スポンサーリンク



ライトヘビー

アーサー・ベテルビエフ

投稿日:

コバレフのモンスターぶりを調べてみて出てきた人です。

誰も知らない?映像もない。
しかしプロになってます。4戦4KO

妄想連鎖いきます。

コバレフには輝かしいアマチュアのキャリアがあり215戦193勝だそうだ。
しかしプロになったのはアマチュアでロシア国内で敗れたため。

それが
ゴロフキンに挑戦の話もある
マトベイ(マット)・コロボフとこの人アーサー・ベテルビエフです。

彼らがロシア代表となりコバレフは落ちたためプロ入りしたとのこと。

マット・コロボフは無敗でもうすぐ世界挑戦の声がかかるのか、旬を過ぎたかもしれませんがデビューより完成されておりました。
長谷川のような、リコンドー?いやいや攻防兼備なサウスポー。

アマ世界王者だが、2004年のオリンピックはゴロフキンを破り金をとることになるガイダルベク・ガイダルベコフ(岩石岩男)に譲り行けず、2008年北京代表になったそうです。

コロボフ世界王者になれるでしょうか?コバレフ(名前が似てる)の活躍がもどかしいのではないでしょうか?

さてアーサー・ベテルビエフですがこの人も風貌といい実績といい強烈そうです。
北京とロンドンオリンピックに出ています。
北京では金の中国人に負け(以外だ)ロンドンでも金のオレクサンダー・ウシクに負け。
2009年世界選手権金

いつか出てくるかもな、チェックしておきます。

コバレフ30歳(見えねぇ)
コロボフ31歳
ベテルビエフ29歳

村田も頑張ってね。

さて彼らあたりの戦績を見ていると感慨深いものがあります。
知ってる選手に勝ったり負けたりしています。(ほとんど勝っていますが)

みな共通して勝ったり負けたりしている選手で
アボス・アトエフというウズベキスタンのボクサーがいます。

ミドル、ライトヘビーのアマの王者。
熊のように破壊的なフックを持つらしい人です。

コバレフがアトエフに豪快に倒されています。

村田はアトエフに2戦2勝
夢があるじゃないか。

それとイエフゲン・ヒトロフのプロ3戦目

ゴロフキン越えなるか、急ピッチで試合こなしています。

-ライトヘビー

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2017 All Rights Reserved.