階級別 ライト レジェンド

最強の無名という運命/オルズベック・ナザロフ

投稿日:

男にとって幸せとは、好きな仕事とそれに見合った給料があること。そして愛すべき家族がいること。私は日本を愛しています。どうか私のことを覚えていてください。

オルズベック・ナザロフは、傑出したアマチュアで、後に1990年代前半から半ばにかけてWBAライト級王者として成功を収めたボクサー・パンチャーだ。

1966年8月30日、カザフスタンとの国境に近いキルギスのカントで生まれた。

ナザロフ
「労働者階級の大家族の中で生まれ育ちました。父はバスの運転手、母はパン屋で働いた後、父と一緒にバスの車掌としても働いていました。兄が2人、妹が2人、父、母、祖母、祖父の大家族で暮らしていました。みんな仲良く一つの家に住んでいました。
子供時代は、他のソ連の子供たちと同様、決して豊かではありませんでしたが、友人たちと陽気に過ごしていました。家事や薪の準備もやった。よく薪割りをしたことが役に立ったのかもしれない。薪を伐るのはボクシングの練習になるからね。

私は典型的な田舎者です。村ではいつも大地で働いていました。ジャガイモを植えたり、果物を採ったり、野菜を集めたり、冬に備えて薪を用意したり。」

ナザロフはレスリングや陸上競技には興味がなく、10歳の時にボクシングを始めた。1982年にソ連邦ユース選手権に出場し、ソ連邦スポーツマスターの称号を授与された。

ナザロフ
「これは今日に至るまで非常に名誉な肩書きです。そして、すべての勝利と敗北を仕事として受け止めるようになりました。最初の大きな勝利が一番輝くのです。」

これをバネに、アマチュア時代には1984年のヨーロッパジュニア選手権で金メダルを獲得するなど、活躍の場を広げていった。

続きはこちら

最強の無名という運命/オルズベック・ナザロフ | 【忘れられた伝説】ボクシング不滅のレジェンドたち
最強の無名という運命/オルズベック・ナザロフ | 【忘れられた伝説】ボクシング不滅のレジェンドたち

シェアしてくださるとうれしい 男にとって幸せとは、好きな仕事とそれに見合った給料があること。そして愛すべき家族がいること。私は日本を愛しています。どうか私のことを覚えていてください。 オルズベック・ナ ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, ライト, レジェンド

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2022 All Rights Reserved.