スポンサーリンク



階級別 ライト

ボブ・アラムのカウンターパンチ

更新日:

書いていて、次はこれを書く事になりそうなのはわかっていました。饒舌に言いたい放題でしたが、御大は黙ってはいませんでした。

言うは易く行うは難し/マイキー・ガルシアVSワシル・ロマチェンコ

ついに本人の口からも出ました。ならば来たるべき時にはやりましょうよ。

続きを見る

マイキー ロマチェンコVSリコンドーを語る

ロマチェンコとの究極対戦が期待されるマイキーですが、独自の意見とすぐにそれが実現しないであろう話を客観的にしておりました。

続きを見る

ボブ・アラム
「彼(マイキー)は何を言っているんだい?我々のドアは開かれています。どうぞ中へ入ってお話ししましょう。やつは狂ってるんじゃないかい?ボクサーとは言えないね。私が知っている限り、彼は既に別の誰かと戦うそうじゃないですか?

そんな風に他のボクサー(ロマチェンコ)の名前を利用しないで欲しいね。ロマはマイキーと戦わない。プロモーター(私)がそれを許さないと言ったよね。

馬鹿げた話だね。

交渉に来てみなさい、彼が天文学的なファイトマネーを要求しない限り、試合はいつでもやりますよ。ロマは、マイキーのパンツを降ろす(Loma beats the pants off Mikey)でしょう。マイキーはスローなボクサーだと言ってますよ。今ならマイキーは反論できるでしょう。けれどロマVSマイキーには何も障害はありません。ロマはマイキーを最も戦いたい相手の一人にリストアップしています。

マイキー、いつでも連絡をください、ロマとやろうと。我々はいつでもいいですよ。

問題はお金です。マイキーがいくらふっかけてくるかです。それが適正な価格ならいつでも戦います。ロケットサイエンス(天文学的な金額)じゃ、そりゃ無理だけどね。」

それは決してロケットサイエンスではありませんが、時にそれ以上に複雑です。

お金、市場、比較、個性、歴史、エゴ・・・

ロマチェンコVSマイキーはファンが望む戦いであり、価値がある以上、2018年には実現しなければならない試合といえます。2017年はボクシングの当たり年でした。エキサイティングな試合がたくさん生まれました。けれどさらに改善の余地はあります。2018年はさらにいいボクシングの一年になるでしょう。今年以上にライト級~ウェルター級で注目度の高い試合が予想されます。戦いもせず牽制しあう必要もなく、安易な防衛戦でビッグマッチを引き延ばす必要もないほど、意味のある試合が組まれるはずです。

元々、トップランクなマイキーでしたが悔恨は募るばかり・・・

お決まりのトラッシュ・トークですが、個人的には御大の勝ち。
マイキーは金次第なのか逃げているのか?ロマチェンコは大歓迎だとおもいます。

けれど、御大が最も大事にするのはお金なのです。
旬は2018年、その日が来るまで、マイキー、コケるなよ。

バックボーン/マイキー・ガルシアVSセルゲイ・リピネッツ

ブローナーとの試合もそうですが、これはこれで大変興味深いのがこの組み合わせ。近藤は大魚を逃したなぁ。リピネッツはこれぞ王者ボーナスか。

続きを見る

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

-階級別, ライト

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2018 All Rights Reserved.