階級別 フライ スーパーフライ バンタム レジェンド

パッキャオにもドネアにもなれなかった男/(イーグル・アイ)マルコム・ツニャカオ

更新日:

54

人生の筋書きは映画のようにはいかない、あるいは映画よりも複雑だ。
サムライ(日本刀)はボーロ(大型ナイフ)よりもずっと鋭い。

マルコム・ツニャカオ(Malcolm Tuñacao、1977年12月8日 - )は、フィリピンのプロボクサー。セブ州マンダウエ出身。元WBC世界フライ級王者。第38代・第41代OPBF東洋太平洋バンタム級王者。スタイルはサウスポー。2010年より真正ボクシングジム所属。

実兄であるノエル・ツニャカオも元ボクサーで井岡弘樹が持つ世界王座挑戦やイヴァン・カルデロンと対戦した経歴を持つ。

マルコム・ツニャカオがフィリピン唯一の世界タイトルを獲得してから12年が経過したが、あの夜の記憶は少しも色あせていない。

2000年5月、セブ島マンダウエ市出身の彼がWBCフライ級のメッドグン・3Kバッテリーと対戦。ツニャカオはまだ23歳で、プロ10戦しか経験がなく、メッドグンの国タイは初めての海外での試合だった。

メッドグンはフィリピン人、正確にはマニー・パッキャオを倒してタイトルを獲得しており、この試合に向けて20勝0敗の無敗を誇っていた。しかし、ゴングが鳴ると、ツニャカオの優れたスピードとサウスポーからのストレートが何度もヒットし、第7ラウンドでメッドグンをノックアウトし。当時フィリピンで唯一の王者となった。

ツニャカオ
「自分でも予想外だったから勝った時は泣いたし、ハイな気分になった」

現在35歳のツニャカオは言った。現在の戦績は31勝19KO2敗3分

ボクシングの頂点に立ったツニャカオの栄光の瞬間は短いものだった。1年も経たないうちに、新進気鋭のポンサクレック・ウォンジョンカムに1回ノックアウトでベルトを譲った。ウォンジョンカムは殿堂入りを果たすまでその後10年間王座に君臨した。

ツニャカオにとって、この10年は終わりのないチューンナップと世界タイトル復帰への欲望に悩まされてきた。

続きはこちら

パッキャオにもドネアにもなれなかった男/(イーグル・アイ)マルコム・ツニャカオ | 【忘れられた伝説】ボクシング不滅のレジェンドたち
パッキャオにもドネアにもなれなかった男/(イーグル・アイ)マルコム・ツニャカオ | 【忘れられた伝説】ボクシング不滅のレジェンドたち

人生の筋書きは映画のようにはいかない、あるいは映画よりも複雑だ。 サムライ(日本刀)はボーロ(大型ナイフ)よりもずっと鋭い。 マルコム・ツニャカオ(Malcolm Tuñacao、1977年12月8日 ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, フライ, スーパーフライ, バンタム, レジェンド

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2020 All Rights Reserved.