階級別 フライ プロスペクト

野性の証明/比嘉大吾の可能性

投稿日:

早い結末で未だ全貌が把握できないボクサーであるが、ロマゴンマニアであったという彼はむしろ小型タイソンのようという声もきかれる。個人的にも同感だ。彼の今後について無責任に考察。

過去の日本人ボクサーにあまりみられないコンビネーションでフェンテスを下した比嘉。フィニッシュは、左ボディ、左アッパー、右ボディーストレートだった。

基本を重んじる日本人ボクサーはあまり左のダブル、トリプルを打たない。打てない。ワンツースリーフォーと左右交互に打つのが定石だ。しかし比嘉は感性のまま、特に左ダブル、トリプル、それ以上に連射する。

ロマゴンよりはタイソンのようだとおもうのは、全盛期のタイソンは宇宙人のごとき強さだったが、セコンドの指示通りに動いたり、頭脳的に相手を分析するというよりは、感性のおもむくまま、反射神経、身体能力に任せて戦っていたと感じるからだ。

「何が当たって倒れたかもわからない」と言っていたように、比嘉も練習で磨いたコンビネーションが、そのまま出ただけのように感じる。狙って打ったコンビネーションではない気がする。

その後、「右ボディが当たったが、あれで倒れるとはおもっていなかった」と振り返っている。

フィニッシュ以外も、比嘉のボクシングは、受け身ではなく、なんとなく相手の出方がわかったら様子見に時間をかけず、もう普段の練習を信じて、己の感性の赴くままエンジン全開で攻め続けていく。

どんなパンチで、どこを狙うとかでなく、打てば相手に隙ができ、コンビネーションで崩していけば、2発目、3発目、それ以降のパンチが必ず当たる、結果オーライ。

恐らく、タイソンのようなワンパンチフィニシャーではなく、連打型だろう。テンポが早くて、変則的、型にはまらぬ連打を防いでいても、次のパンチが意外なところから出てくる。

フェンテスの食ったボディは、それ自体が強烈というよりは、全く無防備な状態で食ったから効いたのだろう。アッパーで起こされて浮ついたところにさらにあんなパンチが入ったら腹に力なんて入れられない。

ボクシングは科学だとどんなに技術論が進化しても、根本は二本の腕による殴り合い、倒し合い、ルールあるケンカなので、こういう型破れで狂暴で計算できないボクシングというのも、とても魅力的だ。リカルド・ロペスやワシル・ロマチェンコのような極度に完成された様式美と対極をなすものだが、誰をも倒す可能性を秘めた怖さがある。

未だ、比嘉の全貌がわからないと書き続けているのは、いいところばかりで、KOで圧勝ばかりだからだが、

連打やインファイトが封印されて試合が後半になった時や
自身が効いた時、スタミナがきつくなった時
ディフェンス面

このボクシングがどうなってしまうのかが全くわからないからである。トマ・マソンは中盤まで生き延びたがほぼブロックのみで削られており、効果的な攻撃は出来ていなかったので判断できない。

振り返れば、タイソンも、反復練習とセンスによるダッキングとウェービング技術が優れていただけで、華麗なディフェンス技術などなかった。

スポーツ、とりわけボクシングは結果が全てであり、KOはファンを魅了する。であれば、比嘉のようなファイトはとても貴重で、これができるなら一番なのかもしれない。タイソンというよりプライヤーかな。

比嘉の今後だが、スポーツ紙に

年間4試合を予定、次は指名挑戦者、ムハマド・ワシーム、海外進出もいいし、田中恒成とやっても面白い

と書かれていた。
期待させる展望だ。

ワシームはパキスタン発の世界王者を目指す元トップアマ。
わずか8戦で世界1位である。

しかし、韓国プロモーターが金欠で練習環境も含め、悲惨な状況のようだ。
契約問題で揺れている、厳しい立場に置かれた状態。

1位ワシーム
2位アンドリュー・セルビー

どちらもトップアマ、特にセルビーは英国ホープでオリンピアン。アマでメダル多数。環境も潤沢だ。遠い過去にはロマチェンコとも戦っている。

そんな彼らをもう比嘉はノックアウトできるとおもう。
井上尚弥にしてもそうだ。オリンピアンのカリ・ヤファイなどKOできるだろう。

あとは、想像、妄想でなく、実現、結果でそれを証明して欲しいというのがマニアの望みである。アンドリュー・セルビーなどは、非力なので全然怖くないはずだ。そのテクニックを肌で感じつつ、乗り越える事で己の強さも自信も、世界的評価も増す、恰好の相手だ。
彼らを下してSフライに進出するのなら、最高の箔がつくといえる。

懐かしい過去記事

比嘉大吾VSディアレ

動画があったので記録 いい選手だなぁ。 この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツイートするTwitter で Follow pukubox

続きを見る

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-階級別, フライ, プロスペクト

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2018 All Rights Reserved.