階級別 ミドル

ビリー・ジョー・ソーンダースVSデビット・レミューLIVE

投稿日:

WBOミドル級タイトルであるが、あまり注目できなかった。ソーンダースが退屈なボクサーなのと、レミューはGBPの金のなる木なので王者にしたいんだろうが、力量不足である。

相手を厳選、ブランク大好きソーンダースが敵地で人気選手と間隔をおかず戦う、ウィリー・モンローに勝ち、カネロVSGGGも接戦であったので、自信が増したのだろうか?

退屈なボクサーだが、テクニカルで被弾を極端に嫌うボクサーでもある。レミューの獰猛な序盤、左フックさえ空転させれば、ソーンダースが王座を守るのではないだろうか?レミューはエキサイティングな倒し屋だが、村田と逆で左フックばかりで奥は深くない。

あまり興奮はしないけど、レミューの試合はエキサイティングだ。
フランクシナトラ「マイウェイ」で入場

空転させられればソーンダースの勝ちだろう。

1R
ソーンダースの方が少し背が高い。
フットワークが機能しソーンダースがコントロール
レミューは届かない。

10-9ソーンダース

2R

同じ展開。レミュー追うが届かない。
ソーンダースの軽いジャブを食う。
ソーンダースが技術で翻弄している。
後半にはコーナーに詰めてまとめ打ちも

10-9ソーンダース

3R

レミュー全然当たらない。
技術に翻弄されている。
ソーンダースは見切ったかもしれないが
そうなると益々バックギアである。

攻めてるのはレミューであり地元でもあるのでおまけで

10-9レミュー

4R

ソーンダースが闘牛士のように戦う。
たまにジャブや左ストレートを出すだけ。
これだと効かす事はできないだろう。

ソーンダースの展開だが、敵地なのでこの逃げボクシングがどう評価されるか?

10-9ソーンダース

5R

レミューはここまで何も出来ていない。
何か変えてくるか?

ソーンダースは捌いて捌いて、単発パンチをたまに返すだけ
ソーンダースタイム

十分予想された展開。
GGGのジャブと違ってレミューが効いていないのが望み

10-9ソーンダース

6R

技術は完全にソーンダース
軽いヒットもソーンダース
レミューは一発当てないとどうにもならない。
もうちょっとプレスをかけれないのかな。

ソーンダースはフェンシングのようなボクシング

10-9ソーンダース

7R

ソーンダースが攻めてきた。
右フック、左フックが当たりレミューの膝が揺れる。
レミューは打たれ脆いのでジリ貧か。
一気に攻めればレミューは倒れそう。

ソーンダースの方がここまで全然上、大人と子供の差

レミューの方にダメージがある。

10-9ソーンダース

8R

今のところレミューの見せ場すらない。
カウンターを食いそうである。
ソーンダースはそのタイミングを狙っている。

ソーンダースの圧勝ペース

10-9ソーンダース

9R

静かなラウンドになったが
ソーンダースが慎重すぎるだけで
一方的な展開にみえる。
スパーリングみたいになってしまっている。

10-9ソーンダース

10R

レミューを完全に翻弄しているのに
倒しにいかないソーンダース。
判定狙いか。

攻撃力があればいい王者なのだが。

10-9ソーンダース

11R

レミューの限界が示された試合か
左フックが火を噴かないと勝てない。

プレスして打ち合いできないと何もできない。

最後、クリーンヒットはないが、ソーンダースがばたついて
会場が湧いたのでおまけで

10-9レミュー

たぶんフルマークでソーンダースだ、本当は。

ラスト

ここでもソーンダースは無理をしない。
判定専門の名王者と言えそうだ。
フットワークでかわすのみ・・・

スキルは雲泥の差であった。

10-9ソーンダース

すごいな
何言われても変わんないソーンダースの当て逃げボクシング。

ここでも徹底されていました。

---------------------------------------------------

前座

アントワン・ダグラスVSギャリー・オサリバン

ミシェル・ソロと引き分け、クルツィゼに敗れただけのダグラスと
ソーンダースとユーバンクJrに負けただけのオサリバンのサバイバル。

ミドル級にしてはどちらもパワー不足かな。

正面からの打ち合いで、上手いのはダグラスだが、タフそうなのはオサリバン。

やはり、屈強なオサリバンがクルツィゼ戦法でダグラスをKO

ダグラスは米国アマホープで筋はいいが、クルツィゼ戦法を克服できず・・・

-----------------------------------------------

クレタス・セルディンVSイベス・ウリセ

クロスアームブロックでグイグイ攻める無敗のクレタス・セルディン
地元カナダの黒人選手に初回ダウンを奪われる苦しい展開。

なんて読むんだろう?イベス・ウリセ?
2回もダウン追加。足と自在な動きでセルディンを翻弄している。
セルディン初黒星近いか?

ウリセ、ここまでは完璧にセルディンを翻弄しており
ブルファイターを弄んでいる。またダウン追加。

効いたものでなくスピードとタイミングなので、この先どうなるかわからないが
ブルファイター攻略の手本のようで痛快です。

99-88
クロスアームブロックはここまで。セルディン初黒星。
このままじゃ通用しない事を知らしめた。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-階級別, ミドル

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2018 All Rights Reserved.