階級別 フライ

炎 流れる彼方/フリオ・セサール・マルティネスVSマクウィリアムス・アローヨ

投稿日:

結局マルチネスの強引さに巻き込まれ、アローヨも炎の打ち合いをしていくだろう。
バチバチの結末や如何に・・・

COVID-19の流行により、マクウィリアムス・アローヨは2020年に活動できなかったが、2月27日にフロリダ州マイアミのハードロック・スタジアムで開催されるWBCフライ級王座獲得に挑戦することになった。

アローヨはメキシコの危険なパンチャー、フリオ・セサール・マルティネスと対戦する。

2010年にプロ転向した元オリンピアンで、経験豊富なスーツケースを背負って到着したアローヨが、3度目の世界タイトル獲得に挑む。

マルチネスは2019年にニカラグアのクリストファー・ロサレスを倒して王者となった。

アローヨ
「私はとても興奮していますし、夢は常に世界チャンピオンになることでした。今、私はミゲル・コット・プロモーションズという会社の下で、その新しい機会を得た。私はツールを持っているし、タフな戦いであることは分かっているが、今回のようなテストのための準備はできている」

アローヨは2016年にロマン "チョコラティート "ゴンサレスに挑戦し、大乱闘を繰り広げた。全会一致の判定で敗れたものの、プエルトリコ人ボクサーは大きな印象を残し、後にカルロス・クアドラスに判定勝利してボクシングの質の高さを証明した。

アローヨ
「パンデミックで戦うことができなかった間、ジムで活動していたし、体調を維持するためにボクシングの練習をしたいという人たちと一緒に活動していた。だから準備はできている。徹底的にトレーニングしてきたでのこのチャンスを生かしたいと思います。マルチネスが偉大なチャンピオンであることは分かっている。彼はアグレッシブなファイターで、尊敬の念を持っているが、リング上では別のものになるだろう。」

マルティネス(26歳)のプロ戦績は17勝1敗13KO。アローヨは35歳 20勝4敗、15KO。

アローヨ
「私はキャリアを通じ、多くの犠牲を払い、多くの仕事をしてきた。でも、ボクシングのおかげで今の自分がある。あと2,3年は現役でいたいが、今の使命はリングに上がって世界チャンピオンになることだ。」

マルチネスとアローヨの間の戦いは、サウル "カネロ "アルバレスの指名試合、スーパーミドル級タイトル防衛戦のアヴニ・ユルディリムとの共同開催となる。

カネロもうすぐなのかぁ。次がビリー・ジョーと言われているので、カラム・スミスもアヴニ・ユルディリムも空気のようなものだな。フランチャイズなのに、ユルディリムとの指名試合にこだわるのは何故?

メキシコVSプエルトリコ

歴史と伝統の戦いは26歳の新鋭と35歳のベテラン対決となった。

マクウィリアムス・アローヨも35歳。デビューの頃から知っている。アマ世界選手権覇者の鳴り物入りで将来を嘱望されていたが、未だに世界に届いていない。

アローヨの2敗は日本人によるものだ。

キャリア序盤、4戦目で連勝記録を伸ばすつもりが、アメリカを主戦場にしていた岡田隆志に判定負け。4回戦だからミスを挽回できなかったような試合だが、アマ世界王者はここで早速こけた。

そして井岡一翔のSフライデビュー戦、パワーで押すつもりが、井岡の洗練された技術とカウンターに出鼻を挫かれた。あの試合は井岡VS田中を彷彿とさせる原型のようなものだった。

その他の2敗は、最盛期のロマゴンに判定まで粘るも総合力で負け。アムナット・ルエンロンからダウンを奪うも僅差判定負け。これは結果が逆でもおかしくない内容だった。

世界王者まであと少し、不運も感じるキャリアだが、トップレベルで突き抜けたものがないのも事実。善戦マンなのだ。技術でダメならパワーでゴリ押す正直なファイトをするが、その愚直さが隙となり、勝ちきれない。

プエルトリカンにはこういうタイプの選手が多く、勢いはあるが緻密さが足りず大事な試合を落とす。対日本人との試合は最近コンプレックスとなっているのではないかというほど負けている。

それもこれも含め、プエルトリカンらしさともいえる。

対するメキシコの新鋭、フリオ・セサール・マルティネスは、小さなロベルト・デュランかと言われるほどの無尽蔵のアタッカー。ミニマムのように小さいが馬力、エンジンが凄まじく、正面突破で全てを破壊する規格外の王者だ。

この不敗のエディ・レイノソチームの軽量級の秘蔵っ子こそ、次世代のスター、

ウンベルト・ゴンザレス
ロマン・ゴンザレス
ファン・フランシスコ・エストラーダ

に続くような可能性を秘めている気がしつつ、疑問点も多い。

正面突破でスタイルが愚直すぎる。
スタミナやタフネスが凄いが被弾しすぎる。
ボクシングが愚鈍、単純
小さすぎる

などなど・・・

そして、若いが故の勢いで試合数は多いが、謎の病欠もまた多い。コロナ陽性ではないと言うが、一体どんな急病なのだ?

勢い、運、スター性は断然マルティネスだが、マクウィリアムス・アローヨとの対戦を経て、この小兵がレジェンドクラスの逸材なのかどうかが推し量れるだろう。

メキシコVSプエルトリコ

結局マルチネスの強引さに巻き込まれ、アローヨも炎の打ち合いをしていくだろう。

バチバチの結末や如何に・・・

私は断然、苦節のアローヨを応援している。

ここに当たり前のように、中谷潤人も加わっていかねばならない。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, フライ

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2021 All Rights Reserved.