階級別 クルーザー プロスペクト

人気の理由/アーセン・ゴーラミリアンVSリャド・マーリー

投稿日:

直近に迫ったWBSSウシクVSブリエディス、クルーザー級のWBSSこそトップオブトップの争いで楽しいですし、かつてクルーザー級がこんなに面白く注目を集めたことはない。そしてそこに米国人はいない。

ヘビー級超体格、超合金がデカすぎて人材不足な分、アマの解禁もありこちらに魅力的な大型選手が集まったのだろう。名前こそクルーザー級だが、もはやここをヘビー級、ジョシュアやワイルダーの階級をスーパーヘビー級と認識している。

英国で盛り上がっているトニー・ベリューVSデビット・ヘイなどよりずっと興味深いです。

そんな中で、実力も知名度も一段下がるが、1位と2位の興味深い激突です。
3月24日フランスマルセイユ

両者ともに、かつて不完全ガイドで取り上げた選手です。
指名挑戦圏内ですが、1位と2位が戦う、王者はWBSSで4団体統一戦をしている。
この健全さが心地いいのでしょう。
皆、KO率高い剛腕ですが、誰かが逃げたとか口ばかりとか、そういう話を聞かない階級です。

世界ボクシング不完全ガイド クルーザー級

もう、燃え尽きています。ラストスパートです。 一番無関心な階級だったかもですが、ミニマムとかよりずっとましです。ハイレベルです。 構図はSミドルあたりから同じ。欧州、ロシア勢にアメリカやアフリカがどう ...

続きを見る

アーセン・ゴーラミリアン
Arsen Goularmirian
22勝14KO
30歳

アマの経歴等はよくわからないが、アルメニア生まれのフランス主戦場。
スピードはイマイチだが、ベテルビエフの弟かとおもうほど髭の似合う熊男風情です。
屈強さが売りなのは間違いありません。

リャド・マーリー
Ryad Merhy
24勝20KO
25歳


コートジボアール生まれのベルギー育ち。
タイソンのような体格だ。
あそこまでの速さと煌きはないが、パンチは強烈に強い。

個人的には、剛腕同士でもパンチがより強そうで、瞬間の速さのあるマーリーを支持します。
30歳と25歳、ボクシング年齢的にはゴーラミリアンが最盛期です。

両者ともに、ボクシングのメインストリームではない国なので
練習環境などが気になりますが、ここで勝ち抜いた者は確実に世界挑戦してもらいたい。
WBAでドルティコスとなぜかレベデフが王者に君臨している階級の1位と2位の激突でした。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-階級別, クルーザー, プロスペクト

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2018 All Rights Reserved.