階級別 バンタム 不完全ガイド プロスペクト

WBSSバンタム級/懸念される体重差

投稿日:

井上の強さばかりが目立った金曜の夜だが改めて、マクドネルの驚きの減量とリバウンドを目の当たりにし、WBSSバンタム級の見どころ、焦点は実力もさることながら、体重も無視できないと考えさせられました。

とにかく、試合時は、あのロマチェンコよりも大きく重かったマクドネル。そういう懸念はあまりしてこなかったけれど、あの手この手で自分を有利にしてくる猛者が多い中、やはり井上の言う通り

「皆強いだろうが相手云々ではない、自分次第」

なのだろう。

何の反省もなく6月19日に地元で再起戦をするというルイス・ネリ、大会を盛り上げるためにも彼は参加が許されるのではないか?山中を畏怖し何度やっても反則を繰り返す悪童だが、本当はバンタム級の体重は作れるのだろう。しかしこの男は最後に何をしてくるかわからない。計量をクリアしても試合当日は60キロオーバーで臨むに違いない。ドーピングの疑いもぬぐえない。

マクドネル戦では、マクドネルが65キロ、井上が59キロだったというが、今後も井上の当日体重は60キロ程度になるのだろうか。

海外でもっとも期待、予想される決勝は

ゾラニ・テテVS井上尚弥

である。これが決勝になるだろうと言われている。

改めて、テテもまた、バンタム級ではかなり大柄だ。実際は175.5センチであったマクドネルとほぼ同じ身長にして、リーチは180センチ超、サウスポーで、マクドネルとは違い遠距離を操る鋭いストレートを持っている。

計量はしっかり守るテテだが、彼も当日はかなり重い、大きいと考えてよさそうだ。

個人的に一番の脅威とおもうロドリゲス、井上もロドリゲスはまだよく知らないというが、速さ、完成度は高い。しかしIBFの王者なので、体重の増加は未知数で、試合時一番軽いバンタム級かもしれない。井上のよきライバルといえそうなスキルとスピードを持っているがパワースケールはさほどでもなさそうだ。

色々考えさせられたが、予想となると変わりはありません。

誰が一番強いのか/バンタム3王者と井上尚弥

参加が確定の3王者をみなさんはどう分析しますか?このために選手個々の映像を見直した訳じゃないけど・・・印象です。 この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツイートするTwitter で Fo ...

続きを見る

まだ出場未定の選手、オウバーリなども大変なトップアマであり、相手のタイ人も戦績だけはメイウェザー級ですから、楽しみです。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, バンタム, 不完全ガイド, プロスペクト

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2018 All Rights Reserved.