階級別 バンタム

2010年の邂逅/ライアン・バーネットVS井上尚弥

投稿日:

彼らは2010年に出会うはずであった。時を経て拳を交える事となるのだろうか?

10年無敗、ジェイミー・マクドネルの4年間に渡る王座は井上尚弥の手によってわずか112秒で終わりを告げた。マクドネルは強襲されて何が起こったかわからないようでした。井上を前にしてウォーミングアップする機会すらありませんでした。

井上
「WBSSからオファーを受けています。喜んで参戦します。さらに鍛えます。」

3階級王者、井上尚弥のWBSS初戦はWBAスーパー王者のライアン・バーネットが期待される。レギュラー王者、井上の上に君臨するスーパー王者である限り対戦は避けて通れない義務的なものだからだ。WBSS主催者もその方向で進めているようだ。26歳のバーネットにとっては大変な試練だろう。初回を乗り切れば幸いだ。

ライアン・バーネットは昨年10月に当時のIBF王者、ザナト・ザキヤノフに勝って統一王者となったが、試合はトリッキーなものでした。ザキヤノフを打ち負かしたわけではありません。レスリングによって勝機を見出しました。打ってはクリンチ、ホールディングで酷い試合でしたが、レフリーは注意せず、判定勝利を収めました。

個人的にはバーネットのボクシングは失格に値する。井上に対しても同じようなゲームプランで臨むだろうが上手くいくとは限らない。井上はザキヤノフと違って接近戦でもスピード、回転力があるので、バーネットが抱きつくまでに5,6発被弾してしまいかねない。

WBSSに参戦表明したバーネットには敬意を表さねばなりませんが、たとえ参戦を辞退したとしても、井上との対戦は義務である。バーネットは永遠に井上から逃れることは出来ない。彼はエマニュエル・ロドリゲスとの対戦を指令されるとIBF王座を返上しその戦いを避けたが、もうベルトはWBA一本しかないのだ。

バーネットがロドリゲスを避けたのは残念でした。もし井上に対しても同じことをしたらボクシングファンによって見下されるだろう。リー・ハスキンスやザナト・ザキヤノフとエマニュエル・ロドリゲスや井上尚弥では別次元です。

井上のスピード、パワー、出色のボディはWBSSでも優位であるが、IBF王者のエマニュエル・ロドリゲスに対してはどうだろう。ロドリゲスは井上にとって最難関のテストである。マクドネルのようにはいかないかもしれない。

ゾラニ・テテは井上のようなボディパンチャーと戦ったことがないので井上には何の問題もない。

by スコット・ギルフォード

以下はマクドネルの敗因と今後の話だったので割愛します。

初戦で井上VSバーネットというのが、WBSSの意向なのか、この記者の予想なのかはわかりませんがWBSSで進められていると書いてありました。であれば、レイマート・ガバリョなるWBA暫定王者はどうなるのだろう?

よく自分の憶測も、断定口調にした方が文章が締まると言われるが、この記事も多数意見、この記者の幼稚な憶測にすぎないだろう。

同じWBA同士で義務であれば、戦うのは義務であるのは納得ですが、バーネット、テテ、ロドリゲス、井上がシード選手であり、ノーシード選手と一回戦を戦う方がしっくりきます・・・

そして、ノーシード選手というのが、ルイス・ネリをはじめ誰なのかが気になります。サプライズがあるというのはカシメロか、あまりサプライズではないが・・・

レイマート・ガバリョの戴冠試合はいい動画があまりないですが、スピーディーなアマチュアあがりのサウスポー、ステフォン・ヤングを明らかに上回ってダウンも奪っており、なかなか強かったです。

山中や井上のスパーリングパートナーを務めた過去があるので、手の内はわかっており、あえて井上のいるトーナメントに出てくるか微妙であります。

ライアン・バーネットVS井上尚弥

時は2010年、世界ユース選手権inアゼルバイジャン 48キロ級

3回戦で井上はキューバのヨスベニー・ベイティアに敗れる(0-11)
ここを勝ったベイティアは準決勝まで進み、ライアン・バーネットに敗れる(3-5)
結局バーネットは決勝で地元のサルマン・アリザーデに敗れ銀メダル

という記録が残っています。

この大会では、リオ五輪に出て、京口の指名挑戦権をもつ、マーク・アンソニー・バリガなども出場していました。(バーネットに負け)

2人が直接対決した記録はないとおもいますが、その後

井上は、因縁のベイティアに再度敗れるも12-15と肉薄し
バーネットは決勝で敗れたアリザーデに雪辱しています。

王座の戴冠やザキヤノフとの統一戦では、妙にトリッキーでクリンチやホールドを多用する、退屈なスタイルでファンをがっかりさせたバーネットですが、その他の試合では正直に強い姿やパンチャーぶりもみせているだけに、アダム・ブースというトレーナーと取り組む戦術がイマイチな感じです。試合は酷いが勝利を優先するスタイルか。

今は圧倒的に井上に華がありますが、当時から井上のよきライバルであり、それを凌駕するほどのエリートアマチュアであった事は間違いのない事実です。

彼らはリングで対峙すべきなのかもしれません。

公式発表でもバーネットは出席しておらず声明文だけ。
テテがいくらベルファストで試合をしても姿を現しません。反応しません。
本音がどこにあるのかはわかりません。

WBSSではテテだけが
「井上を待ちきれない。今すぐ戦おう」
とコールしてましたね。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, バンタム

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2018 All Rights Reserved.