階級別 ウェルター スーパーウェルター ミドル レジェンド

栄光の庭園/フェリックス・トリニダード

投稿日:

66

キャリアのピークは、ボクサーとしての人生が終わりに近いことも意味する。

フェリックス・トリニダードはボクシングの歴史上、最もパンチが強烈なウェルター級のひとりでありプエルトリコでは英雄だ。

「ティト」は1993年にモーリス・ブロッカーを2ラウンドで粉砕、IBFウェルター級タイトルを獲得、若干20歳でボクシングシーンに躍り出た。

その後の活躍、エキサイティングなスタイル、カリスマ性、謙虚さ、「ティト」は時代を代表する人気者の一人となった。

ヘンリー・アームストロングの18度の防衛に次ぐ、ウェルター級王座15度防衛、7年間も支配した。その中にはオスカー・デ・ラ・ホーヤや同郷のヘクター・カマチョに対する勝利も含まれた。

「ゴールデンボーイ」デ・ラ・ホーヤとのタイトルマッチは140万という当時のヘビー級を除くペイパービューの新記録を作った。

2000年、トリニダードはウェルター級の王座を返上し、スーパーウェルター級でデビッド・リードからWBA王座を獲得、最も壮観なパフォーマンスでIBF王者フェルナンド・バルガスをストップし、その年のファイター・オブザイヤーを受賞した。

トリニダード(42勝35KO3敗)は現役最後の5試合で2勝3敗となり、バーナード・ホプキンス、ロナルド・ライト、ロイ・ジョーンズJrに敗れたが、既に現役にして国際殿堂入りの資格を確立していた。

続きはこちら

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, ウェルター, スーパーウェルター, ミドル, レジェンド

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2020 All Rights Reserved.