階級別 ミドル

憎しみの果て/ゲナディ・ゴロフキンVSサウル・アルバレス再戦

投稿日:

約一か月後に迫った因縁の再戦、本当は海外記事もこれの煽りが一番多く、今年最高峰の試合なんだろうけど・・・

直前に迫ったら色々書くだろうが、今はあまり興味がありません。
ビッグマッチほどそういう気分になる事も多いけど、多分そうじゃなく・・・もうカネロを信じていないからです。

元々スーパーライト級だったっけ?
決死の鍛錬と忍耐の賜物もあろうかとおもいますが、カネロの身体は薬物の力を借りたもの・・・
もうその疑いは拭いようがありません。

お互いをののしり合う、そんな記事が満載ですし、GBPのデラホーヤは徹底してカネロを擁護しますが、ダメなものはダメ・・・
見出しだけで記事をちゃんと読んでないので書こうにもかけませんけども。

こんな時代もあった。
そして当時は互いを尊重していた
というより、GGGはカネロを褒めていた・・・気がする。

P4P最強と評価された頃のロマゴンも、自分に次ぐP4PはGGGかカネロだと讃えていました。

ゴロフキン
「カネロは今まで対戦した中で最も汚れた不愉快な相手です。私は何も変わりません。変える必要があるのは彼らでしょう。カネロはハードパンチャーでもなかった。」

強がりが少し入っているとおもいますが、初戦を修正しパンチを当てる工夫は必要だろう。

カネロ
「批判する人は見ず知らずの他人です。彼らはただ誰かを攻撃したいだけ。自分の人生では何もしません。そんな批判は私に何も影響しません。
GGGは初戦と変わらない。使い切ったスタイルを変えることができないだろう。」

今はこの程度です。
かつてスパーリングではカネロを上回ったと言われるマルティロシャンもカネロを辛らつに批判していました。そんなマルティロシャンを列車事故のように圧倒したGGGではありますが、被弾し反応の鈍りや耐久力に不安も抱かせました。マルティロシャンは圧倒的にGGG支持でしょうな。

たしか、会場は初戦と同じかな、ジャッジも同じではいけない。判定だとカネロとなるような会場であると言われています。

今日の友は明日の敵/ノニト・ドネアとゾラニ・テテ

ドネアが参加することで、期待と不安、やけに緊張を強いるトーナメントになりました。リコンドー・・・・・・・ この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツイートするTwitter で Follow ...

続きを見る

さながら昔の友は今日の敵ですね。

ジェナディ・ゴロフキンVSサウル・アルバレスLIVE2

完全KO決着を願う。 前座が長いのでこっちでメインを この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツイートするTwitter で Follow pukubox

続きを見る

憎しみの果てに
何があるかなんて
俺は知らない
見たこともない

・・・

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, ミドル

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2018 All Rights Reserved.