階級別 バンタム

井上拓真VSペッチ・ソー・チットパタナ LIVE

投稿日:

両者のスピード、反応にどのくらい差があるのか、ペッチはワンツーフック程度なので攻撃はシンプルだがそれだけで48連勝してきた。兄のように瞬間大爆発をするのか地味に勝ちに徹するのか。

ポンサクレックの再来か、謎は謎のまま/ペッチ・ソー・チットパタナ

48勝33KO無敗、この男の実力が、尊敬しているというポンサクレック級であれば面白い。バンタム級のジョムトーンくらいの脅威であってもおかしくはない。せめて一人でも、1試合でも日本で戦ったキャリアがあれ ...

続きを見る

リアリティに欠けた男の真価/井上拓真VSペッチ・ソー・チットパタナ(タサーナ・サラパット)

疲れたので適当な要約ですが、井上拓真の事はもちろんの事、対戦相手のペッチ・CPフレッシュマート、いや、ペッチ・ソー・チットパタナ、いや、タサーナ・サラパットの事を取り上げて欲しい。48勝33KO無敗、 ...

続きを見る

123456789101112R
井上
10
10
10
10
9
10
9
9
10
10
10
9
116
ペッチ
9
9
9
9
10
9
10
10
9
9
9
10
112

1R

勝ちに徹すると言うわりには初回から攻めていく拓真
その気持ちを感じる攻撃をみせるも、凌いだペッチが前に出ているのが怖い。

拓真10-9

2R

意外とダッキングが上手いペッチに空振りも目立つ拓真だが
右がクリーンヒットしペッチが効いた。
ペッチは恐らくバッティングで左目尻カット
拓真は鼻をカット
ペッチのプレスはなかなか強いがパンチの正確性、スピードは拓真

拓真10-9

3R

ここでも有効打は拓真だが、ペッチが体力で押しているのが気になる。
やはり48連勝は伊達ではなく根性はある。

拓真10-9

4R

ここも当てて当てさせないのは拓真だが
ペッチの方が馬力、パンチがあるようにみえる

拓真10-9

5R

正確性は拓真だが
ペッチの方に力感を感じる

ペッチ10-9

6R

ペッチは恐らく拓真のパワーに慣れてきた。
ダウンを予感させるようなパンチはペッチの方にある。
拓真は上手くは戦っているがパンチに迫力がなくなってきた。

拓真10-9

7R

足を使ってリズムを変えようとする拓真だが
ペッチのプレッシャーに下がっているのでパンチに力感がない。
足で翻弄している形で追い足が鈍いペッチには厳しい展開だが
やや逃げにもみえるので

ペッチ10-9

8R

香川氏の言うように足を止めた打ち合いよりも
フットワークを使った方が強いカウンターが当たる可能性はある。
機能はしてるが、ペッチの前進に苦労している印象も与える。

ペッチ10-9

9R

公開採点により拓真のリードが確認されたので
このままのボクシングで行くのだろうが
ノックアウトは生まれなさそうにもみえてきた。
しかし右をクリーンヒットしペッチ効いた。

ペッチとしてはポイントでも負けているのでもう後がない。
玉砕に来るか、心が折れるか

拓真10-9

10R

ペッチが右になり勝負をかけてきた。
もうノックアウトしかない。

ペッチの前進がより強くなったが
拓真の左ボディが当たりやすくなり、効かせた。

拓真10-9

11R

ポイントで勝っているのでLASTに温存か
拓真がいなして軽打をヒットしていくのみ
ペッチは倒したいが当たらない。

申し訳ないけど具志堅の解説は中身がない。

拓真10-9

12R

勝ちに徹するのか見せ場を作るのか
いいところを見せつつあった拓真だが
ペッチの右、右アッパーを食い効いた

勝利は手堅いが最後はペッチのラウンドとなった。

ペッチ10-9

117-111×3

拓真

結局スキル、スピードの違いで危なげなく勝利したが
兄とは何が違うのかな、序盤を過ぎるとパワーが目減りし
KOが期待できない感じにみえた。

ペッチの方がパワーがあった。

やはり、今までの拓真らしさが残ったが
前途は有望だ。
おめでとうございます。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

関連ニュース

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, バンタム

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2019 All Rights Reserved.