階級別 バンタム ヘビー

エマニュエル・ロドリゲスVSポール・バトラー 他

更新日:

早朝すぎてライブ観戦できませんでしたが、体重大幅オーバーのバトラーに対し、初回に2度のダウン含む圧勝でロドリゲスの勝利だそうです。

英国でほぼフルマークでのロドリゲスの勝ちなので一方的なものだったのでしょう。試合を見てみないとわかりませんが、恐らくロドリゲスこそ、井上尚弥のライバルの本命だろう。

バトラーはなんだか、先日のクイッグと同じく勝つための確信犯的な体重超過に感じてしまうが、スキル、スピード、ボクシングで相手に及ばないのを補おうとしたのか、それも無駄でした。準備期間もあったので本来落とせないはずがありません。

実力者がようやくベルトを奪取しました。
バトラーが言ってましたが、ロドリゲスのボクシングはミゲル・コットっぽい。

ロドリゲス
「予想よりイージーな戦術をしてしまったが勝ちは勝ちだ。このタイトルを防衛するため、あるいは別のベルトを獲るために世界中のどこでも戦います。」

プエルトリカンの軽量級である限り、常にアウェーは当然の覚悟のようです。
呼べば来る王者ですが、かなり強いです。

バーネット
テテ
ロドリゲス

と実力者が揃ったバンタム級
これに

井上と残念だがネリが加われば興味深いWBSSになるだろう。

オウバーリVSペッチの勝者
レイマート・ガバリョ
パヤノさん

も出ればかなり充実だ。

体重超過は故意か過失なのかわかりずらいので、一度でも犯したらもうその階級では戦えない。次戦からは上の階級しか認めなくすればいい。ネリもバトラーも本来バンタムの体重を作れるはずだ。さらに下の階級の選手だったのだし。

起きたら興味のない

トニー・ベリューVSデビット・ヘイには間に合ったので観戦。

両者、長い調整期間でコンディションがいいように映りますが、この試合限定での復帰にみえるヘイは身体こそシェイプされていますが、打たれ脆さが深刻で、3ラウンドからベリューの軽いカウンターでコロコロ倒れ、相打ちでも自分だけ倒れ、5ラウンドにカウンターで倒された後はレフリーがダメージを考慮して早めのレフリーストップでベリューのTKO勝ちになりました。

Lヘビー級のスティーブンソンに倒されたベリューですが、ヘイは打たれ脆かったです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, バンタム, ヘビー

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2018 All Rights Reserved.