階級別 フェザー プロスペクト

天心よりも堤駿斗

投稿日:

世間の話題とは真逆ですが、私にとっては堤駿斗の方が気になります。

相手は2011年、2013年、2015年に世界タイトルを獲得したキューバのアマチュアボクサー。2011年、2015年、2019年のパンアメリカンゲームで金メダルを獲得し、2012年、2016年、2020年のオリンピックで銅メダルを獲得。

https://boxrec.com/en/amateurboxer/850291
https://boxrec.com/en/amateurboxer/850291

続きを見る

堤駿斗

2016年、高校2年生の時に世界ユース選手権フライ級(52kg)で優勝。世界ユース選手権を日本人で初めて優勝した
2017年、高校生で全日本選手権を制した
2018年8月25日、アジア競技大会のバンタム級(56kg)に出場。1回戦でモンゴルの選手に敗れた
2020年3月3日、東京五輪アジア・オセアニア予選のフェザー級(57kg)に出場。1回戦でフィリピンのイアン・クラーク・バウチスタに敗れ、五輪出場枠を獲得出来なかった
2021年11月、セルビアのベオグラードで開催されたAIBA世界ボクシング選手権のライト級(60kg)に出場。3回戦でロシア人選手に判定負け
2022年4月13日、志成ボクシングジムに入門し、プロ転向を発表
2022年7月13日に大田区総合体育館にてWBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ、井岡一翔 VS ドニー・ニエテス戦の前座にて東洋太平洋フェザー級5位ジョン・ジェミノ(フィリピン)相手にA級(8回戦)デビューが発表された

第70回国民体育大会少年の部フライ級優勝
第28回全国高等学校ボクシング選抜大会フライ級優勝
平成28年度ASBCアジアユース選手権フライ級優勝
平成28年度全国高等学校総合体育大会フライ級優勝
AIBA世界ユース選手権フライ級優勝
第29回全国高等学校ボクシング選抜大会フライ級優勝
平成29年度ASBCアジアユース選手権バンタム級優勝
平成29年度全国高等学校総合体育大会フライ級優勝
第72回国民体育大会少年の部バンタム級優勝
第87回全日本選手権バンタム級優勝
第1回山根杯争奪戦バンタム級優勝
コンスタンチン・コロトコフ記念国際トーナメント57kg級優勝
第89回全日本選手権57kg級優勝

そんな堤駿斗や井上尚弥でさえ、五輪出場とは無縁だった。

堤駿斗の弟が

驚愕の日本アマチュアキッズたち。吉良大弥、堤 麗斗

個人的にはオリンピック開催は反対だが、アスリートには罪はない。 この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツイートするTwitter で Follow pukubox9 Comments*En ...

世界ユース選手権で優勝!「兄弟・金メダリスト」を果たした。
サウスポーのガッチリ型でエネルギッシュで力強く、よりプロの適正を感じたが、シニアでは苦渋を味わったりもしている。
パリ五輪を目指しているそうだ。

堤駿斗
小学5年から始めたキックボクシングでは一緒のジムに通っており、「今は刺激をもらいっぱなし」という那須川はボクシング転向が決まっている。「階級が合えば、どうですかね…。オファーが来たら? やりたいです(笑い)」とひそかに対戦を夢見ている。

プロデビュー戦の相手は

ジョン・ジェミノ

こっちの方が私にとっては重要で、期待してやまない。
もちろん、彼らと拳を交えた数々のプロ転向組も応援している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, フェザー, プロスペクト

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2022 All Rights Reserved.