階級別 フライ プロスペクト

王道の再起/田中恒成VSロニー・バルドラド

投稿日:

今度、プエルトリコで原隆二VSアンヘル・アコスタが決まったとどこかで読んだ。金のホープ以外はアウェーで不利な試合を組む日本のジムの体質が浮き彫り。チャンスを作っただけで偉大ともいえる。

勝利は全KOのアコスタ、原の勝機はKOしかない。しかし本当の世界挑戦といえる。頑張って欲しい。

そのWBOのアイドル、アコスタに唯一黒星をつけた田中の再起戦、3月31日にこの相手でアナウンスされている。

最初、フィリピンの国旗っぽいトランクスを履いているので、逆の選手と勘違いした。こっちのインドネシア選手の方がパワフルで積極的で、バルドラドは守勢を余儀なくされているが、よく見て、ガードが固く、ボディを軸に緻密なファイトをしての逆転。

Ronnie Baldonado
10勝7KO1分
21歳

これは、日本初登場、日本には来ない系、フィリピンの筋のいい部類の若手ボクサーだろう。
骨のあるフライ級テストマッチだ。
これをKOするのは結構難しいとおもわれる。

田中の場合、難敵アコスタを退け、田口との統一戦のステップに、TV向けに選んだとおもわれるパランポンに大苦戦したり、当の田口はメリンド戦で名をあげたり、やってよかったのか、今はやらないで正解だったのかもわからぬし、フライ級でもイケるのかどうかもわからない。

タイ人の強打にあれだけ両目が腫れるのは減量の影響もあるだろう。少しは楽になるこの階級で力を存分に発揮することを願う。

今でもやはり、見た感じの格付けでは
井上尚弥に次いで2番手である。

そして、海外デビューは望めずとも、強敵と強気なマッチメイクの姿勢は好感が持てる。
ちゃんと強豪に向かっていくので負ける日も来るかもしれないが、彼は世界に誇れる強い王者になるだろう。

岩佐・小國・田中・パランポン

なんとか観戦する事ができました。グダグダ感はなくいい試合でした。 この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツイートするTwitter で Follow pukubox

続きを見る

田中VSアコスタ

一番見たかった試合、無事みれました。録画もしました。 この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツイートするTwitter で Follow pukubox

続きを見る

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, フライ, プロスペクト

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2018 All Rights Reserved.