階級別 ミドル

村田諒太VSロブ・ブラント LIVE

更新日:

村田がはじめて迎える米国の本格黒人ミドル級だとおもう。村田の実力がホンモノであれば問題なくKOできるだろう。ここで苦戦するようだとVSGGG戦は見世物になってしまう。米国でなかなか上手くいかない帝拳ジムの手腕にも注目。

123456789101112R
ブラント
10
10
10
9
9
10
9
10
10
10
10
9
116
村田
9
9
9
10
10
10
10
9
9
9
9
10
113

1R

ブラントが軽いがガンガンジャブを出す。
あまりに手数が多いのでガードを固める村田も
応戦せざるをえず、力強いパンチを放つが
ブラントのアッパーももらう

ブラント10-9
予想通りの展開

2R

笑いながら重圧をかける村田だが
ブラントの手数、スピードが上回る。
コツコツ村田の顔面をはじいている。

ブラント10-9

3R

村田のパワー、圧力が効いてきた感じだ。
それでも手数、積極性でブラントだろう。

ブラント10-9

4R

中盤から後半勝負と村田陣営はいってたが
そんな余裕はなくブラントのペースに付き合う事になった。
手数のブラント、パワーの村田

村田10-9

5R

2試合みながら書くのは限界を超えた。
技術、手数では互角かブラントか
パンチが重いのは村田にみえるが
パワーで押す

村田10-9

6R

ロドリゲスVSモロニーに夢中で観れず

10-10

7R

パワーで村田が押しているようにみえる。
過去一番の苦戦、強敵。
だから村田の強さも出ている。
村田の顔もボコボコ

村田10-9

8R

手数でブラントが倍、ヒット率は互角
これで村田勝てるのだろうか?

ブラントのアウトボクシングかな

ブラント10-9

9R

村田はジャブをボコボコ食っており
逆転KO勝ちしかないのでは?

すみません、あまりよくみてません。

右は当ててますがブラントは倒れない。

ブラント10-9

10R

ここまでどっちが優勢なのかわかりません。
村田はパワーがありタフだが、海外識者にはやや木偶の坊的に映っているとおもわれます。
GGGやカネロの次元じゃないと・・・

もうワンツーの右ばかりなので
ブラントにも読まれているかな。

ブラント10-9

11R

とてもクロスファイトと言ってるが
村田には逆転KOしかないようにみえる。
残念だが、これ以上を望んでは酷かもしれない。
技術でも手数でもダメージでも負けているようにみえる。

ブラント10-9

LAST

ジャブ、右ストレート、左ボディ
この少ないツールで勝ち切るのは厳しすぎた。

村田の右はブラントにビシビシ当たっているが
倒れないで何倍もの手数で対抗したブラントの勝利に
個人的には映った。

村田10-9

かなり村田に好意的につけても負けにみえた。

118-110
119-109
119-109

ブラント

やはり、村田VSGGGは幻想だった。
やったら事故になったかも。

見栄えが悪すぎる。

これはアップセットでもなく抗い難き実力差であり
ブラントがめちゃ強かったともいえない。

残念だが、限界だ。
現実を知れてよかったかもしれない。

序盤は様子見で、中盤から後半勝負と言っていたが
本場のランカーにそんなに余裕を出せるはずはないと疑問であった。

技術的な幅やスピードからも、序盤からプレスとパワー勝負しか村田の可能性はないと。

予想通りに序盤を取られ、取り返せず・・・

村田の実力を客観的にわかっていたのか
帝拳の戦略はいつも疑問だ。

前座

ジョセフ・アドルノ9勝全KO
同じく全勝のケビン・クルス8勝5KO、プエルトリカン同士。
ファミリーとロベルト・ガルシアという豪華な布陣で臨んだホープアドルノだがサウスポーのクルスが鋭く苦戦。
アドルノはパワーと爆発力があるが、中間距離が上手くない。
初回と最終6回にダウンを奪ったアドルノの勝利だが、内容は負けていた。

ウラジミール・ニキチン
ガードとダッキングを固め前に出るファイタータイプだが
アマチュアエリートらしい技術の高さは感じない。
パワーもフェザー級では並だろう。大振りフッカー。
これはプロの王者は厳しいだろう。

マイケル・コンラン

世界戦前にどこかでこけるんじゃないかな。
技術はあるがフェザー級では深刻にパワーレス。
井上の方が速くパワフルに感じてしまう。
骨格は明らかに大きいけど。
人気のわりに試合内容が冴えないのはいつものこと。
レオ・サンタクルスの方がまだパワフルといえる。
左右にスイッチしても決め手のパンチが何もない。
7ラウンドで一方的に攻めるコンランのTKO勝ち。
相手は効いてないのポーズ。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, ミドル

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2018 All Rights Reserved.