階級別 ミドル プロスペクト

千里の道さえ茨の道/村田諒太VSジェイソン・クイグリー

投稿日:

日本人ボクサーの勇気ある、骨のある試合が続きます。決定を待ちましょう。

大怪我から復帰したジェイソン・クイグリー(14勝11KO)に人生最大のチャンスが訪れた。10月20日、ラスベガスのマンダレーベイでWBA王者、ロンドン五輪金メダリスト村田諒太(14勝11KO1敗)と対戦する事が明らかになった。

ゴールデンボーイプロモーションのクイグリーとトップランクの村田、村田ははじめて日本を離れることになる(はじめてじゃないとおもう)村田は現在WBAのベルトを保持しているが、その上にゴロフキンが君臨している。

村田は12連勝の後、WBA王者のハッサン・ヌジカムと戦いスプリットで敗れたが、議論を呼ぶ判定で再戦を支配し王者になった。4月にイタリアのエマヌエーレ・ブランダムラを8回KOし初防衛に成功した。

クイグリーは昨年3月のグレン・タピア戦で靱帯を損傷し一年のブランク、今年3月にダニエル・ロサリオを6ラウンドで破り復帰した。

正式な発表が待たれる。

まだ決定ではないのかな、意外な相手になるかもしれません。

ジェイソン・クイグリー

ブランコがあんな負け方をして、アマ贔屓な自分は落ち込んでます。(ヌジカムも立派なアマエリートですが) ミドル級、GGGにライバルがおらず(ジェイコブスと決まったようだが)ヒトロフや村田がもう圏内でそこ ...

続きを見る

ジェイソン・クイグリーVSグレン・タピア

イエフゲン・キトロフのまさかのKO負けでミドル級戦線の楽しみが少し消えてしまいました。 彼の立場ですとこの敗北の意味は大きく、今後のボクサー人生をも左右するショッキングなものですが、WBCシルバー王座 ...

続きを見る

クイグリーの事は何度も記事にしており、トップアマからプロ入りした中ではキトロフが後退した今一番の切り札だとおもっておりました。GGGの次の世代を担うミドル級であると。デラホーヤにスカウトされ、未来が広がった矢先にグレン・タピア戦で重傷、これが唯一の懸念材料でしょうか。

アマ240勝10敗

世界選手権銀
ヨーロッパ選手権金

これからの選手なので、アマで既に有名どころな名前が探しにくいですが、知った名前だと

イエフゲン・キトロフ
ビジェンダ・シン

らに勝っています。

カザフスタンのアマ世界王者ザニベク・アリクハヌリに負けています。

身長183センチ、リーチ183センチの27歳
村田と比較し体格が劣ることもないだろう。

これは日本でやるなら村田かなとおもいますが、ラスベガス、クイグリーもゴールデンボーイの秘蔵っ子なので、冷静には村田不利と予想します。クイグリーはアイリッシュの白人で、未だアマチュアっぽさが残っていますが、とにかく速いです。精度よりスピード命な速射砲という印象があります。このスピードと反応速度に愚直に重厚にアタックしていくのが村田の活路でしょうか。

けれど過去の古い動画より怪我から復帰した最新の試合をみて見極めよう。

かなり雑かな。

カネロVSGGGの再戦を受けて、複雑怪奇を極めていたその他ランカー達。

ジェイコブスVSデレビヤンチェンコ
ソーンダースVSアンドラーデ

が意外やすんなり決まりそうという流れでは、ミドル級もガチ路線に突入していくのでしょうか。チャーロ兄だけ取り残されています。

私の予想が外れて欲しいですが
クイグリーは手ごわい。

村田不利を予想させていただきます。

だからこそワクワクしますけど・・・

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, ミドル, プロスペクト

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2018 All Rights Reserved.