階級別 バンタム スーパーバンタム レジェンド

無冠の帝王の孤独/(ナイトアレキサンダー)アレクサンデル(サーシャ)・バクティン Vol.2

投稿日:

14

印象に残る試合がたくさんありました。4度目の防衛戦の相手、熟山竜一と彼の地元で戦いました。顎にいいのをもらって初めてダウンしました。ダウンとはこういうものなのかと理解できました。

無冠の帝王、アレクサンダー・バクティンの功績を称える、第三回全ロシアボクシングトーナメントが、バクティンの故郷チタで開催された。国内22の地域から100人を超えるファイターが参加した。この地でプロで一度も負けたことのないアレクサンダー・バクティンは生まれ育った。

どうしてボクシングを選んだのですか?

バクティン
「クラスノカメンスクは小さな町ですが、空手、柔道、ボクシング、サッカーなどスポーツが盛んでした。私は父に従って柔道をしていましたがいい成績を残せませんでした。祖母のマリア・アレクサンドルフがボクシングを紹介してくれました。彼女は私がアスリートになりたいという夢の手助けをしてくれました。8歳から始めましたが12歳から試合に出場できるレベルになりました。100人のうち、3、4人だけがボクシングに残ります、そのうち1人だけが多少はまともな結果を残します。クラスノカメンスクでは私は無敗で80連勝しました。しかしエレツのロシア選手権、81戦目で初めて負けました。多分それは数字の魔法だったのかもしれません。私は1981年生まれですから。」

他のスポーツの選択肢はなかったのですか?

バクティン
「サッカーやバスケ、バレーボールなども好きですが、ボクシングは私にとっては意味がありました。ある日喧嘩をして練習を禁止されたのでカンフーに転向しました。殴れないんだったらキックがあると。でもボクシングの方が自分に向いていていました。階級上の選手にも勝っていました。だからコーチに二度と喧嘩などしないと謝ってボクシングに戻りました。」

プロになってからは日本を舞台にしていましたが、日本への移住はどのように実現したのですか?

続きはこちら

無冠の帝王の孤独/(ナイトアレキサンダー)アレクサンデル(サーシャ)・バクティン Vol.2 | 【忘れられた伝説】ボクシング不滅のレジェンドたち
無冠の帝王の孤独/(ナイトアレキサンダー)アレクサンデル(サーシャ)・バクティン Vol.2 | 【忘れられた伝説】ボクシング不滅のレジェンドたち

印象に残る試合がたくさんありました。4度目の防衛戦の相手、熟山竜一と彼の地元で戦いました。顎にいいのをもらって初めてダウンしました。ダウンとはこういうものなのかと理解できました。 無冠の帝王、アレクサ ...

続きを見る

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, バンタム, スーパーバンタム, レジェンド

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2020 All Rights Reserved.