階級別 バンタム WBSS プロスペクト

選ばれなかった男/ミハイル(ミーシャ)・アロイヤン

更新日:

最後に残った男ともいえる。バーネットと井上はなぜこの男を選ばなかったのだろうか?強いから、怖いから、というよりはよくわからないからが真相だろうか。

どうせトーナメント、誰が相手だろうが、勝たねば意味がないという点で

バーネットは過去のビッグネームのドネアを
井上も残った元スーパー王者を

選んだだけだろう。

しかし、選ばれなかった事は事実なので、その不人気ぶりに注目、期待してみたい。ロシアナンバーワンの軽量級アマチュアのアロイヤンは第二のウシク、ロマチェンコになるのか、それとも初戦で南アフリカの長身パンチャーに屈するのか・・・

本名:ミーシャ・シュレノビッチ・アロイヤン
1988年8月23日
4戦4勝
アマチュア戦績:268勝12敗

【獲得タイトル】
2008年度ワールドカップフライ級優勝(アマチュア)
2010年度欧州選手権フライ級優勝(アマチュア)
2011年度世界選手権フライ級優勝(アマチュア)
2013年度世界選手権フライ級優勝(アマチュア)
WBCスーパーフライ級シルバー王座
WBAインターナショナルバンタム級王座

ロンドン五輪銅メダル
リオ五輪では銀メダルを獲得するも、ドーピングが発覚し失格、メダル剥奪となった。

アマで勝った知られた選手

ジョン・ジョー・ネビン
アムナット・ルエンロン
ノルディン・ウバーリ
カリ・ヤファイ
アンドリュー・セルビー
ロベイシ・ラミレス
ラウシー・ウォーレン

じっくりみたわけじゃないが、試合によりサウスポーだったりオーソドックスだったり、トップアマによくありがちなスイッチヒッターです。

すでにこのキャリアで

WBCスーパーフライ級シルバー王座
WBAインターナショナルバンタム級王座

をとっている。相手は無名でもなかなかいい選手にみえ、体格もいい。この体格差とパワー差にまだ適応できていないようで、バンタム級というよりは下の階級が適しているように感じます。
アマでも有名どころを破っていますが、モンゴルのニャンバヤルには2度惜敗しています。ニャンバヤルは170センチ以上あり、フェザー級で戦っていますので、体格差に苦しんだのではないだろうか?

高い技術とスピードで相手の隙を伺い、タイミングで踏み込みクリーンヒットを奪っていく。
大きな選手ではないので距離をとって逃げるだけでなく前に出てきますし、単発気味で当てることを優先してるのでダウンはとれないですが、一発が弱いわけでもなさそうにみえます。当ててからの詰めにプロとしての課題を残しているだけ。

少なくとも、かなり高度なディフェンス技術で被弾はなかなかしないですし、テテ相手にも踏み込んでいきそうな期待ができます。

この実績とテクニックとスピードでテテにどこまで対抗できるのか

勝ち負けという結果を超えて、アロイヤンだけでなくテテの全貌がみれる、攻略のヒントを探れる注目の試合になりそうです。テテはどうしたって出てくるところを狙い撃つスナイパースタイルでしょうから。

カリ・ヤファイ戦

不人気男が気になります。開催国?ロシアだしね。
選ばれなかった女の執念はすごいから・・・男ですが・・・

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, バンタム, WBSS, プロスペクト

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2018 All Rights Reserved.