ライアン・ガルシアVSルーク・キャンベル LIVE

いつもと同じ日曜日の感覚でのんびり構えていたら試合は終わっていたようです。

https://twitter.com/i/status/1345516268703657986

キャンベルがダウン奪うも逆転ノックアウト、ボディでガルシアの7ラウンドKO勝利とのことです。

中谷VSベルデホのような逆転劇だったようです。
流石のガルシアですが、まぁ、このあたりの実力なのだろうな。

前座では

フェリックス・アルバラードが、元ミニマム級王者のDJクリエルにノックアウト勝ち
レネ・アルバラードはパンチャーのロジャー・グティエレスに3度ダウンを奪われ王座交代のようです。

あぁ、見逃した。

昨年末の井岡VS田中は、世界に誇れるような、誰がみてもハイレベルな戦いでした。ロマゴンやエストラーダは昔は別格のような領域でしたが、あの日の井岡であれば十分やれる、勝てると感じるほどの芸術性の高いファイトでした。

しかし、彼らの勝者の指名挑戦権は現状、シーサケット・ソー・ルンビサイが最前列に控えている。

井岡の参謀、イスマエル・サラスは2020年は13戦12勝だったようだ。(デュボアがジョイスに負けたのが唯一の敗北)キャリアの勝利、田中が攻撃的に攻めてくるのを誘い、狙っていたそうです。

さて、一息入れた後はこの試合です。

ルーク・キャンベルはプロで井岡ほどの実績はありませんが、ロンドン金メダル、ホルヘ・リナレスやワシル・ロマチェンコにも善戦しました。対するライアン・ガルシアはアメリカで一番人気があるスター候補のアイドル。

採点ではガルシアが優遇されそうだ。

どこか、井岡VS田中にも似た構図の試合といえそうです。

私は全力でキャンベルを応援するが、カラム・スミスがカネロに対し散々だったように、英国勢のアメリカでのパフォーマンスに期待していいのか不安もよぎる。エディ・レイノソチームはたぶん常勝、負けなしだ。

155
ライアン・ガルシアVSルーク・キャンベル

勝者には日本の中谷正義が絡むことも考えられる。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
What’s your Reaction?
最高
最高
0
いいね
いいね
0
ハハハ
ハハハ
0
うーん
うーん
0
がっかり
がっかり
0
最低
最低
0
コメント一覧
  1.  事実を感情とおっしゃる井上信者がいるからおもしろい。
     ブログ、SNS、ユーチューブをやれば、信者もいればアンチコメントもあります。もしいやなら、自分でブログ、SNS、ユーチューブを解説し、気に入らたいコメントをブロックし、信者のコメントをあつめて仲良くやっていればよいでしょう。

    0
    0
    • 「井上尚弥は強い」「井上尚弥は弱い」「井上尚弥は大した相手とやってない」「井上尚弥は強敵と戦ってきた」「井上尚弥の防御は甘い」「井上尚弥は防御もできる」

      これ全部個人の感想なんですよ。要は人によって解釈が違うわけで、相容れないものをさも自分の方が真実であるように主張するからおかしなことになってるんですよ。あなた含め事実なんて誰も語れやしないことを肝に銘じるべきです。

      0
      0
  2. 何かにつけては井上を批判する井上アンチも困るし、妄信的に井上を礼讃する井上信者も困るとコメント欄を見ていて思った。感情的にならず客観的に物事を見て意見することが大事だ。

    0
    0
    • 両論併記しているつもりなのかもしれませんが、妄信的に「ただ運がよかった」とか主観的に「大した相手とやっていない」とか書いている感情的な井上アンチ約一名に対して、その理屈のおかしさとドネアやロドリゲスのような真っ当な選手に対する無礼を複数名から指摘されているだけでしょう。
      具体的に礼讃しているコメントってどれですか?
      ここは本来ライト級のについてコメントする場所なので、これ以上私はコメントしません。あなたもこれ以上は人様のブログでなく自身のSNSなりブログで発信すればよろしいのでは?

      0
      0
  3. ライアン・ガルシアはイケメンだからドル箱に決まっている。
    レイノソのところでで筋肉増強、無敵チーム入りした。

    アマではたくさん負けている。
    レイモンド・ムラタラなんてライアンに3戦3勝だ。
    ボクシングの政治だろう。

    0
    0
  4. ボクシング愛好者の運営しているブログのコメント欄でボクサーをやたらとディスるのは、あまり気持ちの良いものではないですし、人のブログのコメント欄で、やたら熱くなっているのは、管理人さんにも失礼ですよ。
    ボクサー(特に日本人)をディスりまくって悦に入っているブログが他にあるので、そちらに行くか、自分のSNSとかで存分にやってほしい。

    0
    0
    • 多分、そのブログからこちらに侵入してきた人じゃないかなと思いますよ。
      他のブログでも見かけたななしという人物と事実誤認並びに指摘されても無視して明後日の方向を向いた反論をするところとかそっくりですから。
      そのななしが入り浸っている、もしくは管理者かも知れないのが仰っているブログなのでは?
      この想定どおりなら、この人の相手はまともにしたらいけません。

      0
      0
  5. 井上モロニー戦の事を書いていらっしゃる方がおりますが
    あの程度の被弾でディフェンスがーとか言われたら、殆どの
    ボクサーがディフェンス失格でしょ
    ドネア戦は運が良かったとか、タラレバ論で語られても
    そんなの井上に試合に限った事ではなく、他でも当てはまるし
    当たり所とか言ったら、運が良ければ天笠はリゴンドーに、リナレスは
    ロマチェンコに勝ってますよ
    ただそんなこと言っても虚しいだけですけど

    0
    0
  6. 匿名のかたが、井上尚弥について語っていらっしゃるので、、、ガルシア、キャンベルとは関係ありませんが、思うところを、、、

    ドネア本人は、井上尚弥のボクシングテクニックを特に評価してましたね。
    匿名さんは、ディフェンスが良くないという評価をしているようですね。
    私は、井上尚弥がKOを狙っていることが、スキを作っていると思います。下手には見えないかな。どっちを取るかですね。
    リゴンドーみたいにディフェンシブに戦い過ぎて、干されるようなことにはならないと思います。
    リゴンドーみたいな選手と、どう戦うかは、観てみたいです。
    ヨスバニーとの第2戦ではかなり改善してましたから、現在の井上が、ディフェンシブなサウスポーとどのように戦うのか観てみたい。
    でも、若き日のリゴンドーはもういませんし、新たにリゴンドーレベルが出てくるとも思えないので、実現しないだろうなぁ。

    ドネア対リゴンドーは、ダウンを奪ったのはドネアのほうで、採点方法とかが違えば、結果も違う接戦だったと思います。

    井上尚弥選手は、頭蓋骨が厚いようには到底見えません。頑丈だとは思わないです。

    井上尚弥選手は、バンタム級史上、最強の部類に入る実力者だと思います。

    0
    0
  7. 井上はドネアがキャリア初めての、パンチのあるカウンターパンチャーと対戦しています。タフなドネアのパンチを食らっても倒れなかったので、井上は案外タフなのはわかりました。
    しかし、リゴンドーのディフェンスを崩せず、フェザー級ではパンチが通用せず、ニコラスウォーターズにボコボコにされたドネアはディフェンスがよくなく、以前のスピードやフットワークも見る影もなく、被弾も多く衰えてました。
    まだ、井岡よりもさらにテクニシャンで、リゴンドーのような反応のはやいディフェンスのうまいボクサーとは対戦してません。

    0
    0
  8. ドネア戦は運がよかっただけです。

    2ラウンドのドネアのフェイントにひっかかって左フックをくらい目の出血をレフリーがストップかけなかったし、ドネアの右をもらい膝がくずれ、ドネアの追撃の左が数センチずれてあたらかったから助かってます。

    ドネアはそこで勝負をかければよかったが、スタミナを考えて勝負にいかなかった。

    モロニー戦も結構被弾をうけてます。井上はディフェンスは修正されておらず、ディフェンスはあまりよくないてすが、フィジカル、スピード、バンチ力、コンビネーションが桁外れだからなんとか勝ってきてるだけです。

    0
    0
  9. やっぱりガルシア良いですね。左が強烈。
    本人のせいですがコロナでコンディションが完璧では無く拳にも違和感があったという海外のコメントも見られる中で、井上もそうでしたが上り調子のときに苦戦を経験しておくのも更に強くなる条件ですよね。
    井上も今のうちに重いパンチャーと対戦してダウンを経験しておくといい。
    まだまだ伸びしろを感じますからいろんな意味でガルシアが階級の中心になるのではと思っております。

    0
    0
    • 魅力的な左ですね!!

      井上がダウンするのには反対ですが(笑)、、、

      ガルシアは、倒し倒されの、見ごたえのあるファイトが期待できます。

      0
      0
  10. ライアンガルシア結構打たれ弱い?
    パンチ力はさすがだけど
    デービス、テオフィモは打たれ強さも兼ね備えてる気がするからなぁ
    案外ライアンガルシアも中谷に負けたりしてもおかしくないね

    0
    0
  11. 結果を見た上で、どちらが格上だとか格下だとかは誰でも言えますね。
    そして、試合結果を予想することは楽しいですが、それを当てることだけがボクシングの見識の高低を表すわけではないので、その辺りで言い争うのは見苦しいです。

    0
    0
  12. 井上と絡んだボクサーは自動で格下になる理論。
    もしロドリゲスと井上が戦ってなかったら
    タパレスやバーネットやネリーやロドリゲスに比べたら格下ですって文章になってただろうな。

    0
    0
  13. 井上は運がよいだけです。
    足腰が衰え、スピードもなく、ディフェンスがざるのカウンターパンチャーのドネア。39歳のナルバエスなど年老いたボクサーが多い。
    バンタム級ではバリバリのネリーやバーネットがこけてくれたのと、スーパーフライ級のバリバリのシーサケット、ロマゴン、エストラーダ、アンカハスと絡むことなくバンタム級でうまくWBSSもあり、階級最強王者になりました。
    モロニーもロドリゲスも、タパレスやバーネットやネリーに比べたら格下です。ウバーリも強くない。
    残っているのが、年老いたリゴンドーとスルタンにやぶれたムラのあるカシメロだけ。

    0
    0
    • 田中やライアンぐらいの力量ならロドリゲスにもカウンターもらって倒れてるでしょ

      船井ごときに苦戦したアンカハスや、ハスキンス風情に負けた岩佐にすら勝てなかったタパレスを強豪扱いしてたり、
      見かけに騙されて本質が見えていない
      典型的な日本のボクシングファン
      どうせ井岡対田中も結果が出るまではスピードもパワーも上の田中が勝つって言ってたクチだろ?

      0
      0
    • 井上と絡んだボクサーは自動で格下になる理論。
      もしロドリゲスと井上が戦ってなかったら
      タパレスやバーネットやネリーやロドリゲスに比べたら格下ですって文章になってただろうな。

      0
      0
    • 井上は運がいいのかは知らないけど、たいした相手とやってないのは確かだな。さっさとSバンタムに上げればいいのにとは思う。シャクールが井上が戦ったまともな奴はドネアだけって言ってたけどその通りだね。

      0
      0
      • たいした相手とは具体的に誰なのか?
        その言い方だとフェザー級までだとラッセルしかいないのでは

        0
        0
    • タパレスがロドリゲスやモロニーより格上って何の冗談?
      フィリピン系でもガバリョ以下の実力の体重超過常習野郎の試合を見たことあるのかすら疑問、ネリやバーネットはその二人とほぼ互角くらいで飛び抜けてはないだろう。

      0
      0
  14. こうして並べて試合見ると改めて井上の凄さが浮き彫りになりますね
    田中、ライアン、井上、みんな右ガードが下がってパンチを被弾する傾向があるガバガバディフェンスですが、一度もらっても性懲りも無く同じ動きを続けてダウンするとこまで行ってしまった田中、ライアンと違い、井上は二度と同じパンチを致命打で貰ってない

    ディフェンスそのものがガバガバでも、距離の取り方とか、戦い方の変更とかでここまで被弾率に差が出るもんなんですね

    改めてボクシングって奥が深いなと思いました

    0
    0
  15. 畑山あたりは試合前は田中有利って言ってたけど。。。あなたみたいに終わって結果出てから分かってた風に書いたり言ったりする人は見苦しい。

    0
    0
    • まあ確かに、井岡が勝つって断言してた京口や井岡有利予想をしてた内山が言うならともかく、
      田中有利予想してた畑山や具志堅ってなんであんな偉そうに講釈たれてんだろうな

      アンタらが偉いのは選手としての実績であって、解説者、指導者としてではないのに

      特に具志堅なんか名護と比嘉壊してる分際でよくもまあ田中の改善点の指摘とかいけしゃあしゃあと言えるもんだ
      恥ずかしくないのかな

      0
      0
  16. 世界戦?じゃないのに、王様のような入場、にぎわいでした。華はあるけど好きにはなれん。

    0
    0
  17. 試合後、戦略次第では、田中は井岡に勝っていた、気持ちでは負けていない、スピードやフィジカルでは井岡より上だったという論調が出てきたのは驚きでした。
    思いれが強いファンな負け惜しみのいつもの論調ですが、田中のポテンシャルはたしかにすごいですが、得意のフィジカルやスピードをいかしたパンチは対応され、空転され、体力を削られ、ディフェンスの甘さにカウンターを狙われた。完全に実力差です。
    浪花節の論調は淘汰されていってほしい。

    0
    0
    • スピードとパワー、若さと勢いで潰せる相手だと勘違いしたんでしょう。井岡は緩いしパワー型ではないから勘違いさせやすい。実際、フィジカルトレーニングばかりしてきたようだし、あの仕上がり具合はまさにそう。

      それで、ジャーボンティーとか、シーサケットとか、結果を出している例もあるし、井上の一番の魅力もそこ(桁外れのパワー)にみえるから勘違いしちゃっても仕方がない。

      しかし井岡は予想以上に上手かった。

      田中も、いいコメント残しています。「とにかく基本だ」と。

      全部左フックで倒された。欠点はとても明確。
      ものすごく勉強になったとおもいます。

      井岡も田中に賛辞を送っていました。速いし上手かったと。
      でもパワーもそこそこあった

      と言ってました。

      そこそこなんですよ、Sフライじゃ。

      0
      0
  18. 田中が最速で3階級制覇したから
    ハイスペックでスペシャルな王者だと勘違いしてたんでしょ。周りも周りだが、周りがおだてて田中も勘違いしてしまった。

    井岡とやるのは問題ない、井岡も似たような田中と似たような戦歴だ、田中は井岡に勝てるだのいう風潮にした。しかしアローヨ戦以降の井岡がどう変貌したのかわかってなかった。

    ワンヘンやフレッシュマート、ニエテス、ムラザネやマルチネスやダラキアンとやらず、前王者の返上を狙った決定戦や階級で一番の穴王者を狙ったにすぎません。

    田中がとったライトフライ級時代は、田口、木村、八重樫ですべてさほど強くない日本人ボクサーです。
    ロマチェンコもリゴンドーも五輪2連覇。シャクールも伊藤と戦ったディアスになにもさせませんでした。
    畑山や内山も具志堅など田中には厳しい論調です。特に具志堅は厳しい。

    0
    0
    • 畑山あたりは試合前は田中有利って言ってたけど。。。あなたみたいに終わって結果出てから分かってた風に書いたり言ったりする人は見苦しい。

      0
      0
  19. ハビエルフォルトゥナが指名挑戦者じゃなかったんですか?ヘイニーかライアンどっちでもいいからフォルトゥナとやって欲しいです。結構危ない試合になりそうです。

    0
    0
    • フォルトゥナは狂暴で危険だけど、集中力がきれるのも早い。諦めるのが早そう。

      0
      0
    • ガルシアの上とみせかけた、フェイント、するどい遠い距離からの踏み込んだ左ボディは見事でしたね。キックでいう三日月蹴りに似てます。
      キャンベルのがら空きのボディにまともに入りました。
      あの左ボディはキャンベルは見えてなかったですね。

      0
      0
    • 試合後キャンベルも「これまでの相手で一番パンチが強かった、ガードの上からでも感じた」と言っていました。
      まさかレイノソ陣営得意のメキシコ肉サプリじゃないよな…(ボソッ)

      あれだけ左フックが高速で強いのに、ボディもちゃんと撃てるとなるとやばいですね。キャンベルも完全に上をケアしてるときに下をもらっちゃいましたね。
      もっとも2Rに喰ったサウスポーの左は、デービスやプログレ相手だったらKOされてたでしょう。
      ガルシア本人は次はデービスを希望していたが、それより退屈なデビンヘイニーを倒してほしい。

      0
      0
    • オフになるとファットンと揶揄される程エールビール飲みまくってたらしいですね。引退したら案の定です。カワイイ。

      0
      0
  20. ガルシアを初めて見たのが確か2018年のフェルナンド・バルガス戦。あの試合を見て絶対に近いうちにチャンピオンになると信じてたいけど、まだ世界戦すらやってない。大事に育てすぎやろ。

    0
    0
  21. キャンベルがガルシアのガードの低さをついてくれるのを期待してます!!!!

    0
    0
    • もちろんGGGさんの言い分もわかりますが、多分この方が言いたいのは並の選手には無理だという話でマイキー、サンタにリゴみたいなケースもありますよね。
      日本のボクサー幾らがギリギリまで落とした階級で闘うのが得意と言っても通常はフィットするまで慣らすのが当たり前な気がします。
      井上がスペシャルなだけで被弾の多い田中には無理があったのでしょう。
      確かに数戦挟めば結果は違ったかもしれません。

      0
      0
  22. ベルデボは勝たすことができませんでしたね。村田とのトレーナー契約を解消したこともあります。
    日本人女性と結婚して、日本人になじみが深い。

    田中については、まわりがもちあげすぎです。フライ級、スーパーフライ級でさほど実績がないのに、いきなりスーパーフライ級で世界王者と戦うわけで、普通ならありえません。
    田中や田中のまわりがその気させ、田中も勘違いして、井岡には負けるがしないと豪語してしまった。

    0
    0
  23. 井岡はミニマム時代にエルナンデス戦でサラスさんと組んでましたけど、あの試合も良い内容でしたよね。比嘉はパワーで押し潰して勝ちましたけど、井岡は序盤取られて中盤以降普通に技術勝ちしていた。
    やっぱり敏腕なんだな。

    0
    0
  24. ジョイス、井岡共に、素晴らしい勝利でしたね、サラス。
    しかし唯一の敗戦が井岡の仲間、中谷だったのですね。
    コロナ陽性になったり、サラスの1年も凄まじかったですね。

    0
    0
  25. 自分はガルシアのスキルがどんどん向上していってるのでガルシア応援です。
    ここもサクッとKOするようだとかなりのものですね。

    0
    0
    • 田中のようなわかりやすいスピードや攻撃力は派手ですが、ディフェンスや耐久力、プレッシャーなど未知数もありますね。

      0
      0
  26. サラスは中谷に負けたベルデホのトレーナーもしていたけど、あれは違うのかな

    0
    0
コメントを残す

※相手に対し失礼だとおもわれるコメントは削除される場合がございます。

おすすめの記事