階級別 ライト

マイキー・ガルシアVSロバート・イースターJr LIVE

投稿日:

マイキーは大物といえばブローナーに勝ったくらいだから大したことはないというイースター。ブローナーは友人だとおもうけど、そんな友人よりも強いのだろうか?

1R

イースターの距離
ジャブが速い。

しかしマイキーは何事もないように捌き
ジャブ、ストレートを打ち返していく
余裕が違う

差はないが
マイキー10-9

2R

イースターは徹底して
遠距離からジャブで組み立てる。

マイキーは見切って踏み込んで当てるしかない。
この距離をどう攻略するかがマイキーのカギだが
時折鋭い踏み込みをすると会場が沸く

マイキー10-9

3R

差をつけるならマイキーかなという程度で
距離が遠くパンチは当たっていないので
差はないともいえる。

今日のイースターは徹底して距離の優位性で戦おうとしている。
距離を攻略するのに苦労しているマイキーだが
鋭く踏み込んでからの左フックでダウンを奪う

イースターのジャブ、距離を全く苦にしないところがすごい。

マイキー10-8

4R

基本遠距離からの隙探しなので
派手な打ち合いにはならないが
マイキーが難なく隙をみつけ打ち込んでいくのがすごい。

接近戦も強かったイースターだが
マイキーに接近されると何もできない。

マイキー10-9

5R

やっぱり役者が違うのか
イースターは自分から打ちにはいけない。
迎え撃つだけである。

体格がいいのに常に下がりながらの試合である。

それでも今までの戦術に限界を感じたか
中間距離で打ち合う姿勢をみせている。

が、マイキーは愚直にして鉄壁

マイキー10-9

6R

クリーンヒットがマイキーが奪ったダウンだけという
探り合いなので両者にダメージがある試合ではない。

しかしイースターに振れるポイントはひとつもない。

このラウンドも隙をついて畳みかけるマイキーに
応戦するだけのイースターという構図。

マイキーの左フックのタイミングがいい。
なんというバランスの良さ。
全然ブレない。

マイキー10-9

7R

マイキーに隙が全くないが
やっぱり小さくて相手に断続的にダメージを与える戦いはできていない。
ウェルター級は厳しいと感じる。

現地は1点差でマイキーと出ている。
イースターもポイントをとったのか。

ダメージはないのでイースターもプレスをかけれればいいのだけれど
マイキーの回転力と正確性に劣勢で下がりながらの戦い。

マイキーの鋭いパンチもやっぱり当たりが浅い

マイキー10-9

8R

もうマイキーが出てイースターが下がりながら応戦する展開で
ジャブの差し合いでマイキーが劣ることもない。

イースターは下がってL字、ショルダーで守るので
マイキーのパンチは当たらないが、守る時間ばかりになっている。

マイキー10-9

9R

ちょっと目を離した隙に打ち合いになってきた。
イースターはこのままでは勝てないので自慢のフィジカルで
マイキーを倒すしかないだろう。

マイキーも打たれて鼻血を流したみたいだが
総合的にはマイキーの攻撃の厚みが上回った。

でも面白くなってきた。

マイキー10-9

10R

イースターまた大人しくなってしまった。
ロープ際で守りを固めるだけでガードはしてるが
マイキーの鋭いパンチを浴びる。
時折ガードを突き破られる。

KOしないと勝てないだろう。

マイキー10-9

11R

イースターは最後まで立っている事に切り替えたのかな。
自ら仕掛けることができない。

打てばマイキーも苦労するが
何倍も打たれている。
ガードしてモロ食いするのを防ぐのみ。

マイキー10-9

12R

最後もマイキーの積極性と正確性が上回る。
ワンツーのクリーンヒットもあったが
慣れたイースターは倒れない。

マイキー10-9

個人的にはマイキーのフルマークの完勝。

116-111
117-110
118-109

マイキー

軸がブレず、イースターのジャブもストレートも難なく見切るのは
不思議なほど安定感がある。

きれいなダウンも奪った。

しかしリピネッツ戦と同じで相手を圧倒的に痛めつけたわけではなく
隙の無さと正確性で上回っただけである。

このままではマイキーのKO率は下がり判定ばかりとなりそうだ。

今後、テテなどの大きな相手や階級上の相手と戦う時の井上の姿が被るような
マイキーの精密で鋭いボクシングだったが

技術でもスピードでもなく、体格がもう限界だと感じる。
スペンスに勝つことがあっても面白い試合にはならなそうだ。

体格が近いロマチェンコやリナレスの方がずっとエキサイティングだ。

それでも実績でP4P3位以内は妥当だろう。

マイキーに勝つには

慎重なアウトボクシングをするのではなく
プレスして潰す、一か八か激しく打ちあって効かせるような
勇気あるファイトをしないと無理だろう。

今日の伊藤のように・・・

アウトボクシングだけじゃペースを持っていかれる。

とにかく伊藤がすさまじい快挙でした。

満足な週末。

関連ニュース
  • 島田敏 - Wikipedia
    島田 敏(しまだ びん、本名読み:しまだ さとし 、1954年 11月20日 - )は、日本の声優、俳優、ナレーターである。 青二プロダクション所属。 新潟県 新潟市出身。 以前はテアトル・エコーに所属。 現在、日本俳優連合常務理事 。 身長164cm、体重53kg。血液型はB型
  • 四宮豪 - Wikipedia
    四宮 豪(しのみや ごう、1975年 6月6日 - )は、日本の男性 声優、ナレーター。 勝田声優学院を経て、賢プロダクション所属。 京都府出身。
  • MUGEN関連項目の一覧とは (ムゲンカンレンコウモクノイチランとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
    (株)大百科ニュース社が運営するあらゆる言葉についての記事を閲覧・編集したり、コメントをしたりするサイトです。. 10/10: 今週のニコニコ大百科 hotワード 2018/10/03-2018/10/09 「ゴブリンスレイヤー」「キンタマを思いっきりしばかれるオッサン」「転生したらスライムだった件」など
  • 125円均一映画半券の【チラシ屋くじらん】
    映画チケット半券、映画チケットペア半券を1枚125円にて販売しております。 ※半券の状態は並~美品と様々です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, ライト

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2018 All Rights Reserved.