ルイス・ネリVSアーサー・ビラヌエバ

ある意味週末一番注目していた試合でしたがライブを探せず、試合後の遅延ライブっぽいものですぐ観れましたが・・・

youtubeだけでもライブはかなり充実してますが、登録や怪しいソフトのダウンロードを促してくるものがほとんどです。が、粘って調べると遅延とはいえ観れるストリームも出てきます。粘りましょう。

なぜかもう、フルで観る気になれません。

25勝19KOとしたネリですが、最近はKOが多い。メキシカンに珍しい後ろ足重心のサウスポーとの事ですが、本質はメキシカンらしい打ち合いの選手であり、KO型。若さもあり試合がエキサイティングなので人気なのでしょう。

前に出ないと良さが発揮されない、ファイター系のサウスポーですが、パンチは体重を乗せたスイング系が多い。アッパーやボディも多彩、連打型です。ジャブ以外は絶対右左右とわかりやすいコンビネーションを打ってきます。

ビラヌエバが若干長身のストレートパンチャーっぽいので期待していましたが、ネリの圧力を止めるほどシャープさもスピードも足りないような感じでした。相性はよかったとおもうのですが・・・

ゾラニ・テテであれば鋭利な左右でネリを近寄らせない気がします。バーネットも緩急つけてクレバーにネリをコントロールしそうです。山中もテテと同じです。ジャブと左ストレートで目を塞ぐくらい距離をキープした戦い方が必要でしょう。

若さと勢いはあるが、攻めすぎて墓穴掘ってダウンはするし、キレもスピードもある方ではなく、リズムはイケイケドンドンと一定、ネリの得意なリズムに付き合わなければそんなに難関、強豪とはおもえません。

山中
「初戦の攻撃パターンは悪くはなかったんですが、結局自分が打つことしか考えていないということですよ。打った後の(相手の反撃の)ことを考えていたら、打ち終わりのバランスも保てるはずですからね。自分のボクシングのいいところも、悪いところもわかっているんでね。」

予想通りというか頼もしいというか、共感できるコメントだとおもいます。点で突く山中のストレートが本番でいかにキレてるかにかかっているとおもいます。

ネリに攻勢を許しロープを背負うような事になると同じ結果が待っているだけかもしれません。モレノほどビリビリするようなカウンターがあるわけでもなく、ディフェンスが卓越している訳でもなくグイグイ前に出てくるだけですから恐れるに足らずだとおもいます。

もうメキシコではアイドル、スター気取りでしょう、そういう時の勢いはすごいので、自信も回復力もあるでしょう。若さに呑み込まれるのか、山中が本物のパンチャーの本領を発揮するのか、いずれにしてもネリの心を折るKOが必要でしょう。

ネリは次、3月に山中とやると言ってましたが、日本に来るんだろうか?どのツラ下げて?
来ないとしても実現して欲しいですね、どうせ山中はKO型なのだ。西岡に続いてもいい。

むしろ、日本のマスコミに煽られないで済むなら海外の方がよろしいかと・・・

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
What’s your Reaction?
最高
最高
0
いいね
いいね
0
ハハハ
ハハハ
0
うーん
うーん
0
がっかり
がっかり
0
最低
最低
0
コメント一覧
  1. 一瞬のマ夏?さん

    とにかく、薬の力かわかりませんが、運動量豊富な飛ばし屋ですよね、ネリは。静かなる技巧派ではありません。なので、ブロックとか今さら下手なクリンチとか磨いても勢いに押されるんじゃないですかね。
    ベテランが屈する一つのパターン、若さとおもいきりの良さと体力の選手です。

    なので、守勢にまわらずガツンとかます必要があるとおもっています。

    0
    0
  2. 私は山中の談話はどういうイメージか分からないですが、私のネリの見方としては相手の打ち終わりを狙いそれを単発で終わらせない。相手の踏み込んだパンチをかわした後から連打。これを強く高速で出来る。但し精度は高くない。ディフェンス精度も高くない。ボクシング頭脳も高くない。
    と見てます。なので、特に序盤にネリをチカラでねじ伏せようとしたりネリの土俵に上がると確率の上で危険度は上がると思います。守るというか嫌がる事をする。という意味でショートアッパー&なだれ込みクリンチワークで数発。序盤は噛み合わない事をするのも必要かなと思います。
    まぁ、山中も試合では熱くなるし器用じゃなさそうですけど、、、。結局管理人さんの仰るような戦いをしそうですね。観てる側もこれで勝てれば最高ですね。

    0
    0
  3. 一瞬のマ夏?さん

    ディフェンス(ブロック)をしっかりやるとの山中談ですが、一理ありますが、ネリはドンドン手を出してくるので守ってると劣勢、食らっているように見えてしまいます。ビラヌエバ然りです。こういうファイターには惜しげもなく左ストビシバシ、攻撃の手を緩めない方が大事かとおもいます。たぶん、積極性、手数では負けますんで。

    0
    0
  4. ネリの後ろ足重心はL字を模倣した他の選手とは違い、全て攻撃の為のものだと思います。
    重心を後ろに置き相手の踏み込んだパンチを後ろによけてその反動を利用して打ってくる。
    そして連打。さらに単発を打たれても気持ちも身体も怯まない感じです。
    山中とは相性でいうと最悪な感じですね。山中は相手が左を警戒すればするほど山中のペース
    になっていく。頭でわかっていても身体が左が当たる恐怖にはまっていく。
    それのないネリには序盤は踏み込まず、ジャブで距離を取るというよりもジャブの後にディフェンス出来る体勢とネリがじれて打って来たときの対処。これはショートアッパーを打ってそのままクリンチワーク。左はタイミングを計る程度のみとボディストレート。
    後半には恐らくネリはさらに雑になるのではないかと思いますので、6R以降位から戦い方を変えて左で狙いに行ければ、、、と思うのですが。いづれにしてもネリの連打に打ち合う場面が序盤の6つのラウンドで3つ以上あるとかなり厳しいと思います。

    0
    0
  5. クォーティさん

    そうですね、守っていて食らいまくってるとセコンドにおもわれてしまったので、この若さ、勢いに呑み込まれない事が一番大事ですよね。

    0
    0
  6. 山中にはあまりディフェンスの事を考えずに行って欲しいなと思います。ガードを固めた所でコンビネーションでぶち破られるだけな気がしますし、序盤からKOを狙って欲しいなと思います。

    0
    0
コメントを残す

※相手に対し失礼だとおもわれるコメントは削除される場合がございます。

階級別, バンタムの関連記事
おすすめの記事