階級別 バンタム プロスペクト

大きくなって帰ってきました。井上尚弥と賞金バトル/レイマート・ガバリョ

投稿日:

突然、WBA暫定バンタム級王者から名前が消え、心配されていた(個人的)大器レイマート・ガバリョですが、やはりスケールアップして戻ってくるようです。この王座には、ライアン・バーネットの故障で勝利したノニト・ドネアがいきなりスーパー王者となり、我らが井上尚弥がジェイミー・マクドネルを下した時からレギュラー王者であり、ガバリョを外してジェイソン・モロニーとリボリオ・ソリスが王座を争う、井上尚弥さえ特別枠に変えてレギュラー王座を争うだろうと意味のわからない展開になっていました。

フィリピンのバンタム級の強打者、レイマート・ガバリョはPBCとマニー・パッキャオのMPプロモーションズと契約した。ガバリョ(21勝18KO)は8月31日にミネソタ州ミネアポリスで行われるピーター・クイリンVSカレブ・トゥルアックスの前座でPBCデビューを予定している。

ガバリョ
「次のステップでPBC、MPプロモーションズ、及びシーン・ギボンズのパートナーになれてとても嬉しく思います。」

フィリピン、ジェネラルサントスシティ出身の22歳のガバリョはアメリカで2度戦ったが、主に母国のフィリピンで戦っていた。最近の試合はジュリアス・キサラウェと中村優也でいずれも早い回でノックアウトしている。

それ以前にガバリョはアメリカでステフォン・ヤングを下してWBA暫定バンタム級王座を獲得しているがこの試合はTV放映されていない。

現在ガバリョはオスミリ”モロ”フェルナンデスにトレーニングされており、PBCデビューの準備に向けて土曜日にロサンゼルスへ移動する予定だ。

シーン・ギボンズ
「彼のパワーパンチャースタイルはアメリカのファンに受けるでしょう。WBAの暫定王座を剥奪されたのはガバリョのせいではありません。WBAの正規世界戦のために再びチャンスを得て戦うべきです。」

ジョンリエル・カシメロやジャヤール・インソン、マーロン・タパレスなどがPBCのカードで試合をした事はあるが、PBCと契約を交わしたのはレイマート・ガバリョが初めてのフィリピン人になる。

PBCはルイス・ネリーやエマニュエル・ロドリゲス、亀田和毅、ファン・カルロス・パヤノ、ラウシー・ウォーレンなどのバンタム級リストを持っている。

なぜガバリョが暫定王座を外されたのか謎のままですが、中村優也というノーランカーと戦ったせいかな、恐らく金になりそうなジェイソン・モロニーとお膝元の1位、リボリオ・ソリスをWBAがなんとかしたかっただけだろう。

WBSS後のバンタム級

今週は明後日の井岡VSパリクテに集中すべきかもだが展望はもう書いた。井岡の方が速く上手いから、戦術を行使すれば勝てる・・・ この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツイートするTwitter ...

ここでも書いたように、素質、将来性を見込むと個人的には井上尚弥の次に評価しているバンタム級がガバリョだが、(まだエマニュエル・ロドリゲスが上かな)その去就が気になっていましたが、楽しみな大器として素晴らしい契約をしたようで一安心。(今でも頑固にエマニュエル・ロドリゲスが井上に次ぐ最強のバンタムだとおもっている)

WBSSが終われば井上尚弥もトップランクと契約かなどと騒がれていますが、トップランクは先駆けてライアン・バーネットやモロニー兄弟と契約をした。最終目的はもちろん井上尚弥だろう。

ガバリョが契約したのは、ルイス・ネリーの所属するPBC、記事の最後に、ルイス・ネリーやエマニュエル・ロドリゲス、亀田和毅、ファン・カルロス・パヤノ、ラウシー・ウォーレンなどのバンタム級リストを持っている。と書かれているが契約選手ではなく、試合の実績があるという意味だろうか・・・

いっそのこと、ルイス・ネリーをガバリョにぶつけて退治して欲しいが、ネリーは既にWBCのベルト狙いに入っているのだろう。

トップランクと契約したライアン・バーネットはまだ動きがない。
ゾラニ・テテは英国のフランク・ウォーレンで、あくまでカシメロが優先順位だろう。

軽量級のバンタムもいよいよ、本場アメリカや英国の大手プロモーションによる戦国バトルに突入だ。
全ては井上尚弥というアイコンを頂点にした賞金バトルと言えそうだ。

WBSSで優勝しても、トップランクで決まりじゃなくてもいいとおもう。
マッチルームのDAZNの方が将来性や潤沢な資金があるかもしれない。

いずれにしてもガバリョのPBCデビューで、8月31日、バンタム級の楽しみが増した。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, バンタム, プロスペクト

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2019 All Rights Reserved.