ライト ウェルター スーパーウェルター レジェンド

シェーン・モズリー

投稿日:

引退との報道でもうこれは即レジェンド入りです。長きにわたり熱狂させていただきました。

この人がライト級で世界チャンピオンになったころは自分はまだ若く夜勤のバイトをしてました。
バイト仲間にWOWOWをすすめ、モズリーのすごさに驚いてました。

「なんや、あのゴリラみたいの、人間の動きとおもえん」・・・と

こうやってボクシングのすごさを人に伝えることが出来、うれしかったなぁ。
ライト級で10回くらい防衛してたころは怖い顔のムチャやばい王者という印象しかなかったですが無敵状態で階級を上げていき多くの栄光と挫折を味わうこととなりました。近年一番世界の中心で活躍した人かもしれません。

デラホーヤとの2度の戦いはたしかにモズリーの勝利でいいとおもいます。
ただ相手がスーパースター、アイドルだったので拮抗した内容では判定で泣かされるとおもってたので立派で中立な判定でよかったなぁとおもいます。

アマチュア時代からの宿敵、バーノン・フォレストにはどうしても勝てませんでしたが体格の限界かとおもいきやフェルナンド・バルガスをボコボコにしてしまうなど上の階級でも大暴れしてくれました。ロナルド・ライトは完全に体格の差でしょう。

若いライト級時代が一番強かったとおもいますがキャリア後半のアントニオ・マルガリート戦もベストのひとつでしょう。
ハンドスピードが強烈な上パンチも叩きつけるような破壊力があり、なかなか似た人のいない孤高の天才スタイルでした。

メイウェザー戦は2回に有効打でグラつかせ最高のシーンを作りましたがその後失速、その後パッキャオ戦含めもうずっと下降線、過去の技術でやってます状態でもうやりつくした結果の引退決断かとおもいます。

スーパーボクサーの宿命か階級上げ下げして戦うのはお金は稼げたかもしれませんが負担も大きかったことでしょう。
ずっとライト級ならデュランやチャベスを越えるほどの屈指の王者たりえたかもしれません。

昔、昔、この無敵で怖いモズリーとナザロフが戦う姿を妄想していたなぁ。

自分のボクシング観戦歴でもっとも長く第一線で活躍してくれた人かもしれません。
顔は怖くとも愛嬌あって優しそうなモズリーさんありがとうございました。

[tubepress mode="tag" tagValue="shane mosley boxing"]
関連ニュース
  • シェーン・モズリー - Wikipedia
    シェーン・モズリー(Shane Mosley、1971年 9月8日 - )は、アメリカ合衆国の元男性 プロボクサー。 元IBF世界ライト級王者。 元WBC世界ウェルター級王者。 元WBA世界ウェルター級スーパー王者。 元 WBA・WBC世界スーパーウェルター級スーパー王者 [要出典] 。 世界3階級制覇王者。
  • バーノン・フォレスト - Wikipedia
    来歴 アマチュア時代. 1971年にジョージア州で生まれ、幼少の頃からボクシングを始め1991年には世界アマチュア選手権ライトウェルター級で銀メダルを獲得し、国内のアマチュアタイトルも獲得した。 翌1992年にはライトウェルター級アメリカ代表としてバルセロナオリンピックに出場する。
  • 歴代の世界王者と防衛回数(ウェルター級): ボクシング我が趣味の世界
    管理人放浪者の趣味であるボクシングに特化。 試合結果、予定、観戦レポや動画なんかをやってます とうとう300万ヒット達成、次は500万目指します
  • マニー・パッキャオ - ボクシングファン.net
    新旧スター対決!ミゲール・コットの防衛か?サウル・アルバレスの2階級制覇か? 4階級制覇の実績を誇る「プエルトリコの英雄」ミゲール・コットと2階級制覇を目指す「メキシコの至宝」サウル・アルバレスがついに激突。
  • Boxing News(ボクシングニュース)
    ビート2月号きょう発売! 2019年のボクシング界は? ボクシング・ビート最新2月号はきょう15日、全国の書店で発売となり ...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-ライト, ウェルター, スーパーウェルター, レジェンド

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2019 All Rights Reserved.