階級別 バンタム

井上尚弥の次戦はいつ誰と?

投稿日:

やっぱりどうしても熱は冷める。
ヘビー級戦も見逃してしまった。

体格差を生かせない、もっと大きくてタフなフューリーは相撲的な圧もあり、スタミナとタフネス、ファイトスタイルが極端なワイルダーには相性の悪い相手だった。これはジョシュアも同じだろう。さて、判定型テクニシャンのウシクはこの巨人にどう対処する?

ヘビー級の話題ではなく、我らが井上尚弥の話題です。
村田VSゴロフキンよりもずっと興味があります。これは両者にとりボーナスステージのようなものである。

井上尚弥の旬なボクシングのクオリティーが凄まじい。
歴代最強クラスのバンタム級の次は・・・

ドネアが新興プロモーションと契約したり
カシメロが安い指名戦を余儀なくされたり(今更ブトラーとやる意義はあるのか)
井上尚弥の次戦のスケジュールはおもうようにいきません。

本人は、年内にチューンナップでもいいからやりたい。
日本で有観客でやりたいと言っています。

大橋会長はその線で交渉中、大詰めの段階と発表しておりました。またFacebookと機械翻訳で、ボワイエみたいなジャーニーマンと直接交渉しているのだろうか?

大変だろうなぁ。
井上尚弥とやりたいという選手はもはや多いとはおもうが、本気で勝つ気があるのか、記念挑戦か、お金目当てか、そういう色眼鏡でみてしまいます。そのくらい、強すぎます。

アジア圏でもいいからということで、そのあたりを見渡すと

かつて大橋ジムの翁長に勝ったこともある、ジョナス・スルタン、井岡とニエテスに敗れたが大きなパンチャー、アストン・パリクテあたりがいます。アントニオ・ラッセルと交渉しているという話もありましたが、ラッセルもラウシー・ウォーレンも今の状況で日本には来ないだろう。

その他ですとバンタムに拘らず、周辺階級まで目を向けていかねばなりません。

井上自身は、もうバンタム級の4団体統一王者クラスなのは誰もが認めるところ、記録と名誉だけのような状態ですが、今はバンタム級がベストらしく、階級を上げるつもりは全くないとのこと。

一階級上のマイク・プラニアや、日本人対決まで視野に入れて妄想していくしかない。

なにはともわれ、今年中に井上尚弥の試合がまた観たい。
軽量級の選手生命はさほど長くはなく、井上尚弥は恐らく今がピークだ。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, バンタム

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2022 All Rights Reserved.