NAKED ブービートラップ/エマニュエル・ロドリゲス

重要なのは、ロドリゲスが、ネリーのトラップ(罠)に陥り、惨劇を繰り返すのを阻止したということだ。もうその手には乗らないよという陣営の冷静な判断に拍手を送りたい。

エマニュエル・ロドリゲスはルイス・ネリーをリングでレッスンする準備が出来ていた。しかしリングではなく、机上で交渉、決断することになった。

ネリーは計量で1ポンドオーバーし、割り当てられた2時間で再計量するのを拒否、かわりに、ロドリゲスに「迷惑料」を払うことで試合を強行しようとした。

ロドリゲス
「お金を払うことで見逃して欲しいという条件でしたが受け入れませんでした。お金のために戦うのではありません。私たちが払った犠牲、WBCバンタム級のエリミネーターのルールを順守する責任こそ重要です。ラスベガスに着いてから、ネリーはかなり重いと聞いていましたが、それは私たちの問題ではありません。本当に残念です。」

ネリーは、長期王者の山中慎介からタイトルを奪ったが、初戦では禁止薬物のジルパテロールが検出され、再戦では5ポンドの体重超過、最終的に3ポンド超過のまま試合を行い、勝利したもののタイトルを剥奪、日本から終身追放処分を受けていた。

さらに前戦のファン・カルロス・パヤノ戦でも1度目の計量で体重超過していた。

ロドリゲス
「私たちは試合がしたかったのですが、ネリーが既に何度も犯してきたことの連鎖パターンを止める時が来ました。過去、ネリーの対戦相手はこの罠にはまり、条件を受け入れてきましたが、今回私たちは、お金よりもこの試合のために払った犠牲を大切にしました。今後、彼が体重超過を繰り返さないことを願っています。

彼は、WBCのタイトルエリミネーターとして非常に重要な試合であることをわかっていたはずです。私はWBCのベルトが欲しいです。次の試合でタイトルマッチが出来ることを願っています。」

別の話によると1ポンド(約450グラム)ではなく800グラム超過だったとか、前日にレッドブルを飲んでいたとかのニュースがあったが、メディアは一斉叩きするので個人的にはそこに便乗しようとはおもわない。

重要なのは、ロドリゲスが、ネリーのトラップ(罠)に陥り、惨劇を繰り返すのを阻止したということだ。もうその手には乗らないよという陣営の冷静な判断に拍手を送りたい。

ルイス・ネリーには強い相手に勝つための秘密があったのだとおもう。

今回、有名なフレディ・ローチに師事していたというが、ローチは有名人で多くの有望なファイターを抱えほとんど面倒をみてくれないから意味がない。というようなことも別のファイターの記事で読んだことがある。アメリカの選手とトレーナーの関係などビジネスライクでそんなものだろう。選手に何があろうとトレーナーの責任ではないのだ。

それでも同胞に甘いWBCはネリーをバンタム級のランキングから外すだけで、海外メディアではこれを擁護しロドリゲスを臆病者扱いする記事や既にスーパーバンタム級で同じPBCのリゴンドーとの対戦に期待するような記事が見受けられるが呆れた話だ。感情論ではなく意図的なものなのだろうか。リゴンドーは井上を意識してバンタム級に下げる事も知らないのだろうか。(悲しいかなお金さえよければ、チャンスが他になければ階級関係なく受けそうだが)

エマニュエル・ロドリゲスには別のエリミネーターを用意する、直接ウバーリとの試合はさせないというWBC会長のコメントだが、戦わずして英断し、ルイス・ネリーに鉄槌を下したエマニュエル・ロドリゲスこそ勝者であり、次にタイトルマッチの機会を与えるべきである。

ルイス・ネリーのトリックを除去、解体してくれてありがとう。

”私たちは試合がしたかったのですが、ネリーが既に何度も犯してきたことの連鎖パターンを止める時が来ました。” Click To Tweet

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
What’s your Reaction?
最高
最高
0
いいね
いいね
0
ハハハ
ハハハ
0
うーん
うーん
0
がっかり
がっかり
0
最低
最低
0
コメント一覧
  1. もはやボクシング界はオクスリと牛肉の毒が回り腐敗してしまったかのようです。

    ドーピングが発覚したボクサーはそのままライセンスを永久はく奪で良いのではないでしょうか。

    キッチリと対応をすれば、その後にドーピングをする選手も減るはず。
    人気選手は金になるからドーピングもオッケーなんてやってるからズルズルと業界が腐敗していくと思うんですよね。

    0
    0
  2. ネリは徹底的にサスペンドされるべきだ
    団体がそうしないなら、真面目にやってるボクサーからにだ
    ロドリゲスは軽々にキャンセルしたのではなく、再起のための数ヶ月のトレーニングとキャリア、そしてファイトマネーを失った
    更には楽しみに待つファンを落胆させ、
    何故か試合から逃げたと言われなき誹りをうけることまで覚悟して
    だからこそ、今後ネリのために準備しようとするボクサーは激減するだろう
    それが共通見解になればいい

    0
    0
  3. 結局最後は磁力のあるスーパースターが
    「WBCは世界タイトルではない!」
    みたいなことを言ってたくさんの選手の賛同を得ない限り変わらない気がする。
    ここにいる方々はWBOが価値を持つに至った経緯を知っているはず。
    オスカー・デラホーヤというスーパースターが居なければただのマイナータイトル。
    多分逆も起こり得る。価値があるものの価値をなくすことが。
    尚弥さんがそれだけの政治力を持つことを期待したい。

    0
    0
  4. 外面だけは好青年のそれなんだよなネリ。
    井上を5回までにKOする云々だって
    スーパーフライ時代の井上がロマゴンに勝てるだのどうこう言ってたのと同じだし、テテとかウバーリに比べても挑発的なこと言ってるわけではない。

    暴行未遂起こしてるカネロや、刑務所の常連だったメイウェザーと比べても優等生然としている。
    だからどうにかして擁護しようって人もいるんだろうな。
    亀田京之介の対戦相手が体重超過して試合中止になったとき、プロ失格って亀田が憤ったときに
    体調が優れない相手に罵声を浴びせるとか人として終わってる
    って亀田を叩いてたファンがいたが、感覚的には同じようなもんだろう。

    0
    0
    • ボクオタは私生活の犯罪よりボクシングのルール違反のほうが重罪だと思ってそうだから仕方ない気がする。
      ネリのインスタを見てると自撮り好きで友達が多い軽薄なメキシコの兄ちゃんって感じ、試合中止も落ち込んでるようには見えなかったし人生で挫折したことがなさそう。

      0
      0
  5. ネリは一回派手にKOされたほうが本人の為にもいいような気がする、あまり頑張らなくても通用してしまうから必死で頑張らないんだろうし井上がネリの為にそんなことをしてやる義理はないから同胞で仲も悪くないナバレッテにKOしてもらうのが良さそう。

    0
    0
  6. もうロドリゲスのファンですねw個人的にバンタム級でタイトルを取って7回くらい防衛してほしいです。

    0
    0
  7. ネリお得意の強い相手に対する勝ちパターン。いつまでも通用すると思ってる所が子供染みています。

    0
    0
  8. 試合が無くなったのは残念ですが
    正しい判断だと思いますね
    ロドリゲス陣営は賢いと思います
    前にバンダム級の岩佐もこんな事がありましたよね。

    あとフリオセハの2キロほどの体重オーバーに
    ビックリしました(笑)
    これはこの日のネリより悪質だと思います
    そろそろ薬物違反と計量失敗への
    対処を統一化し依怙贔屓無しの対処をお願いしたい!

    0
    0
  9. まぁ、後ロドリゲスが拒否したのが当たり前なのが
    競技をしたことのある人なら分かるもんなんですが、減量について。

    ボクシングに限らず減量って色々な方法があるのですが、
    昨今認知されるようになった水抜きと呼ばれる手法だって、端的に
    水抜きという言い方をしてますが人によってプロセスが違います。
    筋肉を極力落とさないで数値だけを落とす目的にした前日の水抜きや、
    脂肪燃焼のために減量期間中に水をよく飲んで最後だけ数日かけて
    徐々に水分を排出する水抜き(ジェイコブスはこの方法です)があり、
    みんな自分の体と相談しながら、管理栄養士雇ったり
    ベストコンディションで当日を迎えるために悪戦苦闘します。

    きっちり仕上げるのがプロとして当たり前の話ですが、言うまでもなく地獄です。
    季節や加齢、試合までのトレーニング強度によって落ち方も変わるので
    毎試合同じ調整、コンディションを維持できる選手なんて滅多にいません。
    減量というのは基本的に体にダメージのあるものなんです。

    だから、ネリがことさら悪質なのは「限界まで頑張ったがどうしても落ちなかった」450gオーバーではなく、
    「最初から落とすつもりがなかった」450gオーバーなので、恐らく肉体的にほぼノーダメージでアドバンテージを握ろうとしたことです。比嘉が900gもオーバーしたのにヘロヘロでスタミナもなくパワーもなかったのは前者だからです(それでも900オーバーは明らかに適正階級ではないので本人と周囲の意識が低すぎですが)

    ロドリゲスもネリの前科も知ってるし減量をしなかったネリがどれだけパワフルかも理解しているのが1点、あとは本人のコメント通りルールを守らないやつを認めないのが1点、そしてきっちり仕上げてきた自分のボクサーとしての矜持がそれを許さない、という3点で男らしく試合をキャンセルしたのでしょう。

    ロドリゲスを非難するようなファンや記事を書くライターはごく一部でしょうが、そんな奴らはボクシングを見ない方がいい。プロレスのようなエンターテイメントを楽しんだほうがいいです。

    超長文失礼いたしました。

    0
    0
  10. 会長のコメント見る限りWBCはダメだなと思った
    ネリをランキングから外すって言ってももうすでにバンタムでは戦えないからバンタム級のランキングから除外しても全然意味ないしSBに入ったらSBのランキングに入れてしまうのではないかと心配してる
    その前にすぐSBで復帰するみたいな話があるのがおかしい
    すぐ復帰したとしても対戦相手は承諾するのかな
    金積まれたら戦う人いるかもしれないけど

    0
    0
  11. なぜ、ロドリゲスに挑戦権をやらないのか不思議でたまらない
    勝ってたら勝ったほうが挑戦してたわけだしウバーリ対ロドリゲスでいいと思う

    0
    0
  12. ロドリゲスが100%正しいですね。

    競技としては、計量失敗した時点で失格負けであるべきです。

    あとはビジネスの問題ですが、今回は、メインが別の試合(ワイルダー)だったわけですし、興行主でもない(山中は帝拳の興行)ですし、決断しやすかったのも確かでしょう。

    0
    0
  13. ウォーレンはネリ陣営のやり口を警戒して、負傷を口実に対戦を回避したのかも知れませんね。

    ウォーレンやロドリゲスのように、回避する選択肢の無かった山中やパヤノですが、不正ごとネリを叩きのめすつもりで対戦を受けた覚悟もあったと思います。

    多分、ロドリゲスにも同様の覚悟があったと思いますが、ボクシングの尊厳を選んだ結果なのだと思います。

    対戦拒否した事によるロドリゲスへの的外れな中傷は許せませんね。

    0
    0
コメントを残す

※相手に対し失礼だとおもわれるコメントは削除される場合がございます。

Boxingの関連記事
おすすめの記事