階級別 ライト プロスペクト

2019年のテイクオーバー/テオフィモ・ロペス

投稿日:

数いる米国のプロスペクトの中でこの男が一番とはおもっていないが、エンターテイナーとしての魅力を強く発しているのは間違いない。倒しっぷりが見事で鮮烈です。あと数試合で世界挑戦なのではないでしょうか?ロマチェンコのいるライト級です。

テオフィモ・アンドレス・ロペス・リベラ
Teofimo Andres Lopez
12勝10KO
アマ170戦150勝

わずか22歳のテオフィモはプロ2年、ライト級のセンセーションです。トップアマであった彼は2016年リオ五輪米国代表の権利を得たが政治的な理由で両親の祖国、ホンジェラスを代表して戦った。プロで12勝10KOだが、7ラウンド以上費やしたことがない。ESPNでは2019年のプロスペクトオブジイヤーに選出された。

ロペス
「2019年こそ”テイクオーバー(=引継ぎ)だよ。世界王者という勲章がついてくるだろう。それが現実になるキャリアに入っている。ボクシングファンは皆俺のようなボクサーをみたことがないだろう。俺はエンターテイナーさ、皆を楽しませる。リングに上がればアインシュタインのように頭脳的なテクニシャン。シュガーレイ・レナード、フロイド・メイウェザー、アウトボクシングが上手いけどその気になればノックアウトもできる。

たくさんのトップファイターとスパーをしてきた。ショーン・ポーターともやった。20ポンド差があった。リコンドーやルーク・キャンベルともスパーリングをしてきた。今のところ、ニックネームはないけどみんな俺をGordo(でぶ)と呼ぶよ。」

テオフィモという名前は家族の伝統に由来するという。父も祖父もテオフィモだ。大家族の中でロペスの父だけがブラジルに行き、ホンジュラスに行き、そこで母親と知り合った。

ロペス
「俺自身はニューヨークのブルックリン生まれだ。2人の姉がいて男兄弟はいない。俺が最年少だ。5歳でフロリダのデイビーに引っ越した。父がストリートファイト上がりのボクサーでデイリーニュースゴールデングローブにも出た。祖父もボクサーだったらしいけど詳しくは知らない。

6歳でボクシングをはじめ、それ以来ずっとやっている。父が自分専用のジムを持っていて、少し席をはずした時に、コーチが俺にグローブをつけてミットを持ってくれたんだ。それをみた父が俺の素質に気づいてコーチを引き継いだ。

アマでは170戦150勝くらいだ。
2015年のナショナルゴールデングローブを獲得して五輪代表候補に選ばれたんだけどAIBAは負けた奴を五輪代表に選んだ。母がホンジュラス生まれだったので、ホンジュラスからオリンピックに出ることになったんだ。

アマチュアの敗北はこのオリンピック選考と同じ。悪いジャッジばかりだった。だから五輪で変なジャッジが起きても驚きはしなかった。ただショックだった。右利きだけどサッカーボールは左足で蹴るよ。」

オリンピックへの出場資格というのは複雑な政治が絡み、あまり知られていないトーナメントの勝者がエリートを押しのけて選出される事があります。ロペスは五輪トライアルライト級で優勝しましたが、選ばれませんでした。カルロス・バルデラスというWSBで活躍していたボクサーが抜擢されることになりました。

ホンジェラスを代表してリオ五輪に出場したロペスだが、初戦のソフィアーヌ・オーミアに敗れるとアマチュアを卒業する決心がつきました。切れ味悪く3ラウンドともにポイント負けしたが、ロペスの父とトレーナーは勝利を確信しジャッジに激怒した。

「お父さんもう終わりだよ」

ロペスは米国出身なのにホンジュラス代表として戦いました。国を争う気持ちになれませんでした。

以下アマチュアで誰に勝った、負けたが続く・・・

【陽気な倒し屋!】テオフィモ・ロペス 全KO集 9試合 All 9KO of Teofimo Lopez

成松と戦ったカルロス・バルデラスが米国を代表し、テオフィモ・ロペスはホンジュラス代表に回されたという数奇な運命だったのでした。ロペスを下したソフィアーヌ・オーミアはアムナットらを下して銀メダルをとりますが、その後はアマでもっと活躍し、アマでもP4Pレベルのファイターになっています。

ロペスのアマ歴をみていると
同国のアンドレス・コルテスという選手に負け越しているし(コルテスも無敗のプロ)
リオで成松が初戦で下したルイス・カブレラにも負けている。
成松といい勝負のアマチュアだったのではないだろうか。

しかし非常にプロ向きだったといえ、パンチャーぶりを遺憾なく発揮しています。
単純にパンチが強いだけでなく、十八番のバック転などからわかるように運動神経、反射神経がよく、重くキレるパンチのタイミング、的中率がずば抜けています。インサイドのパンチもオーバースイング気味の大振りも打ちますが、単発でも威力と精度が高い。ディフェンスはまだよくわかりませんが、避け勘は巧み、パンチが速くて強いので相手をあまり踏み込ませません。ディエゴ・マグダレノくらいの相手だと危ないパンチはほとんど被弾しませんでした。デイエゴもアマではマイキーに勝ったりしていました。ロマチェンコやマイキーでさえ、マグダレノをここまで圧倒できるかなという余裕の倒しっぷりでした。

サイズは173センチ、リーチも長くはなく、フットワーク滑らかな選手ではないので、色々なタイプの強者とやることで課題が出てくるかとおもいますが、今は、プロスペクトオブジイヤーの名の通り、魅せる倒しっぷりと自信で乗りに乗っています。

ロマチェンコ、マイキー、コミーという布陣の中でどう割って入る存在になるでしょうか。
さらには米国内もこんなにハイレベルです。

世界より険しい場所/米国ライト級(周辺)ホープ事情

ノックアウトのカタルシスで言えば、最近の試合では、ロマチェンコVSペドラサの前座に出てきた、テオフィモ・ロペスの右は震撼であった。そんなロペスを調べてみると米国にアマの天敵がおり、プロになっていた。1 ...

続きを見る

次世代の世界王者かその前に挫折するかわかりませんが、ノックアウトが華々しい”テイクオーバー”テオフィモ・ロペスのファイトはエキサイティングです。注目しましょう。

少し脱線し、リオ五輪ライト級を振り返るとプロで知った名前がかなり出てきます。

成松大介(アマ)
カルロス・バルデラス
チャーリー・スアレス(フィリピン)

ロマチェンコと戦ったアジア人/ワシル・ロマチェンコVSチャーリー・スアレス

試合映像あります。ロマチェンコと戦ったのはフィリピンでもパッキャオではなくスアレスなのでした。今すぐでも、世界ランカーの力はあるだろう。 この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツイートする ...

続きを見る

ジョー・コルディナ
テオフィモ・ロペス
アムナット・ルエンロエン
カルミネ・トマゾーネ
ロブソン・コンセイソン
ロブソン・コンセイソン/ボアビスタの恐怖

ホセ・ラミレスを調べていてロマチェンコ戦に辿り着き、そこから出てきた名前。ご存知、リオ五輪金メダリストで現在Sフェザー級。 この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツイートするTwitter ...

続きを見る

もっといるかもしれません、おなじみのキューバのラザロ・アルバレスも出ていました。
この中で初戦で敗れたテオフィモ・ロペスが今プロで最も注目されていますが、大会を制したのはロブソン・コンセイソンであり、コンセイソンもまたトップランク。見事な囲い込みです。

アムナットもトマゾーネも初戦を勝ちましたが、非力な部類でしょう。
こんな感じで全階級のアマの多くもプロ入りしているのでしょう。

やっぱり強い!鮮烈左ダブル テオフィモ・ロペスVSディエゴ・マグダレノ

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

関連ニュース
  • ミャンマーニュース -ミャンマーの最新ニュース・最新情報をお届け-
    ,ミャンマーニュースはミャンマーに関する最新情報・ニュースに特化したニュースメディアです。ミャンマーの最新情報(経済・物価・ビザ・生活・治安・観光)を毎日お届けします。,
  • ベネズエラ - Wikipedia
    ベネズエラ・ボリバル共和国 (ベネズエラ・ボリバルきょうわこく、スペイン語: República Bolivariana de Venezuela :英語名 Bolivarian Republic of Venezuela)、通称ベネズエラは、南アメリカ北部に位置する連邦共和制国家である。 東にガイアナ、西にコロンビア、南にブラジルと国境を接し、北はカリブ ...
  • 各国の元首名等一覧表 | 外務省 - mofa.go.jp
    (注)フルネーム中の大文字部分は姓を示しています。(但し,姓以外の部分を呼称に使用する場合は,該当部分を太字で示しています。「姓」と「名」の区別がない国については全て小文字で標記し,呼称部分を太字で ...
  • メキシコ - Wikipedia
    メキシコ合衆国(メキシコがっしゅうこく、スペイン語: Estados Unidos Mexicanos )、通称メキシコは、北アメリカ南部に位置する連邦 共和制 国家。 北にアメリカ合衆国と南東にグアテマラ、ベリーズと国境を接し、西は太平洋、東はメキシコ湾とカリブ海に面する。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, ライト, プロスペクト

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2019 All Rights Reserved.