階級別 フェザー スーパーフェザー プロスペクト

愚か者よ、天才よ/ゲルボンタ・デービスVSシャクール・スティーブンソン

投稿日:

マニアには垂涎ものの組み合わせだが、こういうゴールデンキッズ対決は恐らくない。あっても相当先の未来だろう。ボブ・アラムもメイウェザーも実はあまり冒険マッチを好かない。ビッグマネーファイトになるまで先送り。

この2人の対戦は興味深いけれど、あるとすればリング外、ストリートファイトかもしれないという話です。

ボルチモアのゲルボンタ”タンク”デービスは21勝20KO無敗で2度のスーパーフェザー級王者だ。オールアクションで破壊的なそのファイトはまるでミニタイソンのようだ。

ニュージャージー州バージニアのシャクール”フェアレス”スティーブンソンはリオ五輪銀メダリストでプロでも無敗11勝6KO。
フロイド・メイウェザーはかつて彼を自分の後継者と呼んだ。

彼らは親友だったが、それ以上は明らかではない。2人はTwitterで話題になっている。

スティーブンソンは先週土曜の夜、クロストファー・ディアスを下してゲルボンタ・デービスにラブコールした。この結果を受けてTwitterは再び熱くなるだろう。

あいまいなのがその戦いがリングで行われるのか、ストリートなのかという事だ。2人共厄介な事にストリートファイトに関わっている。

最近拡散した映像は今から約1年前、マイアミビーチにある駐車場の乱闘の中心にシャクールが仲間のデビッド・グレイトンを伴って相手を蹴ったり殴ったりしていた。21歳の誕生日を祝うためにそこにいたという。その場にいた女性も打撲の被害にあった。さほど大きな騒ぎにはならなかったが、2人は互いにホテルに逃げたがその後逮捕された。

7月1日にシャクールとクレイトンは逮捕され、軽犯罪の罪で起訴された。ビデオが出るまでこの問題は闇に伏せられていた。トップランクのボブ・アラムはこの事件の火消しに関わったようだ。

アラム
「私は事実を知っていた。彼はいてはならない場所にいた。彼の家族や関係者と話し合いをして解決した。あのような事は2度と起こらない事を保証する。彼は偉大な子供であり、自分の責任が何であるか理解している。元来、野蛮な子じゃないんだ。」

アラムが正しい事を願おう。

一方のゲルボンタには2017年8月1日に逮捕状が出た。

ゲルボンタの友人であるアンソニー・ウィーラーはグローブをはめた拳で殴られ脳震盪と診断された。しかし第一級加重暴行から悪行第二級暴行に下げられ、ウィーラーは告訴を取り下げた。

終わりよければ全てよし

しかしゲルボンタにはもっと多くの厄介事がある。

2018年9月14日、ワシントンDCで逮捕され、1万ドルを巡る慰謝料を巡って起訴された。さらには今年2月17日にもバージニア州のショッピングセンターで暴行事件を起こしている。

男たちと殴り合いに発展したが、誰かが止めに入ると互いに逃げ出した。しかし結局逮捕され、10日後に逮捕令状が提出された。

レオナルド・エレルベ
「これはただの申し立てだ。私はただ新聞記事でそれを知った。その場では逮捕されず内部調査に基づいて後日逮捕状が発行された。ちょっと奇妙だね。」

警察は逮捕令状を発行するためゲルボンタに電話をしたが、何の応答もなかったという。

ゲルボンタは最近「Lies lies lies」(うそだうそだうそだ)とツイートした。

事件はまだ進行中だ。ゲルボンタは恐らく恩赦されるだろう。しかし事件がもみ消されようとボクシングの威信を咎める行為である。最近娘が生まれたゲルボンタは「LOVE IS LOVE 」とのろけたツイートをしたが、「Lies lies lies」のひっかけであろう。自覚が足りない。

ショータイムのボス、ステファン・エスピノサは、ゲルボンタには無限の空が広がっており、リングのカリスマだと大絶賛した。彼が道を踏み外さなければ、ボクシング界の巨星になるだろうに。

すみません、ニュアンス訳です。ちゃんと訳す気にもなれないです。

現状、一階級上のゲルボンタ・デービスの方が圧倒的にパワフルで破壊的ですが、昨日のシャクール・スティーブンソンのアンタッチャブルなディフェンスはすさまじかった。あぁ、もうこんなレベルなのか、まさに正しくメイウェザーの後継者というべきファイトでした。

しかし攻撃の方もこれまたメイウェザーを踏襲しているのか、軽くコツンと当てるだけで倒すムードは微塵もありませんでした。強敵相手だとロマチェンコのような倒す意識は希薄になる。

勝ちに徹すればめちゃくちゃ厄介なスキルを備えているようだ。身長もゲルボンタより高く、これからフィジカルが整う可能性もある。ライアン・ガルシアやその他米国勢を抑えて五輪で銀を取った実力はただものではなかった。

個人的に将来的な対戦があればシャクール・スティーブンソンを支持するだろう。

素行不良なガキ2人、しかしボクシングの天才、一体どれだけまじめにトレーニングしてるのか遊んでいるのだか・・・シャクールを支持するのはまだ根は真面目、優等生な面もみえるからです。

日本人はちょっと関わるのが非現実的といえそうな2人
まぁ、潰し合いでもしておいてください。
出来ればリングで。

2019 Gervonta Davis Best Knockouts (20-0) - YouTube
2019 Gervonta Davis Best Knockouts (20-0) - YouTube

Top 10 knockouts of Gervonta Davis.

続きを見る

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, フェザー, スーパーフェザー, プロスペクト

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2019 All Rights Reserved.