階級別 バンタム

憚りながら/ルイス・ネリーの復権

投稿日:

憎まれっ子世に憚る、悪い奴ほどよく眠る、正直者は馬鹿を見る、ボクシングの世界も社会の縮図と同じである。

2019年は因縁のこの選手に落とし前をつけよう。
間接的にも直接的にも。そうでなけりゃ、前に進めない。

【永久追放男!】ルイス・ネリは復位してしまうのか? KOトップ10+α Top 10 Knockouts of Luis Nery

再びのバンタム級の栄光に向けて、ルイス・ネリーの2回目の滑走は、新しいチームで試みられるだろう。

メキシコの情報筋によると、無敗の元王者ネリーはPBCと契約する見通しです。ゼンファープロモーションを通じて、アル・ヘイモン率いるPBCと5試合の契約を結んだ。

PBCはこの契約についてノーコメントで公式発表はまだ行われていない。

ルイス・ネリー(28勝22KO)は、2016年にボクシングシーンプロスペクトオブジイヤーを受賞して以来、最高と最悪の時間、両方に耐えてきました。汚染された牛肉の摂取による禁止物質が露呈したネリーは部分的な謹慎処分を受けた。

処分が解除されると、アーサー・ビラヌエバを破ったネリーは山中との再戦を命じられたが、今度は3ポンド超の体重超過を犯し、タイトルを剥奪された。試合は実現し山中を再度倒したネリーだが、日本では恒久的な試合禁止という処分を受けた。

その後、復帰戦を2連勝した。

24歳のノックアウトアーティストにとって次の試合はPBCでのデビュー戦であり、アメリカデビュー戦というダブルの体験になるだろう。

山中との試合を除いて全てメキシコで戦ってきたネリーの試合は恐らく3月16日マイキーVSスペンスの前座に組み込まれることになるだろう。

ネリーの試合は、WBCタイトルマッチに直接結びつく肩慣らしになるだろう。先日、WBCはノルディン・ウバーリがライバルのラウシー・ウォーレンを下して1年間空位だった正規王者に就いたばかりです。

ウバーリは、昨年12月に暫定王者になった井上拓真との試合に向かうでしょう。ネリーは2019年に少なくとも2試合ほど消化した後に、この試合の勝者と戦うことを望んでいます。

ネリー
「6月頃に、ウバーリVS井上の勝者と戦うことについてWBCのマウリシオ・スライマンと話し合いをしました。」

どんな薬物違反者も体重超過者も時間が経てば何事もなかったかのように戻ってくる。

BOXRECでは彼がバンタム級の1位に君臨している。
この記事のコメントもネリーに好意的だ。

「この若い王者はスキルとクレイジーなスタミナ、パワーをもったホンモノだ。」
「汚染された牛肉を摂取しただけだ。ネリーは肉なしで山中を破壊した。」
「グレンブテロールがなくても強い。」
「パンテラは近いうちにチャンピオンになるでしょう」

などなど・・・
同じ薬物が検出されたカネロも今やボクシング界最大のマネーになっている。
グレンブテロールで作った肉体なのだ、今摂取してようがいまいが。

だからせめて個人の中では認めない、白じゃないという気持ちを貫くことしかできない。
メキシコでは潔白で、日本だけ毎回、薬物、体重超過というのはクレイジーだし、元々Sフライでダウンもしていた小柄な男なのだ。試合時の筋量、パワーはおかしい。

カネロも同様だ。

それでも、WBCのお膝元、軽量級の金の生る木はせっせと栄光を取り戻すべく水面下を走っている。ウバーリも拓真もいい王者だからこそ、この男の芽はきっちり摘んでもらわねばならない。

ただどうしてもパワーだけは、異様なネリーに分がありそうです。
ドーピングサイボーグだから。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

関連ニュース

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, バンタム

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2019 All Rights Reserved.