階級別 アンケート ライブ スーパーフライ バンタム ウェルター

ジョン・リエル・カシメロVSギジェルモ・リゴンドーLIVE 他

更新日:

日本で注目の試合はこれに尽きるが、プロボクシングシーズンの到来、その他も見逃せないカードが続く。リゴンドーの長いボクシング人生に終止符を打つのは、叩き上げのカシメロになるのだろうか。

個人的な予想はリゴンドー。彼は井上尚弥に立ちはだかる巨人、メイウェザー以上のボクサーである、と思いたい。カシメロも好きなんですけどね。もうすぐ41歳で、超久しぶりの試合、性格が読めないというのは気になりますが・・・

カシメロのダーティーにリゴンドーが巻き込まれるのか、パンチを食ったら終わりだろう。
しかしリゴンドーのスキルセットは神の領域だ。40歳で発揮できるか。

123456789101112R
カシメロ
10
9
10
10
10
9
9
9
10
9
9
9
113
リゴンドー
9
10
9
9
9
10
10
10
9
10
10
10
115

空席は目立つがフィリピンとキューバでこの盛り上がりはなかなか。

1R

一部でリゴンドーは170センチとあったがそんなことはない
165もないだろう。重いのはカシメロだろう。

カシメロの方が太い。
ジリジリ前に出るがリゴンドーには当たらない。

しかしリゴンドーは少し下がりすぎ。

ロープ際でダッキングしたところにカシメロが襲い掛かり
リゴンドーがダウン。

上から押しただけでダウンではないという裁定。
カシメロが襲いかかるがリゴンドーがサークリング。

ダメージはないとおおうが、リゴンドーにしては良くないシナリオ。

カシメロ10-9

2R

鋭いパンチは返していくが、ロープ際のリゴンドーが危なかしい。

カシメロはひたすらリゴンドーをロープに追い込む。

プレスをかけるのはカシメロだが、華麗なフットワークと
カウンターの精度で

リゴンドー10-9

3R

今のところカシメロのパンチは当たっていないが
あまりにもリゴンドーが下がり、パンチの交換も少ないので
リゴンドーにポイントも与えづらい展開。

カシメロがスイッチしたりして前に出る。

リゴンドーはパンチよりフットワークに忙しくブーイングも。

今のところ、リゴンドーがランナーになってしまっている。
追いかけて空振りを続けるカシメロのリングジェネラルシップをとるだろう。

カシメロ10-9

4R

カシメロがバランスを崩したところにカウンターを当てたいリゴンドー。
カシメロが重厚でバランスも良くなかなかそのシーンが訪れない。
ボディカウンターを当てたがジャッジに評価されるかどうか。

リゴンドーのディフェンスは流石だが、手を出さないので
ポイントをつけづらいのはトップアマチュア故か。

少しロマチェンコVSロペスに似た展開。

観客はブーイング。

ほとんど両者、リングカットのみでパンチの交換がない。

カシメロ10-9

5R

リゴンドーは勝利を確信しているのかもしれないが
ここまで手を出さないとやばい。

カシメロは益々ダーティーに強引に行くだけだろう。

クリンチ際にカシメロの荒っぽいパンチ。
リゴンドーはもう少し打ち合う覚悟が必要だ。

空振りのカシメロとディフェンスだけのリゴンドー
採点しにくい。

カシメロ10-9

6R

井上だったらこんな試合にならないだろうとおもうと
カシメロのパワーやプレスはすごいが、スキルはやはり大味だ。

リゴンドーにパンチが当たらないが、追いかけてはいる。
リゴンドーは逃げているだけとも言われかねない。

軽いパンチは合わせるが、倒しに行く姿勢は皆無にみえる。
セコンドはこれで良しとしているのだろうか。

少しリゴンドーの返すパンチやカウンターの意思が強くなってきたか。
後半勝負のつもりだったのだろうか。

リゴンドーのアッパーカウンター。
この回から少しリゴンドーにファイトの姿勢がみえてきた。
カシメロはいいかげん疲れてきたか。

リゴンドー10-9

7R

リゴンドーも本気で打てばパンチは強い。
カシメロに対するボディカウンターが少しは効いているか。

会場は57-57

つまりはこれからだ。
カシメロには強襲しか勝機はないとおもわれる。
リゴンドーはこの消極ファイトでポイントがとれるかどうか。

カシメロが追いかけるのをやめてリングで止まりあきれたポーズ。

リゴンドーは変わらない。

フラストレーションの塊にするのがリゴンドーの作戦か。

リゴンドー10-9

リゴンドー、そろそろ、もう少し攻撃にシフトを。

8R

そろそろ動きが欲しい。

打ち合いたいカシメロとそれに付き合わないリゴンドー。
ディフェンスは出来てるが攻撃が少なすぎる。

カシメロも当たらないので追いかけても無駄にパンチを打たない。

リゴンドーはフットワークだけでパンチを出さない。

採点できない。

リゴンドー10-9

9R

ジャッジ泣かせであり
ファン泣かせであり
リゴンドーの評価が益々固まる展開だ。
フットワークばかり。

そろそろ、はっきりとした優劣、違う展開にして欲しい。

せめて、逃げながらも強いパンチを入れて欲しい。
軽いジャブばかりだ。

カシメロの突進にカウンターを合わせる作戦なのだろうが
それほど説得力のあるパンチはない。

クリンチに行くのもリゴンドー

カシメロ10-9

10R

もう高齢なのでラスト3回で勝負するのでもいいから
リゴンドーにはスタイルを変えて欲しい。

カシメロを完全に空転させているが、攻撃していないので
ポイント負けしてもおかしくない。

会場は86-85でカシメロ

相変わらずのリゴンドー。

カシメロを空転させて軽いパンチを合わせた

リゴンドー10-9

11R

チャンピオンシップラウンド

この回も同じなら物議を醸す採点となりそうだ。
ジャッジによって大きく点差が異なるのか、引き分けか。

リゴンドーは一瞬たりともリスクを冒さない。
ならば初回と攻勢でカシメロ勝利もありえる。

会場はブーイング。

勝敗はついても、どちらも評価を下げる内容といえる。

また同じ展開。
リゴンドーはディフェンスは完璧だが、パンチを出していない。

リゴンドー10-9

LAST

どちらに転んでもおかしくない試合。
リゴンドーはこれでよいのか。

ロドリゲスVSガバリョ
ロマチェンコVSロペス

のような結果になっても驚かない。

プロのリゴンドーはこれが限界なのだろう。

追いかけても空振りのカシメロと
守り切っただけのリゴンドー

どっちの勝ちにも出来ない。

リゴンドー10-9

115-113 リゴンドー
116-112 カシメロ
117-111 カシメロ

攻めたカシメロ
守ったリゴンドー

リゴンドーは自業自得だろう。

カシメロがコーナーでゲホゲホしてたのは何だったんだろう?
リゴンドーのボディが効いていたのか
調整失敗か
単なる気合注入だったのか。

903
ジョンリエル・カシメロVSギジェルモ・リゴンドー

ゲイリー・アントニオ・ラッセルVSエマヌエル・ロドリゲス

いきなりラッセルのバッティングでロドリゲス戦闘不能。これはひどい。
休憩ではなくノーコンテスト。ロドリゲスは呪われている。

アンドリュー・モロニーVSジョシュア・フランコ

ジェイソン・モロニーVSジョシュア・グリー

モロニー判定勝利。このあたりの実力なのだ。

ラウシー・ウォーレンVSダミアン・バスケス

ラウシー・ウォーレンが初回からキレキレ、スピード差で右フックを当ててバスケスから2度のダウンを奪う。ウォーレンはこれでもザキヤノフに負けたからここからが大事だが決め切ってしまったほうがいい。また余裕で流し、試合を長引かせはじめたウォーレンだが狙いすました左ストレート一発でバスケスを腰砕けにさせて2回KO。バスケスは下からやり直した方がいい。完敗が続く。ハマった時は本当に速く強い。34歳が24歳を圧倒。リゴンドーがカシメロにこれが出来るか。すごいエキサイティングな幕開け。

アンドレス・コルテスVSジェネシス・セルバニア

セルバニアの相手はアマチュアでテオフィモ・ロペスにも勝ったことがあるコルテス14勝無敗。試合はSフェザー級の8回戦。コルテスはライト級が主戦場だがセルバニア大丈夫か?

初回で強烈に倒されました。

パヤノさんや注目プロスペクト、ブランダン・リーなども出場予定。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, アンケート, ライブ, スーパーフライ, バンタム, ウェルター

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2021 All Rights Reserved.