階級別 ヘビー プロスペクト

これぞプレミア・節操と品格/プレミア・ボクシング・チャンピオンズ・2018プロスペクトオブジイヤー

投稿日:

謎の人物、アル・ヘイモンのプレミアボクシングチャンピオンズが選んだ2018年のプロスペクトだそうです。

Best of PBC 2018: Prospect of the Year

もっと色々出てくるのかとおもいきや、この人だけでした。
一人選ぶとしたらという意味なのでしょう。勘違いしてました。

このプレミアボクシングチャンピオンズ⇔FOXというネットワークがボクシング界の鍵であり障害にもなっている気がするが、多くの選手、しかも本格的な選手がこことの契約を気に入っているようだ。

ゲイリー・ラッセルJr
エロール・スペンス
チャーロ兄弟
ジャレット・ハード
マニー・パッキャオ

ハードやパッキャオはマッチルーム⇔DAZNとの巨額契約も打診されたがそれを蹴ってでもここと契約している。チャーロ兄弟もしかり、スペンスだって他からの誘いは引く手あまただろう。

チャーロ兄弟曰く
「お金云々ではなく自分のキャリアを一番真剣に考えてくれるところ」

なのだそうだ。

しかし犬猿の仲のボブ・アラムしかり、GBPしかり、自分の選手を囲い、他のプロモーション、ネットワークとの関わり合いに消極的なのでファンが望むビッグマッチの実現の障害にもなっている。PBCに限ったことではないが、結局プロモーターは全て自分の選手だけで賄いたい、それが儲かる一番の手段、というのが現実、答えなのだろうか・・・

立ち飲み屋ボヤキ・プロアマ組織を嘆く/世界ランキングページ

目ぼしい話題がない。そんな時はプロスペクトウォッチでもしてみるべきだがそれも気分がのらない。 この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツイートするTwitter で Follow pukub ...

続きを見る

これに対するアンチテーゼではないが、PBCが経営難かどうかは知らないが(そんな噂もある)ネットプロモーション、とりわけ動画の取り扱いは一流だ。美しい試合動画、ダイジェストがきちんとスケジューリングされて即座に公開されます。編集も無駄がなくクールです。

ネットに関していえばトップランクもGBPもかつてのHBOもWBSSさえもPBCに比べると迷走しています。頑張る時もあれば、そこまで手がまわんない、全然公開されないケースもあり、バラバラなのです。

わかりやすく言えば

トップランクやGBPがジャニーズならPBCは石原軍団

いや、これは例えが悪い

トップランクやGBPが巨人ならPBCは広島やソフトバンク

運営にプロフェッショナリズム、インテリズムを感じるし節操と品格があるのです。
金にモノをいわせず、使い捨てにせず、育てる力があるのです。

あくまで、ネットプロモーションの視点のみですが、そういうところがこの先強いのではないかと感じたりしています。

私のようなマニアにとってはとてもありがたいPBC
無名選手も骨のあるいいサバイバルマッチをしているとおもいます。
最後に勝ち抜く、生き残るのはここであって欲しいかな~おっさんは。
ヘイモンさんはダミー説もありますが、暴利を貪らず選手に還元するともいわれているし・・・

ちなみに

エフェ・アジャグバ
8勝7KO

開始1秒で相手に触れもせず勝つ男/エフェ・アジャグバ

ムードを持った男、絵になる男、ナイジェリアはサミュエル・ピーターや無敗のまま牢獄に消えたアイク・イベアブチなど、可能性を秘めたヘビー級をなぜか排出する国です。現王者のアンソニー・ジョシュアもナイジェリ ...

続きを見る

ここで紹介してますが、かなり突出した素敵なキャラです。期待しています。
ヘビー級、いや全てのボクサーが欲しい”怖さ”を備えています。

記事に加えると、元サッカー選手であり、元パン屋で働いていたそうです。

こんなおっかないパン屋・・・行ってみたい。
アジャグバが作るパンはきっと甘ーいんだろうな。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

関連ニュース

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, ヘビー, プロスペクト

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2019 All Rights Reserved.