階級別 フライ プロスペクト

もう一人のブギーマン/田中恒成

投稿日:

プエルトリコのホープ、アンヘル・アコスタを下して、本格派王者を予感させた田中。田口との統一戦を公言するも、楽な防衛戦として組んだパランポンに両目眼底骨折させられ
長期ブランク、当の田口はメリンドとの試合を制し、統一王者になった。

数奇な運命というべきか、田口VS田中は実現しなかったが、予想ではハイセンスでアマキャリア豊富な田中の評価が高かったとおもうが、田口は想像以上に強く、あのタイミングで実現しなくてよかったのかもしれない。

その後減量苦から、田中は3階級目を目指しフライ級で再起する事になったが、ここには、比嘉、木村と2人の日本人王者が君臨している。

日本人王者との島国限定の戦いに向かうのか、もう一人の王者はベテランの第一人者、ドニー・ニエテスだが、彼は米国でスーパーフライに参戦し、レベコを倒し階級アップでキャリアハイライトを迎える事を公言した。ニエテスの抜けた王座狙いが順当なところか

田中恒成VSロニー・バルドナド

再起にしては危険な相手を選んだものだが、ダウン含む、圧倒でレフリーストップ勝ちで順当に帰ってきました。
相手が打たれ強いのか、ボディ以外はパワーは大したことがないのか・・・

個人的には、いまも、日本人ナンバー2は田中である。
その後に田口か比嘉が続く・・・

あまり大柄とも肉厚ともいえず、線が細くみえる田中だが、減量は過酷を極めているようで、試合時は毎回微妙なコンディションのようだ。なんとなく立ち上がって相手を見極めて対処するという感じ。なので、強者に圧倒的なパフォーマンスもすれば格下に苦戦もする。まだ己のボクシングという軸がない。

この選手の最大の武器は図太い精神力とスピードで、危険なタイミングのカウンターもガンガン打つので印象的なKOも生み出すが、強いパンチを食う危険性も孕んでいる。

名古屋ではどうしたって、本格的な海外進出や、民放メインをはるのも難しい状況かもしれないが、大阪の人よりよほどエキサイティングで華麗なファイトが出来るし、強者に挑む覚悟もある。常勝とはいかないかもしれないが、観て損のない熱く激しくハイレベルな試合を披露してくれる最高の逸材だ。

今はこの階級がフィットしており、さらなる増量は好ましくないとおもうので、ここで一時代を築いて欲しい。

比嘉VS田中は恐らくないとおもわれる。
木村か海外強豪か・・・

私は田中の性格、発言、ボクシングが好きだ。
見守っていきたい。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, フライ, プロスペクト

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2018 All Rights Reserved.