スポンサーリンク



ミドル 日本

村田諒太VSヘスス・ネリオ

投稿日:

なんとなく見ました。

村田がてこずるような相手ではないことは初回でわかった。
パワーがまるで違い、スピードがあるわけでもない。しかし4戦目のキャリアを考えればなかなかいいマッチメイクだとおもう。
来年世界戦という声もあるがだとすると10戦に満たないキャリアだろうか、ミドル級でそれでいいのか?
年齢的にはあと数年がピークだろうから勝ち続ければ勝負の時は近いのだろう。
その前に一度、村田よりテクニックのあるビッグネームとやってみて欲しいけど。

村田のよさは体の強さ、漲るパワー、ブロッキングの巧みさなどで、五輪金だからって美しいテクニシャンではない。
ルールが変わり、相手を研究しつくし、アマの頂点を極めたのであり、村田より上手く速いボクサーはたくさんいそうだ。

しかしやはりプロより険しいアマの頂点に立った男、日本人なのにミドル級においてパワーで超一流を感じさせるしボディや右ストは意外性があり正確だ。
格下を格上らしくノックアウトする姿はやはり本物で、もしやを期待してしまう。
ゴロフキンと比べたらわからないが、少なくともその他の王者よりパンチが強そうだ。
ローブロー気味のボディもレフリーによっては危ういが強烈すぎる武器である。

この試合では速いジャブも出て上下ともによく当て、食わないディフェンスではないがガードも的確で危なげなかった。
相手が効いたら仕留める本能もしっかりとある。
プロデビューから今までで一番完成度の高い村田だったと感じた。

しかし相手が相手だけに順調だなぁ、期待できるなぁ

に留まった。それ以上でも以下でもない。

負けたネリオという選手を見ると、頭打ちの元ホープといった感じで最近負けが込んでいる。
この試合の前にまったく同じく6ラウンドでKO負けとなっているがその相手をみると

Jose Uzcategui
というボリビアの全勝選手。

ネリオも村田戦よりキビキビやって動きがいいが、相手が強かった。この相手くらいとやって村田はどうだろう?
なんとこのボリビア人は次、無敗のマット・コロボフと戦うそうだ。
コロボフは僕の一押しです。もう旬を過ぎた感じだけど。

セルゲイ・コバレフに勝ってます。

村田の宿敵、イエフゲン・ヒトロフを調べるとこちらも4戦4KO 5戦目もまもなくだ。
ゴロフキンのように地道なキャリアを積んでいる。

村田のアマチュア調べてみると負けは多いだろうが、直近でヒトロフの他に
ショーン・エストラーダという人にポイント負けしてる。

この人もプロになって今15勝13KOだ。
全米トップアマだがショーン・ポーターに負けたりしている。うわぁ繋がってきたなぁ。

世界のミドル、テクニシャンも強打者もうじゃうじゃいる。
その中で金をとった男、もう二度とこのような快挙はないだろう。
やはり村田のストロングポイントは研究熱心な姿勢、超一流の圧力と強打だとおもうのでそこを磨いて頂点を極めて欲しい。

-ミドル, 日本

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2017 All Rights Reserved.