階級別 バンタム WBSS

人間だもの/エマニュエル・ロドリゲス解体新書その2

投稿日:

こんなブログをやっておきながら、すげぇなぁ、強いなぁだけで、じっくり選手を映像で検証、確認することなどあまりないのですが、この選手は別です。ナチュラルとはおもえぬフィジカルを身に着けたルイス・ネリを別にすれば、ノルディン・ウバーリだって穴の少ないいい王者だと感じます。

5月18日の決戦に備え、改めてロドリゲスのボクシングを解体してみる。
もう一回見直しただけですが・・・

朝4:30分とかですぜ、テイラーの前座だから余計に・・・

エマニュエル・ロドリゲス 解体新書

さて、まだ時間はあるが改めて遊んでみました。この遊びは何度も繰り返すだろう。そのたびに、動画のリンクがきれていなければ、このページから繰り返し視聴する。そんなページとして残しておきます。 この記事が気 ...

エマニュエル・ロドリゲス

ユースオリンピック金メダル
ユース世界選手銀メダル

19勝12KO

アマチュア時はフライ級で、日本人と絡みのあるアンヘル・アコスタや田中の指名挑戦者といわれるジョナサン・ゴンザレスらに勝って国を代表するアマチュアだったが、事故で全身火傷し、復活するも25日に江藤と対戦する当時17歳のジェイビエール・シントロンに敗れ(10-3)五輪の夢を捨てプロになった。

【VBOX】ボクシング動画アンテナ | ボクシング動画配信局の動画倉庫
【VBOX】ボクシング動画アンテナ | ボクシング動画配信局の動画倉庫

世界のボクシング動画

続きを見る

こういうKO集をみていると本当に文句なく上手い、強い。
相手とはスキル、反応速度が違うので自分から攻めて相手に手を出させ、カウンターや打ち終わりに的確に返していく。これが勝ちパターンかのように反復、訓練されている。上体を左に振ってパンチをはずしそのまま左ボディやアッパーからのカウンターというのが多く、右はショートストレートが多い。相手に打たせて的確に打ち返すカウンタースタイル。決して大振りしない。

見事なスキルと倒しっぷりだが、力量差がある相手を倒す過程はコピーのようにパターン化されている。

世界獲得となったポール・バトラー戦もその延長で、初回からパンチのボリュームとプレス、精度の高い返しのパンチでバトラーを圧倒し、2度のダウンを奪うも判定まで粘られた。拳の負傷があったというが、バトラーがロドリゲスの攻撃パターンに慣れたともいえる。慣れたけれど対処だけで精一杯。リズム、テンポについていけない。普通の王座獲得とは違い圧勝、別格、強い王者の誕生の瞬間だ。

そして、ジェイソン・モロニー戦

ロドリゲス曰く、自信過剰でモロニーを甘く見ており、たいした研究も準備もしてこなかったのが苦戦の原因と言っているが、ここでもロドリゲスのスタイルは全く同じ、下がらず前に出ながらモロニーの動きに合わせてパンチを返していくショートカウンタースタイル。後出しジャンケン的ながら返すパンチの精度とボリュームで倍返ししていくようなファイトだ。

格下を圧倒していたのと同じスタイルで、かなり熟練されているが、同じように圧倒できなかったのはモロニーの強さ、芯を外すディフェンス故だろうか?このレベルになるとカウンターがドンピシャ当たらぬ限りは倒せない。7つKOを逃しているようにダイジェストでは伝わらない、一発強打のタイプではないというのがみてとれる。そもそも大振りしないし力みもない。ショートカウンターをドンピシャで合わせてはじめて倒すファイターなのだろう。

個人的にはこの試合を観ても、モロニーがそこまでいい選手には見えない。
準備、コンディション、気合が相当だったのだろうとしか言えない。

ダイジェストでは100点に見えるロドリゲスのボクシングだが、スタイルがクセのように染みついており、井上尚弥に対してもこのスタイルを昇華させた状態、最高にキレキレでコンディションのいい状態で来るのがせいぜいだろう。少し慎重、手数少な目、ガード固めてバックステップ多めかもしれないが、大胆にスタイルが変わることはないだろう。つまり相打ち、井上が打ったら必ず打ち返してくる。ジャブがストレートのように強いという井上に対し、易々と打ち返せるのだろうか。

ドニー・ニエテスVS井岡一翔

のような一進一退のしびれる技術戦になるのではないか・・・
均衡を破る、最初のビッグショットはどちらの手に・・・

この試合と違うのは、スキルや精度はお互い高くとも、井上には一撃の破壊力、突破力、爆発力があるので、均衡が破れる、相手を効かす時が訪れるという事だ。この大会で優勝したらバンタム級でやり残したことはないとスーパーバンタムを視野に入れるロドリゲスだが、細身で肩幅も狭く、どうみてもフィジカル、パワー型のタイプではない。井上尚弥のボディ、左フックが捉えた時の耐久力は疑問符がつく。

この試合に備え、キューバや米国とかなり気合の入った準備をしているロドリゲスに対し、井上は熱海とかグアムに3日とかスケールでは大きく劣るが、東京五輪で金メダルを期待される堤(日本人で一番反応がいいと言っていた)とかKJカタラハを何度も呼んで調整している。このKJカタラハがよほどロドリゲス対策に好都合ないいパートナーといえそうだ。

練習、パートナーの質という点でロドリゲスに劣るものではなさそうだ。

一度英国を経験したロドリゲスに対し、はじめてのスコットランド、とにかく最高のコンディションで臨み、海外で浮足立つこともなく、集中して試合が出来れば井上の勝利を予想する。とにかくロドリゲスのショートカウンターを先に食わぬことだけだ。必ず相打ち、打ち終わりにコンビネーションを返してくるので、その対処力が鍵となろう。

拮抗した試合になろうとも、圧倒的な試合になろうとも、事故的な被弾以外井上が負ける要素はないと信じる。

どんな試合になってもこのエマニュエル・ロドリゲスというのは最上級の完成度を誇る相手だ。派手なKOで決勝に進んだドネアより経験もパワーも劣るけど、やっぱり反応が違う。まともに打たれない。攻防が淀みなく今が旬のバンタム級、しかし怪物的なスケールを持つ男ではない。

井上尚弥VSエマニュエル・ロドリゲス プレビュー | 【VBOX】ボクシング動画アンテナ
井上尚弥VSエマニュエル・ロドリゲス プレビュー | 【VBOX】ボクシング動画アンテナ

WBSS: NAOYA INOUE vs. EMMANUEL RODRIGUEZ | Super Series Championship Preview | BOXING WORLD WEEKLY T ...

続きを見る

井上尚弥 vs エマヌエル・ロドリゲス WBSS previous Fight Highlights the monster INOUE NAOYA VS EMMANUEL RODRIQUEZ | 【VBOX】ボクシング動画アンテナ
井上尚弥 vs エマヌエル・ロドリゲス WBSS previous Fight Highlights the monster INOUE NAOYA VS EMMANUEL RODRIQUEZ | 【VBOX】ボクシング動画アンテナ

井上尚弥 vs エマヌエル・ロドリゲス WBSS previous Fight Highlights the monster INOUE NAOYA VS EMMANUEL RODRIQUEZ ボクシ ...

続きを見る

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, バンタム, WBSS

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2019 All Rights Reserved.