階級別 フェザー

ヘスス・ロハスVSジョセフ・ディアスJr LIVE

投稿日:

ゲイリー・ラッセルに負けた直後にこのチャンスを掴んだディアスに何がなんでも世界王者にさせたいアイドル性を感じますが、体重超過の失態を犯してしまいました。ディアスが勝ってもタイトルの移動はないそうです。この試合はデラホーヤの試みでFBでライブ放送される見通しです。

Thumbnail of Golden Boy Fight NightGolden Boy Fight Night
Golden Boy Fight Night
Golden Boy Fight Night

こんなミソがついた試合でも注目してしまうのは、雑草臭のするロハスファンだからです。今回もディアスのホームでスキルやムード、オッズはディアスでしょう。ロハス自身、自分はコンプリートファイターであり判定に勝敗を委ねない(KO決着する)と言っています。サンタクルスと戦いたいけどいい返事はもらえない。でも勝っていけば自ずとビッグファイトは来るだろう、と言っています。

洗練されたテクニックとは無縁のロハスの根性ファイトスタイルですが、ホセ・アンヘル・ベランサに負けて以来10年間無敗です。(ベランサには雪辱してます。引き分けはあります。)自分がフェザー級のベストと言うつもりはないが、この階級では負けない気がする。ディアスに勝ってアピールしたいと語っています。トップアマとプロのたたき上げの構図です。

Joseph Diaz Jr.

Joseph "jojo" Diaz Jr has a tough opponent Saturday night when he takes on WBA Featherweight champ Jesus Rojas. #RojasDiazJr LIVE, and only on Facebook.

Golden Boy Fight Nightさんの投稿 2018年8月10日金曜日

今後どうかわからんがこれが無料で観れるという試み、海外は進んでいるなぁ。

地元だからか減量失敗のディアスに大きな声援

1R

スピードのディアス
しっかりガードで前に出るロハス
見栄えはディアスの方がいいが
ロハスの方が重いパンチで効かせている気がする

ディアス10-9

2R

やらかしてしまった(体重オーバー)ディアスは
何をモチベーションに戦うのか、ベルトは無理でもエリートにとり負けれぬ戦いだろう。

スピードと回転力で見せ場を作るのはディアスだが
ジワジワプレスをかけて重いパンチを放つのはロハス

見栄えでディアス
与えるダメージでロハス

ディアス10-9

3R

ロハスとしてはいつも通りの展開だろうが
ディアスはガードが堅いので打ち破れるかどうか。

常にロハスがプレスをかけて攻勢だが
ディアスは時々回転力で見せ場を作る。

ロハスの地味な攻撃につける

ロハス10-9

4R

技術のあるディアスにつけるか
地味でも常にボディを中心に攻めているロハスにすべきか
迷う展開。

ディアスの方が見栄えがよくガードも固いが
ロハスには効かない感じなのだ。

ディアスのガードを破ることができれば
ロハスの馬力が勝りそうだが

ロハス10-9

5R

突然ライブが切れた。

7R

復活したが採点が困難に

ディアスは相手を倒すパワー、凄みにかけるが
ガードが固くて自分もダメージを抑えた戦い方をするので
崩れにくい。

ディアスが少し技術で翻弄している展開になった。
ロハスは愚直すぎてテンポについていけない。

ディアス10-9

8R

ロハスのプレスと重いパンチに守勢のディアス。
速い連打でごまかすも精度もパワーも足りない。

後半はディアスがロハスをロープに詰めてまとめ打ちも
これはロハスがマレロを倒した時の展開に似ている。

見栄えのディアスか
重厚さのロハスか

見方がわかれる試合だ。

ロハス10-9

9R

ロハスにポイントを与えるには
見栄えが悪く愚直すぎて難しい。
しかし馬力で押しているように見える。

会場は

77-75でディアス。

見せ場が欲しい。

ロハスの馬力が勝ってきたかとおもうと
ディアスがコンビネーションでまとめる。

しかしこれは頑丈なロハスにダメージを与えるほどではない。

自分がロハス好きなのでこっちにつけてるだけともいえる。

ロハス10-9

10R

ロハスのスタイルはダウンシーンなしの判定になると
とても凡戦にみえてしまう。

しかしディアスのガードは固い。
ディアスにロハスを倒すパワーはない。

難しい。

会場は

87-84でディアス。

回転力のごまかしでディアス
パワーでロハス。

ポイントではディアスかな。

ディアス10-9

11R

これはダウンシーンがないとディアスになっちゃうかな。
ロハスはKOやダウンがないと見栄えで劣る。
馬力、体力は上回っているのだが・・・

ディアスの能力の底もこんなものだろう。
スキルとスピードでラッセルに劣り
パワーでロハスに劣るものの

アマテクと固いディフェンス、要所をおさえて負けにくい。

でもこのラウンドは馬力で上回ったロハスかな

ロハス10-9

12R

両者の限界がみえる試合となった。
馬力とタフネスのロハス
それをなんとか捌くディアス

ロハスの方が強いがディアスの方が上手い。

この試合はディアスが勝っても王座の移動はない。
が、恐らく判定で地元のディアスなのだろう。

個人的には愚直に攻め続けたロハスを買うが・・・

ディアスにはラッセル戦でも倒されないガードがあるのが厄介だ。

ロハス10-9

たぶん判定でディアスかな。
見栄えをとるか、パワーをとるかで見方が変わる。

解説は
116-112でディアス

めちゃ早口だったが

117-111
115-113
116--111

ディアスのユナニマス勝利。
しかしベルトの移動はない。
引き分けでいいような試合。
ロハスは命拾いしたといえるのかな、判定じゃ厳しいスタイルだが馬力、タフネスはすごい。
負けてもよくしゃべり笑っている。

ディアスは減量に失敗したけど帰ってくると言っている。
スーパーフェザーじゃダメだろう。

なんとか見れたフェイスブック無料ライブ。
しかしこの程度で止まったり不安定なのはサーバーの限界か。

試合もイマイチ盛り上がりに欠けるものになってしまいました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, フェザー

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2018 All Rights Reserved.