ライトフライ フライ ミドル 日本

八重樫・井上・村田・・・

投稿日:

いよいよ迫ってきました。

これを見たら亀とか井岡が需要ない、本物のボクシングがなんたるかがわかるとおもいますので、マニア以外も広く見て欲しいなぁ。

八重樫VSロマゴン

ロマゴンのコンディションにぬかりはなさそうだ。
どんなに吠えても一般には伝わらないとおもうが、日本人がタイソンに挑むようなもんだ、わかりやすくいえば。
注目したいのは八重樫のコンディション。
ロマゴンといえども3階級目、体は小さく(八重樫も同等だが)エストラーダ戦あたりでは体力は互角だった。
五十嵐戦ではファイター、ソーサ戦ではボクサーと柔軟に対応できる八重樫がフライ級で充実の体力、パワーを身につけていたら、当たればロマゴンでも倒れるだろう。

しかし予想は不利だ。

常に動いて時に打ち合い、メリハリを。ずっと打ち合っていたらロマゴンは止まらないから。
これだけの相手と戦えることに喜びを感じながら集大成を見せて欲しい。
タフネスがキーポイント。

井上VSタイ人

井上の方が八重樫・ロマゴンより大きいけどライトフライ。
完璧な勝ち方を求めているようだが、普段通りにやればよい。
相手は総合力では劣るので一か八かで来るだろう。
当てることより食わぬことに注意して戦えば自然と圧勝となろう。

村田VSルナ

メキシコ王者とのことだが、対戦相手の質が低い。
いろんな課題をもって試合に臨むのだろうが、ヒトロフのように初回から攻めに攻めて圧倒してしまって欲しい。
村田は全KOタイプのファイターだし、それをとったら魅力がない。華麗なテクニックなんてみたくない。

松本VSデンカオセーン

これはデンカオセーンが落ち目のロートル、高級カマセに成り下がる感が否めない。
ここで松本を破るほどの強さを見せつけないと河野の王座も棚ボタと見下される。

八重樫VSロマゴンと村田の勝ち方、内容だけが注目だな。

原VS田中が決まったようですね。

ナイスマッチメイク

しかし若き田中の方が大きい、フライ級選手くらいに見える。
両者アマトップで筋がいいが田中の方がスケールが大きい。

田中を推すし、原を破ればミニマムあたりの世界はとれるだろう。

しかし名古屋路線嫌いだなぁ。
石原も名城も向井もみんな・・・

素材のよさだけで最短記録狙いか。
怪物王者に育てる気概はあるのかな。

ゴロフキンみたいな育成とは違うな。短命になっちまうぞ。

関連ニュース
  • 井上尚弥VSカルモナ【試合結果/動画速報はココ!】八重樫&拓真の試合動画も紹介! - 住宅ローン完済に燃える ...
    まとめ 「ボクシングフェス5・8~井上尚弥&八重樫東ダブル世界戦~」 ゴールデンウィークの最終日にいい試合を観ることができたんじゃないでしょうか?
  • 八重樫東 - Wikipedia
    具志堅用高 - 中島成雄 - 渡嘉敷勝男 - 友利正 - 井岡弘樹 - 山口圭司 - 亀田興毅 - 井岡一翔 - 井上尚弥 - 田口良一 - 木村悠 - 八重樫東 - 田中恒成 - 拳四朗 - 京口紘人 フライ級 白井義男 - ファイティング原田 - 海老原博幸 - 大場政夫 - 大熊正二 - 花形進 - 小林光二 - レパード玉熊 - 勇利 ...
  • 村田諒太 V2戦の対戦相手候補 ロバート・ブラントの強さ : ファイト速報 ボクシングブログ
    wba世界ミドル級王者の村田諒太が9月か10月頃に予定している二度目の防衛戦の相手に、アメリカ人の同級ランキング3位のロバート・ブラントが浮上している。ブラントは元々一つ上の階級のスーパーミドル級の選手だったが、wbssのスーパーミドル級の1回戦で敗退したため、
  • 金曜プレミアム『FUJI BOXING 井上 ... - fujitv.co.jp
    7度防衛したスーパーフライ級の世界チャンピオンベルトを返上した井上尚弥選手が次に狙うのは、さらに1階級上のバンタム級。挑戦者・井上尚弥選手はこの階級で3階級制覇、そして前人未到の大記録(具志堅用高さんの世界戦13回連続防衛の日本記録)を目指します。
  • 村田諒太 - Wikipedia
    具志堅用高 - 中島成雄 - 渡嘉敷勝男 - 友利正 - 井岡弘樹 - 山口圭司 - 亀田興毅 - 井岡一翔 - 井上尚弥 - 田口良一 - 木村悠 - 八重樫東 - 田中恒成 - 拳四朗 - 京口紘人 フライ級 白井義男 - ファイティング原田 - 海老原博幸 - 大場政夫 - 大熊正二 - 花形進 - 小林光二 - レパード玉熊 - 勇利 ...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-ライトフライ, フライ, ミドル, 日本

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2019 All Rights Reserved.