定勝利を推します。」

ジェイソン・モロニー(バンタム級コンテンダー)カシメロKO6

「二通りの展開が考えられる面白い試合だ。リゴンドウがボクシングの名人芸を披露して大差の判定で勝つか、カシメロがKOで勝つか。リゴンドウはここ数試合、打たれて傷つくことが多くなっているようだ。おそらく彼の反射神経とアゴが以前ほど良くないのだろう。そのような理由から、私はカシメロKO6と予想する。」

アンドリュー・モロニー(ジュニアバンタム級コンテンダー)カシメロ TKO

「この試合を選ぶのは難しいですね。数年前のリゴンドーがこの試合を楽勝で制すると信じているが、彼の年齢と不活発さから、カシメロがこの試合を制すると思う。カシメロが中盤でストップ。」

サンプソン・レウコウィッチ(サンプソン・ボクシング・プロモーター)カシメロKO

「カシメロが後半のラウンドでKO。リゴンドウの年齢と不活発がこの試合では敵となり、その代償を払うことになるだろう。」

アレックス・ステッドマン(解説者):CASIMERO TKO カシメロ TKO

「全盛期のリゴは、カシメロの初歩的な挑戦よりも、次のクッキーがどこから出てくるのかを気にしていたと言ってもいいだろう。しかし、リゴの実年齢を推測するのは、昔の才能がどれだけ残っているかを確認するよりも簡単だ。最近の勝利を見る限り、リゴには十分な実力があると思われるが、カシメロは今、絶好調で、毎回、熱戦を繰り広げている。ジョン・リエル・カシメロがテテ戦のように行くことが出来れば、リゴを苦しめることもできるかもしれない。最近までは考えられなかったことですが、私はカシメロが高齢化したリゴをストップすると見ています。」

ゾラニ・テテ(バンタム級): リゴンドウ TKO

「経験、パワー、ボクシングIQでリゴに軍配が上がる。カシメロのスタミナには疑問があるので、この試合は距離が縮まらないだろう。」

コリン・ネイサン(トレーナー)カシメロ TKO
「カシメロが後半にストップするだろう。」

ジョン・スカリー(トレーナー): リゴンドウ UD
「リゴの体力がどれだけ残っているかはわからないが頑張っているようだ。カシメロと同様に、リゴがかつてのようにシャープであれば、満場一致の判定で勝利し、年齢よりも若く見えると信じています。」

ビクター・シルバ(テレビ・アナリスト)カシメロ KO 9
「試合はリゴンドーの足にかかっている。12ラウンド動くことができれば勝てるかもしれないが、私としてはカシメロがKO9で勝つとおもう。」

ルイス・ネリーが後退した今、カシメロが日本人の憎き敵のようになっているが、「リゴンドーを簡単にやっつけて、俺を怖がって逃げたドネアを追いかけてやる」というカシメロはビッグマネーの井上戦にたどり着くまでにきちんとリスクを背負っているようにおもう。

負けてすべてを失ったゾラニ・テテがリゴンドーを推し、トレーナーのネイサンがカシメロを推しているのが面白い。

果たして、ギジェルモ・リゴンドーというエニグマの謎は解き明かされるのか、謎は謎のままなのか。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, アンケート, バンタム

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2021 All Rights Reserved.