スポンサーリンク



階級別 ライト ウェルター

エロール・スペンスJrVSラモン・ピーターソンLIVE

更新日:

さあ、注目のメインイベントのはじまりです。
やはり"the truth"スペンスは規格外の怪物か?

1R
スペンスの手数が多い。
遠く固いブロックのピーターソンにかまわずジャブ
左ボディストレートを打つ。

スペンス10-9

2R

距離の近い打ち合いになって
ピーターソンの鋭いパンチがスペンスの顔を跳ね上げたりもする。
いい有効打だとおもうが。全体的にはスペンスが構わずガンガン
グイグイ攻めていく。

攻撃持続性と一発のパワーが違う。

スペンス10-9

3R

ピーターソンは守ってからの単発になるのに対し
スペンスは攻めながら守る。

しかしこのラウンドのピーターソンは強く打ち返し
スペンスがたじろぐシーンも作る。

それでも全体的にはボディも強いスペンスか
ピーターソンよかったけど

スペンス10-9

4R

レベルの高い試合です。
ピーターソンも王者のボクシングといえます。
相手が強い。

攻めのボリュームはスペンスだが
ピーターソンはよくブロックしています。
スペンスにローブローで注意。

スペンスに慣れ、前に出るシーンの多くなったピーターソンの
ラウンドにしようとおもったらスペンスが強打でピーターソンを
ぐらつかせる。

かみあってきました。

スペンス10-9

5R

ピーターソンの固いブロックの上を
ガンガン打つスペンスがガードを破りダウンを奪う。

スペンスの攻撃の厚みがすごい。
反撃するピーターソンのカウンターも決まるが
少々の被弾などおかまいなしに攻めるスペンス。

スペンスは頑丈なのかな?

スペンス10-8

6R

止まってしまったが
少し静かなラウンドだったのかな

ピーターソンセコンドストップ近いか

7R

余力、ダメージに差の出てしまった両者。
スペンスは少しアマチュア的に技巧で遊びながら
戦う余裕を見せる。

ピーターソンの眼の腫れでセコンドストップの予感。

スペンスは頑丈です。

ピーターソンはやる気で向かっていったが、陣営が怪我をアピールし棄権。

スペンスは何だろう?
常に攻めの姿勢でペースを作ってしまう。
上下の打ち分けも見事。パワーも十分。
フォームとパンチの引きがいいので隙も少ない。

頑丈なのか、被弾も気にせず攻めまくります。
パワー、体力、馬力、圧倒的にクロフォードより上ですが
この大きなボクシングでクロフォードのスピードと技巧を止められるのか

正直に強いが、正直すぎる感じで読めません。
だからtruthなのかな?

見た目は違うけど、井上尚弥的な強さです。
モノが違う感じ。

ピーターソンもよかったけど、両者の顔面の傷の差が顕著です。
Sウェルターでも十分通用するでしょう。

敗者にもガッツリインタビューするなぁ、本場は。

スペンス
「ラモンに感謝したい。多くの選手が私との試合を断った中、彼だけは受けてくれた。本物のファイターだ。私は彼を知っている。タフなファイターだ。彼は死ぬ気でここに来た。彼は最後まで戦う気でいたでしょう、だからセコンドが止めねばならなかったんだ。

自分はディフェンス面でまだ改善の余地がある。完璧さと進化を保ちながら次はより強い姿を披露します。」

ピーターソン
「バリー(コーチ)の判断を尊重します。彼が100万人と戦えといえば戦うし、止めるといえば止めます。彼の判断はベストです。数週間で自分の進退について考えないといけないね。」

バリー・ハンター
「厳しい判断でした。ラモンはギブアップしない男だから私が止めねばならなかった。彼は息子同然だから、勝利と彼の健康を選ぶとしたら、私はラモンの健康を選ぶ。」

----------------------------------------

今はイースターVSフォルトゥナをやっています。

7ラウンドです。
フォルトゥナの体重超過でかなり興味が削がれました。

優劣はわかりませんが、大きなイースターが押してフォルトゥナは下がっているので
イースター優勢なのでしょうか?

しかしイースターも慎重、堅実、退屈なボクサーに変わりました。
自分には下がりながらも手をだすフォルトゥナがよく見えますが

シャフィコフ戦でも大差でイースターでしたので
きっとイースター優勢でしょう。

アゴをはねるような有効打はフォルトゥナの方が多く感じる終盤ですが
とにかく前に出て押している印象を与えるイースター

両者勝利をアピールしての判定です。
前半を見逃しましたが、接戦です。

113-114
115-112
114-113

2-1でイースター。

きちんと体重作って再戦が必須です。
引き分けのような内容に感じました。

試合後に2人くっついてインタビューしているのが面白い。
フォルトゥナが勝ったという意見が多いみたいです。
イースターは接戦だと守られる系に感じる。

レフリーが2ラウンドにフォルトゥナから不可解な減点をし、それがなければ引き分けか結果は逆になっていたそうです。

デカくて、踏み込まずノーモーションの速いジャブをついて、プレスはかけてくる。
打ち合いを好むようでいて慎重、守りが固い、長身のイースターはやりにくい、負けにくいボクシングをしますが
面白くないし、このあたりが限界かもしれません。強さより負けにくさが強調されてきました。

フォルトゥナ
「観客はどっちが勝ったか知っているだろう。私の勝ちだ。」

イースター
「タフな試合でした。さすがは元王者です。カウンターを当てようと追いかけたが、追いきれなかった。KOできなかったけど勝てた事が大きい。フォルトゥナは私のパワーを恐れて走りまわり逃げていただけだ。タッチとホールドだけだった。」

---------------------------------------

ラモンの戦いは終わりましたが、弟のアンソニーはユナニマスで勝利しています。
その他、ベテルビエフに負けたエンリコ・コーリンが再起勝利したりしてます。すごいなぁ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-階級別, ライト, ウェルター

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2018 All Rights Reserved.