階級別 フェザー プロスペクト

オスカー・バルデス対カルミネ・トマゾーネ LIVE

投稿日:

人気者バルデスが再び勝利の道を突き進むのか、イタリアの匠が待ったをかけるのか、元オリンピアン同士の対戦

小柄なバルデスよりトマゾーネは小さいのだな。

アヴェリーノの狼/カルミネ・トマゾーネVSオスカー・バルデス

コメント常連のマイティさんのお言葉 「米国のスポーツ人気は実質ヒスパニックが支えてると言っても過言では無いようなのでヒスパニック系ボクサーの無法がまかり通ってしまうのが闇が深いですね。」 ネリーに向け ...

続きを見る

123456R
バルデス
9
9
10
10
10
10
58
トマゾーネ
10
10
9
7
9
8
53

テオフィモ・ロペスはこの試合より後か中止か?

1R

当たりは浅いがトマゾーネの方が多くジャブを突く。
プレッシャーと威力のバルデスと手数のトマゾーネ

トマゾーネ10-9

2R

カーマイン・トマゾーネと発音されている。

トマゾーネ、ジャブはいいが、バルデスは全く苦にしてなさそう。
フリッカー気味で威力がないか。

しかし体格、スキルは拮抗しており、バルデスにも優位なところはまだない。
この、差のない展開が全部バルデスになっちゃうのがジャッジ。
なので

トマゾーネ10-9

3R

両者にヒット、ダメージはまだない。
トマゾーネの細かな動きや手数をバルデスが潰そうとしている。
互角の技術戦だが、トマゾーネにパワーがないので
見た目でバルデスか

バルデス10-9

4R

技術的にはこの辺で拮抗するのがバルデスなのだ。
元気さと強引さでダウンを奪ってきたけれど。
バルデスが前に出てトマゾーネが下がりながら対応する時間が増える。

打ち合いの後、プッシュミ気味にトマゾーネが尻餅をつくがダウンか。
やっぱりパワー差か。

バルデスが倒すムード、期待が高まっているがスキルは互角。
バルデスのボディでトマゾーネ一瞬膝をつく

この程度で効いているのか

バルデス10-7

5R

トマゾーネに期待するが、どうやらパワー、タフネスに差があるようだ。
技術は拮抗したものがあるが、効かすことができない。

ジャブをコツコツもらうバルデスの顔面も紅潮しているが
全く効いた様子はない。

ここも技術に差はないがバルデスのパンチの効果
特にボディがトマゾーネは効いているようにみえる

バルデス10-9

6R

やはり体力差,年齢の差は深刻か
トマゾーネはボディが効いて腰が引けている。
バルデスの左フックではじけるようにダウン。

技術のあるトマゾーネは立て直すが、頑丈、屈強さが全然違う。

バルデス10-8

7R

開始早々右アッパー閃で
バルデスがダウンを奪う。
トマゾーネはゆっくりと倒れる。

ここでストップ。

トマゾーネは上手かったが、パワー、耐久力でバルデスと雲泥の差があった。
やはりアマチュアのポイントゲッターという印象のまま。

バルデスは若くいい王者だが小粒という印象は変わらない。
復帰戦にパワーレスなベテランを選び無難に再起したという感じ。

予想通りであった。

噛み合うし、適度にエキサイティングで人気者、井上の未来の標的として最適だ。

負けたトマゾーネがリング上で恋人に結婚指輪を送りキス。
恋人はトマゾーネよりかなり大きい。

勝ったバルデスのお株を奪う歓声を浴びる。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

関連ニュース

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, フェザー, プロスペクト

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2019 All Rights Reserved.