村田VSエンダムの海外記事

海外の識者はどうみているのか?

今年5月21日の初戦では2-1でエンダムが勝利したが、明らかに五輪金メダリストの村田の勝ちにみえた。明らかに彼がダウンも含むハードヒットをしていた。

幸いな事に再戦が決まった。もしエンダムが王者として普通の防衛戦をしたなら失望ものであった。

この試合はESPNで米国で放映されるが、多くの人は寝ている時間帯だ。村田は勝ちたいならエンダムをKOする必要があり、エンダムにはスキルでポイントアウトする能力があります。

我々はエンダムがデビット・レミューとピーター・クイリンに負けたのを知っている。それぞれ4度、6度もダウンしたにも関わらず、KOはされなかった。ダウンされないラウンドはエンダムがポイントをとっていた。それが彼の持ち味であり、村田戦のジャッジはそういうところを評価したのだろう。

今日の再戦もそこだけが焦点なのであれば、エンダムは2人のジャッジから支持される事になり、村田を返り討ちするだろう。村田はスローです。パンチは強いが、エンダムのスキルに苦しみました。

なので注目は村田がエンダムをストップするか否かです。

初戦同様、村田にはホームの優位性があります。そして採点が問題視された反省も込めてジャッジは村田に好意的でしょう。エンダムのジャブが邪魔でストップできなかったので、今回はそれをかいくぐってハードショットを当てる必要があるでしょう。

村田もエンダムもミドル級のトップと伍するには問題があります。両者、カネロやGGG、チャーロ、レミュー、ジェイコブス、さらにはデレビヤンチェンコにさえ勝つ姿が浮かびません。

優れたボクサーではあるが、トップを打ち負かすには足りないものが多すぎます。GGGこそがWBA王者であり、エンダムのは本物ではなくジュニアベルトです。

WBAはエンダムの持つ不要なベルトを取り除き、王者を一人にすべきです。今の仕組みは狂っています。

村田は2013年にプロデビューして以来、強敵と戦うことなく挑戦の権利を掴みました。
WBA一位にランクされるべきキャリアではありません。最下位です。
これもWBAの問題のひとつです。

恐らく、五輪金メダリストという肩書きで特別待遇を受けているのでしょうが
五輪決勝のエスキバ・ファルカオ(14-13)戦でさえ、議論の残る内容でした。

とにもかくにも、ボクシングマニアであれば、これがミドル級王者を決める試合だとはおもっていない。むしろ入り口である。結局、この程度の評価なのだ。マニアやライターだけでなくボクサー本人もそうおもっているだろう。

とにかく、圧倒的に勝つしかないのである。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシング ブログランキングへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
What’s your Reaction?
最高
最高
0
いいね
いいね
0
ハハハ
ハハハ
0
うーん
うーん
0
がっかり
がっかり
0
最低
最低
0
コメント一覧
  1. 海外記事が的を得ているでしょう。
    チャーロみたいな速くて鋭利で狂暴で猛チャージの利く相手とやれるのか?
    とてもやれるようにはみえない

    というところでしょう。
    だが、そういうステージについに立ちました。

    0
    0
  2. 村田は完全に攻防分離ですからね。流石にアブラハムよかは融通が利きますが、逆にアブラハムほど相手を一撃でしとめる鋭いカウンターがあるわけでもないです。レミューやクイリンならフィジカルで勝てれば何とかなるかもしれませんが、ゴロフキンやカネロ、ジェイコブスには手も足も出ないレベルですし、モンローにも勝てないでしょう。エンダムとの試合を見る限りだとチャーロ兄弟やジャレット・ハードとやったらフィジカル差がありすぎて村田にとって残酷な結果になると思います。

    0
    0
  3. あなさん

    貴殿の分析はかなり玄人っぽいとおもいますが
    前回より今回が悪かった点は何もないとおもいます。

    村田はこういう選手でしょう。
    馬力と体力とブロッキングと重いパンチがあるんで
    積極性を出さねば意味がない。

    今までの村田の集大成がかなり出た試合だったとおもいますよ。個人的には。

    0
    0
  4. 取り合えずお仕事は終えたから良かったとして…
    前回のパフォーマンスと比べてどうだったのでしょうか 自分はひどい試合だったとしか思えないのですが
    予想よりインサイドでのショートは打ててましたが、単純なポイントで言えば今回こそはかなり競った内容だったのでは
    そして左フックやアッパーを多めに打ってましたが結局それはうまく崩しに機能したのか…
    さらに今までジャブを多様してうまく釘付けに出来なかったわけですが今回はどうなのか 心配したクロスは被されませんでしたが…
    村田のプレススタイルはゴロと同じ距離設定だと思いますが村田には井上やゴロと同じジャブは打てないし攻防兼備は無理なわけです
    ぬ字カムのスウォームは素晴らしい作戦だと思いますが村田の今回は単なる自爆にしか見えないです 後半のサークリングの仕方は前回と変わらないと思いますが右ダイレクトの角度の演出が明らかに少なかったです
    前回の試合で詰めのシーンでヒヨったのは事実ですが、勝負所を冷静に見極めて爆発するのはまだ経験が必要かな

    0
    0
  5. 番組の構成でエンダム下げの露骨さに閉口…
    せっかく村田本人が矛先を選手本人に向けなかったってのに周りが全力で萎えさせていくスタイル
    勘弁してくれ
    折角ベガス面子揃えてespn中継もされるってのに

    0
    0
  6. なんだかんだ言っても、オリンピックで金メダル取ったやつは、かなり強いはず。

    0
    0
  7. >>あな氏
    同意です。
    海外の識者には王者挑戦までのキャリアに関しては同意です。私がいつも書かせて頂いてますがエンターテイメント要素とはいえ酷すぎます。
    管理人さん この試合が入り口。まさしく。  圧倒する。これしかないですね。
     前回と違うのは試合の入り方だと思います。
     前回は3Rまでは村田はかなり慎重にみてた。これは今回はまずしないでしょう。そしてそれが 吉と出るか凶と出るか?つまらんパンチだけは食わないで欲しいです。
     でも普通に圧倒できるとは思いますが。

    0
    0
  8. 圧勝を期待されて、或いはジモハンに影響されて両者の持ち味が崩れることだけが心配です 勿論koまで持ち込めるのがベストですが、それに固執してジャブに右クロスを被されないかだけが心配です 周りに壊されることなく堅実にいってほしい
    そしてこんな茶番はさっさと切り上げてレミュー、チャーロをボコって経験値あげてゴロが明確に傷まぬ内に
    周りを黙らせるのはそこでいい

    0
    0
コメントを残す

※相手に対し失礼だとおもわれるコメントは削除される場合がございます。

階級別, ミドルの関連記事
おすすめの記事