階級別 フライ プロスペクト

日陰の実力者、運命の時/モルティ・ムザラネVSムハマド・ワシーム

投稿日:

マニアとしてはこの試合が楽しみです。トップアマの確かなる下地とハングリーな夢に賭けるワシームと、地味ながら恐らく大変な元名王者の対戦です。

7月15日にマレーシアのクアラルンプールで行われるルーカス・マティセーVSマニー・パッキャオの前座には多くの注目試合があります。そのうちのひとつ、元IBFフライ級王者のモルティ・ムザラネは、パキスタン初の世界王者を夢見るムハマド・ワシームと空位のタイトルを争う。

ムザラネ(35勝24KO2敗)はワシームが13歳だった2000年後半からプロで活躍していました。長いキャリアの中で2008年にノニト・ドネアに負傷判定で敗れるという不運の一年後にIBFのタイトルを獲得しました。

フリオ・セサール・ミランダをはじめ著名な選手を破り4度の防衛に成功しました。その中には現WBOバンタム級王者のゾラニ・テテを5ラウンドストップした試合や、2階級王者となるジョンリエル・カシメロに5ラウンドフック一発でTKOした試合もあります。イタリアやパナマの相手に防衛を重ねるも、タイのアムナット・ルエンロエンとの対戦交渉が難航し王座を返上、不活動状態になりました。

18カ月を経て、ムザラネはリングに復帰し6連勝をしていますが、4年間で試合数は激減しています。

ヨハネスブルグのホットボックスジムでコリン・ネイサンの下、トレーニングをしているムザラネは、韓国を拠点にするムハマド・ワシーム(8勝6KO)に対する勝利が不可欠であることを知っています。

ムザラネ
「35歳ですがまだとても新鮮な気分です。20歳の頃と変わらぬトレーニングをしています。年齢は単なる数字です。自分を35歳だとさえおもっていません。フレッシュで強いと感じるのにどうして続けない理由があるのでしょう?」

ヨハネスブルグのハードパンチャーはワシームの素早いフットワーク対策にLフライ級王者のヒッキー・ブトラーやシンペウェ・コンコやディーレイ・クリエル相手に練習しています。無敗のスーパーバンタム級ホープのルドゥモ・ラマティやフェザー級のレラト・ドラミニとも練習しています。

若いトレーナーであるコリン・ネイサンはあらゆるハプニングに動じる事無く、戦いに集中してきました。イベントがキャンセルになる可能性が絶えずありましたが、冷静に準備してきました。

ネイサン
「実際、心配はしていませんでした。物事は常に動き続けます。モルティの事も懸念することなくトレーニングに集中していました。モルティは今いわゆる”ゾーン”に入っており、素晴らしいパフォーマンスで再び王者に返り咲く事を信じて疑いません。」

ムザラネはリングから遠く離れた呪縛を終わらせることにエキサイトしており、以前持っていたタイトルを取り戻すことで「カムバックオブジイヤー」に名前を残すことに自信を持っています。

ムザラネ
「ボクシングファンに素晴らしい試合を約束します。いい試合をしてワシームに勝ち、新たなベルトを取り戻します。ワシームは素晴らしいボクサーです。ハイレベルにフィットしています。しかし同時に弱点も見出しましたので打ち負かします。いいコンディションで準備は整っています。試合後に新王者になります。」

地味な存在のまま消えたムザラネでしたが、ドネアのフライ級無双時代に唯一不気味に対抗し何かを感じさせたのも事実、その後王者となり、前述の通り、後の王者のテテやカシメロを下しています。とても小さなファイターですが大変な実力者であったのだとおもいます。スタイルはブロックを固めプレスをかけ重いフックで相手を倒すパンチャーです。今のアイザック・ドグボエに似たスタイルでしょうか。

対するワシーム、金メダルまではいきませんがトップアマであることが見ただけでわかる俊敏華麗なエリートボクシングです。プロになった事で国からの援助を切られ、プロでの大成を夢見たら契約先は財政難で困難な状況に置かれた、今まさに祖国なき孤独なファイターを地でいってる感じの気の毒な選手です。が、チャンスは掴みました。勝つと負けるでは人生が180度変わる運命の瞬間でしょう。

どちらも応援したい気持ちの試合です。

愛しさと切なさと怖いもの見たさと/マニー・パッキャオVSルーカス・マーティン・マティセ 他

7月15日迫ってきました。新しいボクシングの波、経済の活性化著しいマレーシア興行です。今までこの試合に触れてこなかったのは複雑だからです。 この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツイートす ...

続きを見る

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

関連ニュース

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, フライ, プロスペクト

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2018 All Rights Reserved.