階級別 フライ ライト ミドル

ゲナディ・ゴロフキンVS村田諒太 Live他

更新日:

当たり前だけど民放よりかなり観やすい。しかしCMはあるのね。

12345678R
GGG
9
9
10
9
10
10
10
10
77
村田
10
10
9
10
9
9
9
9
75

ゲナディ・ゴロフキンVS村田諒太

村田の方が背は高いがGGGの方が分厚いな。わかっていた事だが。
緊張も村田にみえる。

1R

ゴロフキンが先にジャブを出すが村田のプレスもブロッキングも機能している。
右ストレートを使って前に出る村田だが、GGGは捌く。

GGGが画質がいいせいか老けてみえる。肉体はビルドアップしているが硬い気が。

村田10-9

2R

村田がいいが、GGGがいつもと違う?
もうボディが効いてスタミナきつそうだ。

村田10-9

3R

序盤GGGが重いコンビネーションで仕掛けてきたが
ボディが相当効いている感じで息があがっており
後半は村田が盛り返した。

村田ペースだが、序盤をとって

GGG10-9

4R

村田ペースにみえるもGGGのコンビネーションもえぐい。

ただ断然苦しい、効いているようにみえるのはGGG

村田10-9

5R

ゴロフキン大ピンチ、苦しそうだが
コンビネーションで村田を上回る。

GGG10-9

6R

村田の闘志がすさまじく、効かない感じだが
GGGが緩急交えて上手く戦っている。

GGG10-9

7R

村田がものすごいタフで倒れない感じだが
緩急交えてポイントを拾うのはGGG
村田にはバリエーションが少ないのでGGGが一杯一杯だが慣れてきた感じか。

GGG10-9

8R

村田の方がスタミナも闘志もありそうで決意あるファイトをしているが
上手いのはGGG。村田がロープに下がった時のGGGのコンビネーションが恐ろしい

GGG10-9

9R

さすがに村田の鬼の闘志もそぎ落とされるようなGGGの鉄球パンチ。
右で村田が効いたサインを出しダウン寸前だが、打ち疲れたGGGに反撃を試みる。
しかし限界を迎え、最後はGGGの右で村田がたまらず膝をつく。

セコンドが身体の危険をみてタオル投入。

GGGが明らかに劣化しており、ボディをかなり嫌がっていたので、もっと徹底していればひょっとした。

中谷潤人vs山内涼太

中谷はスケールの大きさを感じるのでここで挫けるわけはないとおもうが、減量は過酷そう。対する山内をよく知らないが、パンチャーであるようだ。

警戒しつつも盤石な中谷、自分から自在に仕掛けていく。これは差があるか。
解説のいう通り、ジャブの対応で精いっぱいなところに左もどんどん出てくる。山内は玉砕的に前に出るしかない。中谷は日本人離れしており、まるで中南米の本格派をみているようだ。

序盤は勝負にならないように見えたが、山内が踏ん張って少しづつ自分のファイトを発揮しはじめている。実力差はあるが、山内は自分が出来ることを懸命にやっている。中谷としては相手の持ち味を出させている点でちょっともどかしい。山内の闘志は素晴らしいがセコンドが判断すべき状況だ。

8回、一方的になったところでレフリーストップ。
中谷、怪物的だ。天狗にならず精進すれば注目度の高いSフライも一掃できるかもしれない。

吉野修一郎vs伊藤雅雪

体格もスタイルもとても拮抗した初回、やや伊藤の方がいいかな。
伊藤がいいかなとおもうと吉野が打ち返していく。上がいいのは伊藤だがボディがいいのは吉野。
これは令和の名勝負と語り継がれることになりそうだ。3回、ここまでほぼ互角か。カウンターを食いそうで両者食わない。
伊藤の引かない戦い方は立派だが、パンチは吉野の方が強く、伊藤は距離をとった方がメリハリが出るかもしれない。吉野がリードしているとはおもえないが、結構打たれ強く冷静だな。6回は明らかに伊藤がいいとおもうが、解説は吉野寄り。離れ際のカウンターの打ち合いでどちらかのパンチがグサリと入りそうで入らない。

離れ際に吉野が左右を振り回してくるのでそこで伊藤の右カウンターが入りそうなんだが、鼻血と目じりの出血は伊藤。8回終了、吉野リードだが伊藤負けてない内容。吉野はアゴを徹底して下げているのでなかなか伊藤のストレートが決まらず、アッパーなどでアゴ起こさないと厳しいか。ダメージは伊藤にある。

11回、吉野のバッティング、ダメージある中で伊藤の顔面の怪我がひどく、ここでドクターストップ。ずっと吉野有利な採点だったので、このまま吉野の勝利だろう。魂の打ち合いだったが、吉野の方が被弾をカバーし怪我なく、パワー優位で攻防そつなく上手く戦った。

106-103
107-102
107-102

吉野

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, フライ, ライト, ミドル

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2022 All Rights Reserved.