ヘビー級の真実/アジト・カバエルVSアルスランベク・マクムトフ

サウジアラビアの興行でちょっとしたアップセットがありました。


アジト・カバエルは23勝15KO無敗、ドイツのヘビー級プロスペクトでデレク・チソラに対する勝利などもあり、決してかませ犬ではないですが、この試合の主役は相手の方でした。

アルスランベク・マクムトフはロシアのヘビー級で197センチあり、ここまで18勝17KO。ロシアのトップアマチュアでもありました。

両者ともにヘビー級にしてはキビキビしていますが、パワーのマクムトフに対しカバエルの方がキレとスピードがありました。

決してアップセットではなく、蓋を開けてみたらカバエルの実力が上だったという感じですが、ヘビー級はこういうことが起こりえる。ワイルダーよりもジョセフ・パーカーの方が運動量が多くバランスがよかったね、みたいな。

なのでいつまでも同じメンツで動かずに、新しい風を吹かせて欲しいものです。

そしてたぶん、タイソン・フューリーよりもオレクサンドル・ウシクの方が速く、上手く立ち回るとおもいます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
What’s your Reaction?
最高
最高
0
いいね
いいね
3
ハハハ
ハハハ
0
うーん
うーん
0
がっかり
がっかり
0
最低
最低
0
おすすめの記事