スポンサーリンク



階級別 フライ

比嘉大吾VSモイセス・フエンテス

投稿日:

民放テレビ観戦なのでライブは出来ないとおもいます。試合後感想を。

久々の沖縄の世界王者で師匠は具志堅
沖縄で視聴率50%を目指す

というのはいい事だとおもいますが

神戸の真正ジムしかり、地元で盛り上がれば、地元民のヒーローになればそれで十分みたいなところが、日本と世界の大きな乖離であるとおもうとちょっとガッカリ。

一部でもう落ち目と言われているフェンテスの奮闘に期待します。
田中に負けて次の試合も負けました。
激しい打ち合いになるでしょう。

1R

比嘉が前に出ていく。
出て行かずともフェンテスの方から来るという解説どおり
フェンテスが右を当てる。

ボーっとみてたのでよくわからないが
やはり比嘉は様子見などせず初回からエンジン全開なようだ。
フェンテスも今回ばかりはコンディションに問題はないだろう。

何度か比嘉のパンチがカウンター気味に入り、フェンテスよろける。
決着は早そうだ。

比嘉が上を打ってフェンテスを起こしてからの右ボディストレートでテンカウント。

1ラウンドで終わってしまいました。
比嘉、強かったけどフェンテス、当然休んで再開するとおもっていたのになぁ。

何が強いのか
何が弱いのか

全くわからず終わってしまったが、今急激に強くなっているんだろう。
体重と相談しながら、今後の方向性を模索して欲しい。

何が当たって倒れたかも覚えていないと話していたが、それだけ集中し、夢中で、倒すのみの覚悟で臨んだのだろう。

相変わらず、不明点は多いが、急成長している今なら、フライ級最強と言われるベテランのドニー・ニエテスを倒し、ライバ多きSフライでも、今日見たアンカハスにも通用するボクサーに化けるのかもしれない。

個人的には、どちらかというと雑草な比嘉が、輝かしいアマチュア歴を誇るテクニシャン、2位のアンドリュー・セルビーと戦ってみて欲しい。トップアマのエリートに勝てばもう文句ない。

全くタイプは違うけれど

今のルイス・ネリが比嘉の状況に似た感じで
KO狙いで自信に満ちているとおもうので

冷静でスロースタートの山中にも
比嘉のような強襲があってもいいとおもう。

若手とベテランの構図だと波に飲み込まれるような事も起こるから。

おめでとうございます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-階級別, フライ

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2018 All Rights Reserved.