階級別 ミドル

beef exemption(牛肉免除)再び/サウル・アルバレス

投稿日:

呆れるので簡単に触れます。
5月5日にGGGとの再戦が決まったカネロ。初戦は負けにみえましたが引き分け、若く勢いにのるカネロがこれに勝てばP4Pトップ、世界のボクシングヒーローの誕生だ。それが期待されているアイドルでもある。

しかし彼もまた、メキシカンの怪しげな例に漏れず、禁止薬物ジルバテロールでドーピング陽性反応が出たとのこと。

ルイス・ネリの前例のように、人気者のカネロは”beef exemption”(牛肉免除)メキシコ牛肉のグレンブテロール汚染によるためという理由で、ドーピングを免除されるだろう。今後の検査で陰性になれば問題はない。なんたってドル箱スターだ。

これらは一定期間、薬を抜けば陰性になるのだろうが、ジルパテロールは、世界アンチドーピング機関で禁止された物質です。その薬は牛の体を大きくすることに用いられますが、人間が服用すれば筋肉増強剤になります。

薬が抜けても増強された筋肉が落ちる訳ではありません。

おもえば、カネロも、かつてはライト級で非力なミゲル・バスケス相手にスプリットで辛くも勝利したり、ホセ・ミゲル・コットに効かされたりしていた選手ですが、今やゴロフキンに勝るとも劣らない骨太なパワーパンチャーに化けた。

(クスリ入り牛肉で)身体ができた、パワーも耐久力もついた、だからディフェンスを磨くのみ?でやたらディフェンス技術ばかりが進化した。

ルイス・ネリもそうだ。山中戦までの彼の最大の勝利は元Sフライ級暫定王者のデビッド・サンチェスに勝った事くらい。小柄なのでSフライとバンタムの両睨みの選手だった。

彼らに共通するのは急激な増量とパワー化

検査に引っかかったのは計算違いかもしれないが、パワーアップのために意図的にこれらを摂取しているとしかおもえません。薬を抜き、検査に引っかからない時期を読み違えただけで、普段からこういう肉体改造をしているのだと個人的には確信している。今後は陽性と出ない、薬抜きの時間計算だけが課題だ。

粟生をドーピング&体重超過のダブル違反で倒したレイ・ベルトランは古豪のパウルス・モーゼスを下して正規王者になってしまった。粟生にもモーゼスにも勝っていたのは、体格、パワーだけであったような気もします。かつては、同じ薬物が、三浦と戦ったフランシスコ・バルガスやエリック・モラレスからも検出された事があります。

もはや、検査を通過すればいいという問題ではなく、彼らメキシカンはトレーニングの他に、このような方法を使って筋肉増強、パワーアップ、(恐らく耐久力アップも)を図っているという事実を見過ごしてはいけない。

カネロが汚染肉を意図せず食うだろうか?
既にセレブで一流アスリートであれば、ありえぬ身体管理だ。

GGGVSカネロ2は超ビッグマネーファイトなので、こんな問題はどこ吹く風で行われるだろう。カネロは今からこれ以上、薬に頼ったパワー化は望めないが、いままでの蓄積で増えたパワーで勝負するのだろう。

急激に重くパワフルになりすぎだ。
アンフェアだ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-階級別, ミドル

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2018 All Rights Reserved.