階級別 バンタム フェザー プロスペクト

忘れそうな絶対王者/ゲイリー・ラッセルJrVSジョセフ・ディアスJr

投稿日:

マニアとして興味深い2つの試合が決まりそうです。

ゲイリー・ラッセルJrVSジョセフ・ディアスJr

有力なのはキース・サーマンの復帰が予定されている5月19日のようです。

ラッセルは全階級屈指のハンドスピードを持ち、パンチ力もある有力な王者ですが、非アクティブです。3年間で3試合しかしておらず合計13ラウンドだけです。

対するジョセフ・ディアスは米国ロンドン五輪代表でここまで26勝14KOです。前戦で元王者のビクター・テラザスに3ラウンドKOで遂にラッセル挑戦を呼びかけました。

ディアスほどの逸材が26戦、しかも最近の相手は前哨戦としては十分な相手ばかり。挑戦資格は十分です。日本なら10戦以内で世界戦が組まれるほどのホープです。

しかし相手がラッセル。出来れば、別の王者に挑戦しすんなりベルトを巻きたかったことでしょう。けれどサンタクルスVSマレスなど、どうでもいい試合が決まっており他に相手がいない状況で遂に強い王者に挑みます。

ラッセル
「ディアスがビルから飛び降りるというならやってみてください。地面に落下して飛び散る事になるでしょう。この試合がまさにそれです。受けて立ちましょう。」

やっと決まったか、これで2018年も安定の年一回か・・・

あとは暫定王者のヘスス・ロハスの試合も気になります。個人的に好きな昭和的なファイターです。

3月23日、もうすぐ。WBO NABOバンタム級タイトルマッチ

マイク・プラニアVSファン・カルロス・パヤノ

プラニアは14勝7KOのフィリピンのホープ
フィリピンのトップアマ出身で国内金多数、海外でも活躍した選手だそうです。

パヤノはご存じ元WBAスーパー王者。
モレノに勝ったが、ラウシー・ウォーレンとの再戦でベルトを失った。
こちらも五輪出身の天才肌、クールなボクシングもダーティーなファイトもする。
しかし今年34歳の古豪でもある。

パヤノにとってはラストチャンスに近いかもしれない。
ウォーレンとの2試合はいずれも引き分けのような内容だったのでこれだけで過去の人では切ない。日本人との絡みはなかったが、結果的にモレノや山中より長く現役でいるわけだ。応援したい。

フィリピンホープは大変筋がいいが、ステップアップの試合をなかなか乗り越えられない。しかし確実に本場の舞台でレベルアップしていてうらやましい。

この試合はもう一人のホープ、レイマート・ガバロVSステホン・ヤングの試合と同じ興行で行われる予定です。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

関連ニュース

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, バンタム, フェザー, プロスペクト

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2018 All Rights Reserved.